シネマ日記

超映画オタクによるオタク的になり過ぎないシネマ日記。基本的にネタバレありですのでご注意ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ベニスで恋して

2006-05-17 | シネマ は行

2000年のイタリア映画です。

夫にたいして相手にしてもらえないちょっとドンくさい主婦ロザルバリーチャマリェッタ。家族旅行先で団体観光バスに乗り遅れて独り置き去りにされてしまう。夫の携帯に電話したが、ドヤされて迎えに来てくれるとは言ったけど、一人でヒッチハイクしてしまう。そしたら、乗せてくれた若い男は「眠いから運転代わって」と言い、助手席で寝こけてしまう。その隙に「ええい、ままよ」とばかりに前から行ってみたかったベニスへ向かって高速を降りる。

ベニスでホテルを見つけたものの、そのホテルは今日で営業を終えると言う。次の日、電車に乗って家へ戻る予定だったが電車に乗り遅れてしまいもう一泊することに。ホテルがもうなくなってしまったので、昨夜食事をしたレストランのオーナーフェルナンドブルーノガンツに泊めてもらうことになる。

家に帰らないといけないという気持ちは、日に日に薄まり、ベニスで花屋の仕事まで見つけてしまうロザルバ。夫には「私も休暇を取るわ」と電話や手紙を送る。

レストランのオーナー、フェルナンドはちょっと冴えないおじさんだけど、少しロマンスグレーというかくたびれ加減が良い加減。朝早く出かけていくので、ロザルバとはいつも置き手紙でやりとりをする。その文面がとても生真面目な口調で、彼の性格を表している。

ロザルバは頑固な花屋のオヤジともいい関係を築きつつあり、フェルナンドの家の隣に住むエステティシャン、グラティアともどんどん仲良くなっていく。この花屋のオヤジとグラディアがとってもいいキャラクターでこの物語にふくらみをもたらしている。

ロザルバとフェルナンドの間には、ほのかな恋心が生まれているのだが、よそから来た主婦とやもめ男。もちろんそう簡単にはうまくいかない。

夫は浮気はしているみたいだけど家族のために働いているし、二人の子どもたちもそろそろ手が離れようかという年頃まで育ってくれて、自分の主婦としての生活に特に大きな不満があるわけでもないけれど、私の人生ってこのままただただ続いていくのかしら?そんな主婦の漠然とした不安がロザルバをこの大胆な家出に突き動かしたのか。本人はそんなに大それたことをしたとも思っていないみたいだし、この休暇が終われば家にも帰る。私の家はやっぱりあそこだもの。というロザルバの思いが徐々にベニスに傾いていき、彼女がよそから来た主婦であることなんて見ているこっちさえ忘れてきて、彼女にこのままベニスで人生を謳歌してほしいと思いかけたとき、息子がドラッグに手を出したと聞き、やはり息子のこととなると帰る気持ちになるロザルバ。

ロザルバが生けていった花をただただ見つめるフェルナンド。くたびれた男の哀愁が切ない。「フェルナンド!追いかけろ!」そう叫びたくなるクライマックス。

その花がすべて枯れてしまったとき、フェルナンドは立ち上がる。ロザルバを追いかけ彼女の住む街へ。ロザルバが息子と一緒に買い物をしていたところをつかまえる。このときのセリフが傑作。

フェルナンドがロザルバの息子に
「お母さんは私のものなのです」

息子「どうして?」

フェルナンド「なぜなら、愛しているからです」

ぶっ。ごめん、思わず吹き出しちゃったよ。いや、バカにしてじゃありません。あまりにも微笑ましくて、ストレートで、誠実でね。つーか、引っ込み思案な割にはロザルバの気持ちを承知の上な発言じゃあないの!まぁ、いくら肉体関係(露骨?)がないからといって不倫なわけだし、誠実っていうのはダメなのかもしれないけどね。二股ではなく、奪いに来たわけだから、ワタクシはある意味良しとしますね。

めでたく、ロザルバはベニスに戻るんですが、ラストシーンのセリフも最高。
二人で踊りながらロザルバが、
「そろそろ、敬語はやめにしません?」

オマケロザルバがヒッチハイクした車を運転している時、すれ違う車の後部座席の窓から子どもが「新しい親求む!」って書いた紙を出してるんですよ。こういうジョークのセンス、ワタクシ大好きです

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« GOAL!ゴール! | トップ | 夢駆ける馬ドリーマー »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しそう! (lucky777_sw)
2006-05-17 14:40:43
これは面白うそうな映画ですね!!

題名を聞いた事があるように思うのですが、観た事はないので探してみよう!!すごい面白そうです。



>ぶっ。ごめん、思わず吹き出しちゃったよ。



すいません、私はcokyさんの書き方が面白くて吹きだしちゃいました
lucky777_swさんへ (coky)
2006-05-18 11:40:14
うん、可愛らしいですよ。いい大人が二人して。また、それがベニスが舞台なので妙におしゃれだし。



>すいません、私はcokyさんの書き方が面白くて吹きだしちゃいました



いえいえ。根っからの大阪人としましては、笑ってもらえて謝られる必要なんてぜーんぜんないっすよー。「面白い」はもれなく褒め言葉な土壌に育ちましたからね。

コメントを投稿

シネマ は行」カテゴリの最新記事