シネマ日記

超映画オタクによるオタク的になり過ぎないシネマ日記。基本的にネタバレありですのでご注意ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

タイヨウのうた

2006-06-14 | シネマ た行
ネタバレあり。

試写会が当たったので行ってまいりました。

79%が星五つをつけたというふれこみですが、、、

正直、星五つかと言われるとちょっとそれはつけすぎかなーと思いますが、いい映画ではありました。

ワタクシはこういう不治の病系のお話では、恋愛関係にある相手との関係よりも親子の関係に泣いちゃうタイプなので、今回も最後のあたりでは主人公の女の子YUIと両親岸谷五郎麻木久仁子のやりとりに涙した。

前半の演出はまどろっこしいところもあるが、全体的にストレートな演出でそれがこのヒロインと相手役の塚本高史くんの恋愛の素直な感情を表していたようで映画全体をいい雰囲気が包んでいた。この高校生の恋人を演じる二人が変にこなれてなくて、クサくなり過ぎず、演技はうまいんだか下手なんだかよく分からんけど、それがまたこれくらいの年頃の恋人たちのぎこちなさのようでまた良かった。

子どもの頃から特殊で悲しい悩みを抱え続けてきたヒロインが「生きて生きて生きまくってやるんだから」とまで思う過程とそう思わせる彼の「かっこよくない優しさ」を同世代の観客は自分のことのようにとらえ、世代が上の観客は幼い恋人たちを見守るような気持ちになって見てしまうことだろう。

YUIのストリートライブの様子も過剰な演出ではなく“なま”な感じを出せていたと思うし、あれだけの歌唱力ならあれだけ人が寄ってくるのも、ラジオで流してもらえるのも十分に信じられるというものだ。

大きく期待すると「なぁんやたいしたことないやん」となってしまうかもしれないけど、そこそこの期待で素直な気持ちで見ると良いでしょう。

オマケYUIの熱唱を見ていると大声で歌いたくなってしまう人も多いかも。帰りの車の中で大声を張り上げて歌いながら帰ったワタクシでした。

コメント (10)   トラックバック (45)   この記事についてブログを書く
« シティオブゴッド | トップ | フライトオブフェニックス »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この作品は、色々な味わいを感じさせられました映画でした (たろ)
2006-06-15 13:31:01
こんにちは。

いつも弊ブログへのトラックバック、ありがとうございます。

こちらからもコメントとトラックバックのお返しを失礼致します。



この映画は、難病という難しい主題をシリアスというだけでない色々な味わいで作り上げた、大きな見応えのある一本であったと思います。

そして、主演の雨音薫役を演じたYUIさんと孝治役を演じた塚本高史さんも好演でしたが、明るさの中に思慮深い面を漂わせたお父さん役を演じた岸谷五朗さんと一歩引いた感じのお母さん役を演じた麻木久仁子さん、友人役を演じた通山愛理さんの存在も物語の豊かさに大きく貢献しているのではないかと感じさせられました。



また遊びに来させて頂きます。

改めまして、今度共よろしくお願い致します。

ではまた。



YUIの歌がいい! (Ageha)
2006-06-15 14:43:57
正直演技はアハハ・・だったかもしれませんが

地でやってるというか、「薫を生きる」と言う意味では○。

塚本高史さんと岸谷五朗さんが、

役柄の上でも映画を支えるという意味でも

彼女をフォローしてくれていたように思います。



お涙頂戴の映画じゃなくて

「生きて生きて生きまくってやるんだから」っていう

その姿勢と明るさがこの映画の魅力だったなと。
はじめまして (kuu)
2006-06-15 15:59:04
トラックバックありがとうございます。



確かにこの映画は恋愛関係に涙というより、親子関係に涙する方が多かったかもしれませんねぇ。

前向きな主人公に励まされる映画でした!

Unknown (がんも)
2006-06-15 20:04:43
TBありがとうございます!!

こちらからも打たせていただきました



確かに、演技でみせる映画ではないですね(笑)

でも、大根でもなく役柄的にはちょうどいいんですよね~
TBありがとう! (an)
2006-06-15 20:30:45
こんばんは!

TBありがとうございました。

(私もTBさせていただきました)

確かに、YUIと塚本くんの決して上手いとはいえない演技が、初々しい二人を逆に上手に表現しているのかもしれませんね。

二人とも好感が持てます。

単なる恋愛物ではないところに

この映画の大ヒットを予測させますね。

                an

コメントありがとう (coky)
2006-06-16 09:33:10
たろさんへ



>色々な味わいを感じさせられました映画でした



そうですね。登場人物を最小限にしてその中でのふくらみを大切にしている作品だと感じました。恋愛を中心にしながらもそれだけに留まらない魅力がありましたね。



Agehaさんへ



>「薫を生きる」と言う意味では○。



ですね。彼女の戸惑いながらの「うん」といううなづきが「素」な感じで可愛かったですね。



ワタクシも彼女が前向きに生きようとしていたところに非常に共感しました。



kuuさんへ



岸谷五郎が“湘南のパパ”って感じを出してましたよね。麻木久仁子も控えめな感じでしたが自然でよかったですね。



がんもさんへ



>大根でもなく役柄的にはちょうどいい



そうですね。逆にあの年頃の危うい感じが出てて良かったかもしれませんね。



anさんへ



>二人とも好感が持てます。



ワタクシもそうでした。カオルも卑屈になりすぎてないし、コウジも頭はよくないしどん臭いけど、一生懸命でいいですよね。







TBありがとうございました! (こーいち)
2006-06-17 15:46:14
こんにちは。

YUIさんの演技はどうかな?と思っていたんですけど

初々しさがこの映画に合ってましたね。

すごく優しい映画でした♪
こーいちさんへ (coky)
2006-06-19 14:16:44
YUIはこれからも演技の方面にも進むんですかね?今はまだそこそこだけど、うまくなっていくと存在感のある役者にもなれそうな気がしませんか?
確か。。。 (lucky777_sw)
2006-06-20 17:30:05
夏のドラマで山田孝之君とかが出演するとか。映画とドラマでは替えてある所も多々あると思いますが、ちょっと見たいな~と思っています。
らしいですね (coky)
2006-06-21 09:23:22
ドラマになるんですねー。最近、そういうドラマと映画両方作るっていうのが多いですよね。映画ではYUIちゃんの歌唱力が相当大切な要素になっているのですが、沢尻エリカちゃんは歌えるのかな?それとも違うシチュエーションになるんでしょうか?

コメントを投稿

シネマ た行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

45 トラックバック

映画:タイヨウのうた 試写会 (駒吉の日記)
タイヨウのうた 試写会@新宿明治安田生命ホール 「夜だけ会おうよ。太陽が沈んだら迎えに行くよ」 「GOAL!(駒吉レビュー )」と並んでめちゃめちゃ試写会が多い本作、こんなに試写会だらけで大丈夫なんでしょうか。本日、350席くらいのホールは6割くら ...
試写会鑑賞 九段会館にて ~ 小泉 徳宏 「 タイヨウのうた A Song to the Sun 」 (** Paradise Garage **)
こんばんは。 日中は曇り、夜は小雨の水曜日です。 今日は、一足先に 九段会館にて行なわれた試写会で観させて頂いた、小泉徳宏氏の新作映画について。 『 タイヨウのうた A Song to the Sun 』 ( ‘06年 日本 ) 《 STAFF 》 監督 : 小泉 ...
試写会 新宿明治安田生命ホールにて~小泉 徳宏「タイヨウのうた A Song to the Sun」 (** Paradise Garage **)
こんにちは。 曇り空の金曜日です。 今日は、昨日 新宿明治安田生命ホールにて行なわれた試写会で再度観させて頂いた、小泉徳宏氏の新作映画について。 『 タイヨウのうた A Song to the Sun 』 ( ‘06年 日本 ) 映画の感想としては、 5月17日( ...
タイヨウのうた (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
なんて泣かせるんでしょう....(つд⊂)ううっ この物語の女の子は、 太陽の下で無邪気に遊ぶことも、お天気の良い空の下で大好きな人と手を繋ぎ仲良く歩くことも出来ません。生まれつきの”悲しい病気”を抱えた女の子だったのです。 これは 歌が大好きな ...
タイヨウのうた (色即是空日記+α)
試写会行ってきました。  難病モノって嫌いなんですがね、、、いかにも泣かせようとするのが。 これは違いますね!!!  たしかに彼女は病気なんだけれど、無理に泣かせようとしていない。  むしろ生の喜び、輝きが眩しかったです。
ボディ・ブロー『タイヨウのうた』 (この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!!)
映画『タイヨウのうた』全国2万人泣き祭り大試写会で 『タイヨウのうた』を見てきた。 会場にはお客さんが3分の2くらい。 今回の募集方法に問題があったのだろう。 まあ座席数以上に当選させて通路に座らされるより 数段ましですが。 メールで当選の案内は ...
タイヨウのうた・オンライン試写会にて。 (ペパーミントの魔術師)
太陽の光にあたることができないXPと言う病気を抱えた少女 雨音薫は、いつも部屋の窓から見下ろすバス停で サーフィン仲間とはしゃいでる少年孝治を見つめていた。 夜しか外にでることができない薫は 路上ライヴへと出かけた先で偶然彼を見かけ 一気にしどろもどろ ...
映画:タイヨウのうた 試写会 (駒吉の日記)
タイヨウのうた 試写会@新宿明治安田生命ホール 「夜だけ会おうよ。太陽が沈んだら迎えに行くよ」 「GOAL!(駒吉レビュー )」と並んでめちゃめちゃ試写会が多い本作、こんなに試写会だらけで大丈夫なんでしょうか。本日、350席くらいのホールは6割くら ...
『タイヨウのうた』 (くぅの小さな幸せ)
昨日、久しぶりに試写会に行ってきました{/usagi/} http://www.taiyonouta.jp/ {/kaeru_en2/}太陽の光にあたれないXP(色素性乾皮症)という病気の少女のお話しなのですが、 病気と闘う苦痛のお話しではなく、時には笑いを誘うような場面もあり、 凄く前向きな少 ...
タイヨウのうた (ネタバレ映画館)
 Aadd9-E-Bm7-Dadd9♪
「タイヨウのうた」 (しんのすけの イッツマイライフ)
確かに彼女はそこに生きていて、 彼女の歌は、見た者、私達に残り続ける。 映画を見終わった後にはただ、 爽やかな青春賛歌が流れている。
「 タイヨウのうた 」 (MoonDreamWorks)
監督 : 小泉徳宏 出演 : YUI / 塚本高史 / 岸谷五朗      公式HP:http://www.taiyonouta.jp/ やばい!すごくやばいです、凄く良かったですこの映画。まったくノーマークで期待しないで観に行ってこんなに感動したのは、同じように天使のような歌 ...
太陽が沈んだら迎えに行くよ (がんもの大学生絵日記)
「タイヨウのうた」って言う映画の試写会に行ってきました いや~本当に良かった♪
タイヨウのうた (新・CINEMA正直れびゅ<ネタバレあり>)
Yahoo!の1万人オンライン試写会に当たった。1万人だからはずれないだろうとは思ってたけど。回線空いてる方がいいと思い、早朝5時半よりパソコンの前に陣取った。
ウォーク・ザ・ライン 君につづく道 (新・CINEMA正直れびゅ<ネタバレあり>)
今年のアカデミー賞で5部門ノミネートの話題作。ジョニー・キャッシュにはさほど興味はないけれど、何かいいところがあるんでしょう。公開初日、「アサルト13」に続き、連チャンで
タイヨウのうた (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
初めて何が上映されるか観るまでわからないという モニター試写会に当たって観た作品! 塚本高史出演と聞いて観たかった作品だったので かなり早くに観ることが出来て嬉しさ倍増…☆ 「タイヨウのうた」2006年公開・邦画 監督/小泉徳宏 脚本・原作/坂 ...
タイヨウのうた (独身anの30後半ってこんな?)
『タイヨウのうた.』  『若すぎるかな?』と思いつつ出かけた試写会だったけど、
タイヨウのうた (映画を観たよ)
これまたドラマ化するみたいですね。 最近ホントこのパターン多いですよね。 でも私の場合ドラマは最初と最後しか見ないんですよね(笑 なかなかいい映画でした。ってか期待をいい意味で裏切ってくれました。 もっと「セカチュー」とかみたいに病気&純愛で泣かす ...
「タイヨウのうた」 (徒然雑草)
2006/05/10 東京九段下「九段会館」で「タイヨウのうた」の試写を観た。雨音薫(YUI)、16才。学校に行かず、夜になると駅前の広場で歌い続ける毎日。彼女は、太陽の光にあたれないXP(色素性乾皮症)という病気を…
タイヨウのうた試写会 セカチューをもしのぐ涙あふれる感動ラブストーリー、、、だったんですが。 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ )
まずはじめに、この映画はあなたの予想してるよりイイです!!(断言(笑))  画づくりが丁寧です、非常に勉強になります。ツッコミどころがないほどリアルな恋愛、家族愛も描かれているので若者にも大人にも心に染み入るでしょう。 松下IMPホール、主 ...
『タイヨウのうた』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
「歌」の力に頼りすぎ。 『タイヨウのうた』 参考:タイヨウのうた@映画生活 タイヨウのうた-FLiXムービーサイト 2006年・日本・119分 監督:小泉徳宏 製作:久松猛朗 古屋文明 他
タイヨウのうた (ともやの映画大好きっ!)
【2006年・日本】試写会で鑑賞(ともや評価:★★★★★) 月の光の下で、限られた時間を歌と一緒に生きた16才の少女。 その少女の一夏の恋を描いた物語。 海辺に近い鎌倉で暮らす雨音薫(YUI)は16才の女の子。彼女は太陽の光にあたれないXP(色素性乾皮症) ...
『タイヨウのうた』 (アンディの日記 シネマ版)
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]    06/17公開  (公式サイト)(公式感想ブログ) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:] 泣き度[:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:] 青春度[:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:] ...
もうひとつの「いじわるな神様がくれたもの」◆『タイヨウのうた』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
5月30日(火)試写会・プレシネ60にて 太陽の光に当たることが出来ないXP(色素性乾皮症)という病気を抱えた16歳の少女・雨音薫(YUI)は、学校にも行けず、昼と夜が逆転した孤独な生活を送っていた。そんな薫の生きがいは、歌を歌うことだった。誰も居ない深 ...
タイヨウのうた / A SONG TO THE SUN (きょうのあしあと)
「彼女は、タイヨウに帰っていった。        僕の心に歌を残して。」 監督:小泉徳宏 脚本:坂東賢治 出演:YUI、塚本高史、麻木久仁子、岸谷五朗、通山愛里、田中聡元、小柳友、ふせえり、小林隆、マギー、山崎一 公式HP:http://www.taiyonouta.jp ...
『タイヨウのうた』 (Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐)
まっすぐに前向きに、今出来る事を一生懸命に! 予告編では、3回泣いた…。 けれど、不思議と劇場では涙はなかった。 その代わり、彼女の瑞々しい歌声が、心の奥にまでジンジンと響いてきましたよ。 『タイヨウのうた』 輝く太陽の様に、キラキラと眩しいくらい ...
タイヨウのうた (ナナシ的エンタメすたいるNet)
「バルトの楽園」に続けて2作目は 昨日公開された「タイヨウのうた」も見てきました。 太陽の光に当たると命を落とす病気を持つ少女が、 ある日少年との出会いによって命の輝きを取り戻した純愛物語。 難病を持つヒロイン雨宮薫には 福岡出身のシンガーソングライ ...
タイヨウのうた (kazhik.movie)
太陽の紫外線に当たると死んでしまう難病をかかえる少女、薫が主人公。彼女は夜になるとギターを持って出かけ、路上で歌う。夜明け前に帰り、サーフィンのために早朝の海へと向かう孝治を窓から眺める。 難病を抱えた少女の純粋なラブストーリー、というありきた ...
小さな恋心が残した、大きな足跡。『タイヨウのうた』 (水曜日のシネマ日記)
太陽の光りにあたれないXP(色素性乾皮症)という病気を抱えた、 16歳の女の子の物語です。
タイヨウのうた (映画人的トラック・バックセンター)
『タイヨウのうた』 映画『タイヨウのうた』に関する記事のトラック・バックを大募集獵
タイヨウのうた (マボロシログ)
タイヨウのうた監督:小泉徳宏出演:YUI/塚本高史/岸谷五朗/麻木久仁子/他太陽の光にあたれない難病XP(色素性乾皮症)の少女、雨音薫は16歳。昼間の高校に通えない薫は、夜になると駅前広場に出てギターの...
届 ~「タイヨウのうた」~ (サナダ虫 ~解体中~)
小泉徳宏監督作品、YUI主演の、 映画 「タイヨウのうた」を観た。 XP(色素性乾皮症)という難病の少女が、歌を通じて愛を伝える純粋な恋物語。 感想。 ①あんなにバス停を動かす必要は、ないと思う。(バレるに決まってるって) ②「好きなバナナは ...
タイヨウのうた (裏BLOG)
6月17日より全国公開される「タイヨウのうた」。 「Yahoo! JAPANありがとう10周年特別企画」として1万人限定のネット試写会が行われるそうです。 やっぱYahoo!はやることが凄いね。 この「タイヨウのうた」は「踊る大捜査線」や「ALWAYS 三丁目の夕日」や「LIMIT ...
【劇場鑑賞68】タイヨウのうた "Live Life Love"(A Song to the Sun) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
大切なもの 歌 家族 そして 彼 限られた時間を 歌と生きた少女の物語 太陽にあたると 死んでしまう 彼女はタイヨウに帰っていった 僕の心に歌を残して 『私、生き生きて生きまくるんだから!』
タイヨウのうた (Kinetic Vision)
多くの純愛映画がベストセラーの小説や漫画を原作に持ち、それゆえ映像で原作を再現することが求められ、映画の演出に関して困難を抱え込むことになりがちなのに対して、この映画は、原案があるとはいえ、そのような規制から
タイヨウのうた (The Long And Winding Road)
「タイヨウのうた」 『太陽の光にあたることができないXP(色素性乾皮症)という病気を抱える少女、雨音薫(YUI)。昼と夜が逆転した生活。歌うことが生きがいの彼女は、夜中駅前で一人歌を歌う。 いつも部屋の窓から見て思いを寄せていた、サーフィン好き ...
YUIは山崎まさよしを超えられるか? 映画『タイヨウのうた』 (海から始まる!?)
 のびやかと素直さがいい。それは、主演であるYUIとYUIの歌、そしてこの映画を演出している弱冠25歳の監督の手腕についても言えることで、未熟さ、拙さはあっても、ヘンな気取りや押し付けがましさがなくて、さっぱりとして清清しい。それは、主人公が好きになっ ...
「タイヨウのうた」 (やまたくの音吐朗々Diary)
6月に全国ロードショーされる「タイヨウのうた」のマスコミ試写。 監督は25歳の小泉徳宏。YUI、塚本高史、岸谷五朗、麻木久仁子ほか出演。 16才の薫(YUI)は太陽の光にあたることができないXP(色素性乾皮症)という病気で、昼間は自宅の部屋に閉じこもり ...
タイヨウのうた (勝弘ブログ)
http://www.taiyonouta.jp/最寄りの映画館で鑑賞。こんな病気が有ったんですね。全国色素性乾皮症連絡会 公式ホームページ最近、病気を題材にした映画が多い中、これは比較的明るく、最後まで生きてやろうという気持ちがい
タイヨウのうた (とんとん亭)
「タイヨウのうた」 2006年 日本 ★★★☆ 太陽の光にあたれない難病XP(色素性乾皮症)の少女、雨音薫(YUI)は16歳。高校に行く年頃だが、病気のため 家でじっと息を潜めるように、陽がくれるのを待つ日々だったんだろう。そんな少女が毎日 ...
【邦画】タイヨウのうた (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  B+ (演技3/演出3/脚本4/撮影4/音響3/音楽4/美術3/衣装2/配役4/魅力4/テンポ3/合計37) 『評論』 「世
mini review 07017「タイヨウのうた」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
カテゴリ : ラブ・ストーリー 製作年 : 2006年 製作国 : 日本 時間 : 119分 公開日 : 2006-06-17~ 監督 : 小泉徳宏 出演 : YUI 塚本高史 麻木久仁子 岸谷五朗 マギー 山崎一 届くことを、信じること。 雨音薫、16才。学校に行かず、...
映画「タイヨウのうた」 ~我にとっての“生きる証”は歌う事である~ (混沌と勇気日記。 ~紡げ、天地創世の破滅を綴る勇ましき姿を~)
月の下でしか生きられない少女。 サーフィンの好きな陽に焼けた少年。 交わるはずのないふたりが出会って、奇跡の物語がはじまった------。 海辺の町に暮らす雨音 薫(YUI)は16才。彼女は太陽の光にあたれないXP(色素性乾皮症)という病気を抱えている。学校には行け...
タイヨウのうた 07069 (猫姫じゃ)
タイヨウのうた 2006年   小泉徳宏 監督  板東賢治 原作、脚本YUI  塚本高史  麻木久仁子  岸谷五朗  通山愛里  田中聡元  小柳友  ふせえり  小林隆  マギー(ジョビジョバ)  山崎一 うわぁ~、、、これ...
タイヨウのうた (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『彼女は、タイヨウに帰っていった。 僕の心に、歌をのこして。』  6/17公開の「タイヨウのうた」の試写会に行ってきました♪涙腺の弱いあたしはやっぱりかなり(T-T) ウルウルきちゃいましたよ~。でも、雨音薫(YUI)と藤代孝治(塚本高史)の淡いラブストーリー...