シネマ日記

超映画オタクによるオタク的になり過ぎないシネマ日記。基本的にネタバレありですのでご注意ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スノーホワイト

2012-06-20 | シネマ さ行

これはシャーリーズセロンの悪役っぷりを見たいだけで行った作品です。そのため内容には全然期待していなかったおかげで、思ったよりずいぶん楽しむことができました。

そもそも超美女のシャーリーズセロンが白雪姫の美貌に嫉妬する継母役で、白雪姫が美貌にははてなマークなクリステンスチュワートというキャストを知った時には完全にミスキャストやがな!とツイートしてしまったほどでしたが、そのクリステンもなかなかに美しく若さ、美貌、そして心の純粋さを持ち合わせたお姫様の役も全然違和感はありませんでした。

原題が「Snow White and the Hunstman」なので、このhuntsmanエリックを演じたクリスヘムズワースがキーパーソンなんだなということは分かったんですけど、まさか彼が白雪姫にキスをして呪いを解く王子様だったとはねぇ。白雪姫の幼馴染で彼女をずっと想ってきたウィリアムサムクラフリンの立場はーーーっ!?と思ったけど、継母ラヴェンナがウィリアムに化けて白雪姫を騙した時には白雪姫のほうからキスしてたんだから、彼女もウィリアムに気があったんだよねー?ということは本人も気づいてはいないけど、本当の運命の人はエリックよってことだったのかな。

白雪姫と言えば七人の小人たちなんですが、ボブホスキンスとかニックフロストレイウィンストンといった普通の俳優さんが小人役で登場したので驚いてしまいました。もちろん、ボディダブルの人たちは小人症の人たちが演じてそれをCG処理したんでしょうけど、CG処理だなんてまったく分からないくらい、彼らが有名な俳優さんだと知らない人が見たら絶対に小人症の人たちが演じていると思うだろうなというような仕上がりです。

白雪姫と言えば七人の小人たちなんて書きましたけど、実はワタクシ、彼らが登場してからしばらく経つまで彼らの存在があの「七人の小人たち」のことだと気付かずに見ていてしまいました。しばらくして「あ~、そっか白雪姫のお話やもんな。七人の小人か」と思いました。でもなんかあれ8人おれへん?って思ってたら一人死んじゃって…なんかあれってちょっとヒドい。最初っから一人は死ぬって分かってまうやん!それなら7人出しておいて、一人死んでしまって6人になってしまうほうがまだ良かったな。

白雪姫が妖精の森で(この妖精が超気持ち悪いんですが)、森の主の白鹿に出会うシーンがっ!もう!これねー、多分みんな書くと思うんですけど、書かずにはいられないんで。あれはもう完全にシシ神様@もののけ姫でしたよねーーーー!!!映画館で一緒に見に行っていたにゃおと顔を見合わせてしまいました。隣のカップルもずっと静かにしてたけど、この時ばかりはこそこそってなんか喋ってたし。いやー、あれはこそっとなんか言わずにはおれんわな。あの場面だけは日本全国ヒソヒソ話解禁にしてほしいくらい。

姫さんが小人たちと歩くのは妖精の森ですが、継母魔女ラヴェンナに幽閉されていたところから最初に逃げ込んだのは暗黒の森で、この二つの森のファンタジー映像がかなり面白くよくできていて楽しめました。ラヴェンナの魔法とか鏡のCGとかも全部美しくて目を奪われました。

あとはやっぱねー、シャーリーズセロンって演技上手いなぁって改めて感心しましたね。あの美しさだけでも魔女ラヴェンナを演じるのに有利だと思いますが、あの美しさで青筋立てて大声張り上げたり、かと思えば自分自身の不幸な生い立ちを思って涙したり。ああいう感情むき出しの役は返ってやりやすいのかもしれないけど、あの怒りとか焦りとか憎しみとかがあれだけ大げさに表現しておきながら、リアルに見えるといううまさを発揮しています。常々言っているのですが、彼女には真面目なものだけではなくてこういう系の作品やコメディなどにもどんどん出演してもらいたいものです。魔女ラヴェンナの衣装も要注目です。

最後の魔女ラヴェンナ対姫さんになるまでがちょっとまどろっこしいところもあるんですが、いざ対決になったら案外簡単にやられちゃったねラヴェンナ。あれでもう一回復活して攻撃してくるっていうパターンかと思ったら一刺しで本当にジ・エンドでした。その辺はしつこくなくて良かったけど、こういう話で上映時間127分はちと長いかな。もう少しだけコンパクトにまとめてくれても良かったかもしれません。


コメント (8)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« glee シーズン3 第16話 Sa... | トップ | プレステージ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして~ (とら)
2012-06-25 18:25:06
多分、初めましてだと思います、とらといいます。
こちらのブログはブックマークに入れて、いつも読んでます♪

「スノーホワイト」私はセロンとクリヘム目当てに見ました。
なので、だいたい満足しましたが、話自体はちょっと微妙でしたね^^;

白鹿はみんなもののけ…と思いますよね(笑)。
とらさま (coky)
2012-06-26 09:37:37
はじめまして。
コメント&TBありがとうございます。
ブックマークに入れてくださっているとのこと、とっても嬉しいです。

ワタクシはお話には期待値ゼロで行ったのでそれなりに面白かったです。

白鹿は偶然なのか、故意なのか気になるところです。

とらさま、これからもヨロシクお願いします。
久しぶり (コタ)
2012-06-27 21:23:04
スノーホワイト、観に行きました。やっぱりシャーリーズセロン、美しかった。青筋立ててるところとか大げさなんやけど、滑稽になりすぎないのは彼女の演技力なのかな。私、恥ずかしながらもののけ姫は観てなくて。でも上映後、見知らぬ人たちが話してはりました。エリックのキスで目が覚めるシーン、隣の老夫婦の男性の方が「これで目覚ますで」とか言い出して。みんなわかってるけど言うたらあかんで~と思いました。夏公開の映画でおすすめあったら教えてね。
コタちゃん (coky)
2012-06-29 09:55:55
シャーリーズセロンの美しさが際立つ映画やったね。

>隣の老夫婦の男性の方が「これで目覚ますで」とか言い出して。

あ~、こういうこと言う中高年、多いよね。
なんやろ、あれ?年取ると自制心がなくなるのか?
なんか恥ずかしい。

夏公開で楽しみなのは「崖っぷちの男」と「プロメテウス」かな。
大作がそんなに好きじゃないので、夏休みとか正月とかは却って見る映画が少なくなったりします。
Unknown (コタ)
2012-07-19 21:04:40
プロメテウス、こないだ映画館でポスター観て気になってたんだ。最近映画といえば、ポケ○ンかプリキ○アなもんで…。一人で映画観るときには思いっきりその世界に浸りたいのに、横でうるさく言われたら気分悪いよね。うちの子には映画館では静かにするように教育中。
クリステンスチュワートってカメラの角度ですごく美しく見えたりそうでもなかったり…したような。クリスヘムズワースも最近ハリウッドで売れっ子なんかな。映画済んで出たら、アベンジャーズのごっついポスターが貼ってあったわ。
また時々遊びに来ます。
コタちゃん (coky)
2012-07-20 14:43:49
>クリステンスチュワートってカメラの角度ですごく美しく見えたりそうでもなかったり

うん、ワタクシもそう思う。
だからちょっと微妙ってなってしまう。

クリスヘムズワースは弟のリアムヘムズワースとともにハリウッドでいま人気のある俳優さんです。
日本ではまだもうちょっとだけどね。
日本人は最近華奢な男の子のほうがモテるからこういうワイルド系は人気が出にくいかもね。
変わりまくる白雪姫人物像 (zebra)
2012-11-09 17:22:36
グリム童話って エグイ内容だそうですね。
でもセロンが白雪姫でもよかった気はしますよ・・・まあ、熟女(失礼!)の白雪姫も悪くないかな

子供向けにして表現されたのも わかります。七人の小人ではなく暗殺者とか、継母から白雪姫を殺して彼女の肝臓やあるいは心臓をとって来いと猟師に命じたり 最後は焼けた靴を履かされる継母・・・・ 


 なんか 白雪姫が目覚めた説も王子のキスなんかじゃなく、 王子か王子の家来が藪で足を滑らせて倒れてその拍子に吐き出したり、 
 姫を運ぶのに疲れた王子の家来がイラついて姫を蹴り飛ばして その拍子に吐き出した・・・と。

 ぜんぜん ロマンチックじゃねえ~


そのうち物語は 年月が流れるたび内容が塗り替えられていく気がします。

 白雪姫はプロレスやカンフーなど格闘技の達人で自分を襲う刺客を ドレス姿でジャーマンスープレックスやパイルドライバーを繰り広げるわ
 剣で襲ってきた敵に よけると同時に バク転蹴りや空中高く飛んだと 思ったら 敵の後頭部をかかと落としを食らわしたり・・・ 

 悪役の継母は
実は 村の子供たちから慕われている アニーサリバンのごとく教育者で慈愛の女性。
 「鏡よ、鏡…」でも 「この世で誰もが幸せにくらせるには どうしたらいいのですか?」 と 問いかける人とか・・・


 王子は王子で 死〇愛好家である他に ギャンブルと女性関係に だらしがなく 治めている国の財政が破綻寸前だったり 村の女性を見ると見境無く手をだして 何人かを妊娠させてしまい、表ざたにならないようお金で解決して表面をとりつくろう クズ野郎 だったとか

 やっぱり グリム童話って 怖いわ・・・・
zebraさま (coky)
2012-11-12 16:27:46
そのうち物語は、、、の後はzebraさまの空想でしょうか?

想像力がたくましいのですね。
グリム童話も真っ青かもしれませんヨ。

コメントを投稿

シネマ さ行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

「スノーホワイト」 (映画鑑賞日記)
評価:★★★ ストーリー(Yahoo!映画より) とある王国の王と王妃の間に生まれ、肌の白さがまるで雪のような美しさを持つスノーホワイト(クリステン・スチュワート)は、 一家で仲むつまじく生活していた。ところが、スノーホワイトが幼いころに王妃が事故によってこ...
『スノーホワイト』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2012年  上映メディア:劇場公開  制作国:アメリカ  上映時間:127分  原題:SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN  配給:ジェネオン・エンターテイメント  監督:ルパート・サンダーズ  主演:クリステン・スチュワート  ...
映画『スノーホワイト』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-49.スノーホワイト■原題:Snow White And The Huntsman■製作年・国:2012年、アメリカ■上映時間:127分■字幕:古田由紀子■観賞日:6月20日、TOHOシネマズ渋谷 □監督:ルパート・サンダース◆シャーリーズ・セロン(ラヴェンナ)◆クリステン・スチ...