シネマ日記

超映画オタクによるオタク的になり過ぎないシネマ日記。基本的にネタバレありですのでご注意ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ハリーポッターと死の秘宝PART1

2010-11-24 | シネマ は行
以前から、公開を楽しみにしてきた作品ですので、速攻で見てきました。とにかく、3D公開にならなくて良かったぜい。

とうとう最後ですよーーーー。と、は、い、え、前後半に分かれちゃってるので、今回最後から2番目、という中途半端な位置づけですな。

最初、7作目が前後半に分かれると聞いたときは「えーっ」と思ったんですが、この前半を見てみると、ワタクシは分けてくれて良かったなと思いました。とにかく、この原作本は4作目くらいから非常に長いものになってしまって、1作に収めるにはかなり無理があるし、映画にするときに相当はしょっていましたからね。今回ははしょらなくて済むようにということで前後半に分けたということです。そのせいか、進行は相当トロい感じがあるので、退屈になっちゃう人はなっちゃうかも。ワタクシはこの物語が終わることが悲しいので、ゆっくり進んでくれるほうがなんかいいなぁと思ったり。今回、かなり原作に沿っての映画化ですので、前までの展開を忘れちゃったなーと思っている人もゆっくり思い出しながら見られるという利点があると思います。

結末を知っているので、この前半に限って感想を書くというのは結構難しいです。7作目はもうハリーダニエルラドクリフたちが学校に行くシーンがなくて、ちょっと残念。まぁ、ヴォルデモートレイフファインズが復活してしまって、学校なんか行ってる場合じゃないんですが。ハリーとヴォルデモートの戦いも大詰めで、死ぬ人が相次いでいますねー。大好きなマッドアイムーディブレンダングリーソンなんて死ぬシーンすらないしひどすぎるー。あんなにみんなが頼りにしてたマッドアイなんだから、死ぬシーンくらい作ってくれればいいのに。魔法省のスクリムロールビルナイも死ぬシーンないですね。我らがビルナイが、大好きなハリーポッターシリーズに登場したかと思ったら、速攻で死んじゃうんだから悲しすぎるけど、ダンブルドア先生マイケルガンボンからハリー、ロンルパートグリント、ハーマイオニーエマワトソンに残した形見を渡すという重要な役割を演じていました。

前半は、分霊箱であるロケットをつけていた影響でロンがハリーとハーマイオニーの仲を疑って仲たがいするシーンがあります。分霊箱の影響を受けるっていうのは「ロードオブザリング」のフロドみたいですね。ロンがハリーとハーマイオニーの仲を疑うなんて馬鹿だなぁって感じですよね。ハーマイオニーはずっとロンのことが好きなのにあー、早くくっつけ!って感じですが、これはPART2までおあずけですね。ロンが出て行こうとしたとき、ハーマイオニーが「ロナルド!」と言って止めるかと思ったんですが、このときは聞けませんでした。ワタクシ、ハーマイオニーだけがロンのことを怒るときに「ロナルド」と言うのが好きなんです。ロケットが見せた幻覚だったけど、ロンとハーマイオニーのキスシーンより前にハリーとハーマイオニーのキスシーンを見ることになるなんて、なんか妙な感じ。

そのロケットを探し出すシーンで、ポリジュースを飲んで3人が魔法省に潜入するシーンは手に汗握るシーンであると同時にユーモラスな雰囲気もあって、なかなか良かったです。このシリーズはいつも前半はちょっと面白いシーンも多いですね。

物語のほとんどがハリー、ロン、ハーマイオニーの3人だけで進んでいく感じで、スネイプ先生アランリックマンとかどーしてんの?って、なんか忘れそう。おそらくPART2では登場してくるでしょうけど。PART1のクライマックスはドビーが死んじゃうとこだったんですよねー。ワタクシ、このシリーズが大好きなくせに、原作者のJ.K.ローリングっていまいち好きになれないんですよね。だって、読者が大好きなキャラのほとんどを殺しちゃうから。なんかこの人の底意地の悪さを感じる。ドビーもその一人。ドビーが死ぬシーンは原作を読んだときも泣いたけど、今回映画でもまた泣いちゃいました。他の観客も泣いてる人多かったよー。一途に、いじらしくハリーを守ってきたドビーがベラトリックスヘレナ・ボナム=カーターの手で殺されるなんて考えてみたら、ベラトリックスに相当殺られてるよね。アイツ、ほんま腹立つドビーは「秘密の部屋」で初めて登場しますが、あの頃とCGの技術が違うせいか、ちょっと雰囲気が違って見えました。

分霊箱があと4つも残っているし、ダンブルドア先生の過去の話ももっとあるはずだし、後半もまだまだ盛りだくさんって感じですね。結末は知っていてもやっぱり楽しみです。

コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« リリィ、はちみつ色の秘密(... | トップ | 武士の家計簿 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

シネマ は行」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ついに、完結へ。』  コチラの「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」は、ついに最終章へと突入した、史上最強のファンタジー・シリーズの第7弾となる11/19公開のアドベンチャー・ファンタジーなのですが、昨夜早速レイトショーで観て来ちゃいましたぁ~♪前作はIMAX...
「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」 真のリーダーへの過程 (はらやんの映画徒然草)
いよいよ「ハリー・ポッター」シリーズも最終章を向かえました。 そして最後となる「