コロンブドール

Les Films de la Colombe d'Or 白鳩が黄金の鳩になるよう人生ドラマを語る!私家版萬日誌

九鬼山からの富士山が… 山の鬼さんは…

2014-09-28 | 携帯から視観、思勘、私感
大月秀麗富嶽岳12景 十番 九鬼山山頂からの富士山が見える予定でしたが…お隠れに-
途中御前山山頂からはうっすら見えていたのですか…。
この山は昔々、桃太郎がこの山に住んでいた赤鬼 いや鬼さんたちを退治に行ったと言われている山です…。
私は、富士山を観ながら鬼さんたちと現代的和平でshake handsしに登りましたが…
また天国に近い山頂で小川先生供養登山し、あの世での鬼さんと和睦して頂きたいと思いこの九鬼山登った次第です。

山頂は寒く手がかじかんできました、また日の入りも近くなりそろそろ下山の頃のようです-
まだ富士山見えませんが-。


P.S.
 
 富士山がどの方から見えるかは判りませんでしたが、大きい方が好いのでー。この表示板の先の山は奥秩父山塊で、ススキの右に昨年12月登った雁ヶ腹摺山、更にその右に姥子山が見えます。
 実際観る事の出来る場所は、九鬼山山頂近くの富士見平からだそうです・・・。思ったより狭いです。
 しっかりと山頂の表示板に富士見平の説明と位置を書いてほしいものです。また鬼さんたちの悪戯?
 またあの世の鬼さんとは、天国の門を守護している善き鬼さんたちのことです。

登山コース:猿橋駅出発~神楽山~御前山(厄王山)~馬立山 ~九鬼山 ~杉山新道~禾生駅到着
        (10:25)   (11:31)  (12:01-05)    (12:55)  (15:06) (16:16下山) (18:12着)

 九鬼山(山梨100):小金沢連嶺を見ながらのんびりと、半袖隊長、秀麗富嶽12景にリーチ!
   私とは一日前の山行ですが、九鬼山山頂までほぼ同じでしたので・・・、参考に
   ただ一割り程度歩きは速いです。私が遅いのですが・・・。また下山も違いますのであしからず。



コメント   この記事についてブログを書く
« 桜文学評論で著名な文芸評論... | トップ | 文芸評論家小川和佑先生が西... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

携帯から視観、思勘、私感」カテゴリの最新記事