コロンブドール

Les Films de la Colombe d'Or 白鳩が黄金の鳩になるよう人生ドラマを語る!私家版萬日誌

清澄寺 旭が森 日蓮上人立教開宗の霊場へ 越後角田浜・佐渡と安房鴨川・外房との奇縁一考

2012-01-31 | 記憶の断片
  日蓮上人が、この先の太平洋から出る旭日に向かってこ立教開宗の第一声をあげた旭が森の風景
  この旭が森は、朝日の森とも書きその前は日の森、経塚山とも言っていたそうです。
  さらにそれ以前には嵩ヶ森(かさがもり)と言っていたそうです「報恩抄」。
 
 何年か前、いやもう一昔前であったでしょうか、冬の日本海 佐渡に渡り日蓮上人の霊場を回ったことがありました。その時、寒風が吹き寒さが肌を刺す隙間だらけの住まいでなぜ苦労し耐え忍ばなければならなかったのかと思い、それなら一度は立教開宗なされた清澄寺へとお参りと思っていましたがやっと今月 太平洋がある千葉・外房の清澄山(きよすみやま)にある大本山清澄寺(せいちょうじ)へ登り参ることが出来ました・・・・。

   
     時、各宗の奥義を学び帰山 建長5年(1253)4月28日 32歳の時だそうです。  
     日本で一番早く初日の出を拝める処がここ「旭が森」だそうです。
     その邦国で一番早い日の出に向かい「南無妙法蓮華経」と大自然に一人向かいお題目を唱え
     立宗 法華宗を宣言したそうです。     ここで立教開宗 納得です!

     また「一天四海」という言葉はこの高台旭が森から見た
     太平洋の偉大さからの実感と越後佐渡で見たアジア大陸につながる日本海で
     「一天四海妙法に帰す」という強い信念をいっそう強く得たようにも思われました。
     そして「蒙古来襲の予見」も佐渡にいた時、大陸から流されてきた遭難漁師から
     安房小湊の漁師の息子として生を得た同じ心境で同情し聴き入り、今大陸で起きている
     モンゴル軍元の様子を詳細に聞いていたのではなかったのではないでしょうか・・・


      清澄寺(せいちょうじ) 鴨川市HP

      日蓮宗 大本山 清澄寺オフィシャルサイト

      桜 探鳩 - 高遠5 蓮華寺 「一天四海」参考



『うれしい』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 今日「日本の輸出大国時代の... | トップ | 堀之内妙法寺 節分 豆まき »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (蓮水)
2018-04-28 18:54:25
五年前に日蓮上人の歩まれたちを尋ねました。

清澄山、誕生寺、両親閣、日蓮寺、旭が森

誓いの井戸、凄く良かったです。

今は静岡県磐田市福田『妙福寺』の総代をしています。

山梨県の身延山にも毎年行っています。
コメントありがとうございます (YOUZO)
2018-07-16 08:31:24
ありがとうございます。
『妙福寺』の総代を努めているとのこと、ご苦労さまです。
私は、生まれ故郷の新潟で角田浜で聖人縁の海を知り、学生時代には学生課の紹介で偶然下総中山に一時住み、何度かの引っ越しで、今の鍋横堀ノ内妙法寺旧参道に偶然にも今住んでいます。 佐渡 松ヶ崎の住職に偶然朝早くお会いしたら、初めて会ったにもかかわらず、不思議にご縁が有り、聖人の本も頂いたこともあります。 日蓮聖人に関して、結構多くMYBLOGで書いていますので、MYBLOG検索欄で一度検索して下さい。 なお今はBLOGではなくFacebookで記事UPしていますのでこちらも御覧ください。 https://www.facebook.com/profile.php?id=100009388674681

もし磐田へお伺いできる時が有りましたら、お会いできたら幸いです。今後共、宜しくお願い申し上げます。 ゆざわ

コメントを投稿

記憶の断片」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事