シネマ日記

超映画オタクによるオタク的になり過ぎないシネマ日記。基本的にネタバレありですのでご注意ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

PAN~ネバーランド、夢のはじまり

2017-08-18 | シネマ は行

これも先日WOWOWでやっていたので見たのですが、ネットでレビューを見ると結構評価が低いんですね。ワタクシ、普通にめっちゃ楽しんで見ました。最初の期待値が低かったからかな?

ピーターパンの前日譚を描く物語。赤ちゃんの時孤児院の前に母メアリーアマンダサイフリッドに捨てられたピーターリーヴァイミラーがいかにしてピーターパンとなったかをジョーライト監督が描く。

孤児院から海賊にさらわれたピーターはネバーランドに連れて行かれる。ネバーランドは黒ひげヒュージャックマンが支配していた。黒ひげ登場の場面でニルヴァーナの「Smells Like Teen Spirit」を全員で歌うシーンがあったので、お、これはまさか「ムーランルージュ」みたいに現代のポップやロックをミュージカル風に歌っていく作品なのか!?と思いきや、それはここだけでした。残念。

最初黒ひげがフック船長だと思って見ていたのですが、途中でピーターを助けてくれた青年がのちのフック船長ギャレットヘドランドだと判明してビックリ。お~フック船長とピーターは最初友達だったんだー!と面白い展開。

タイガーリリールーニーマーラも、人魚たちも時計ワニもスミーアディールアクターもティンクも全員ちゃんと登場して、満足してしまったのですが、ピーターパンのお話が好きな人にとってはピーターとフック船長が友達だったなんてありえないし、タイガーリリーとフック船長のロマンスなんてのも絶対にありえないのでしょう。歳のころも合ってないですしね。あとは時代背景も合ってないのですね。ワタクシはその辺りのことは全部うっちゃってこの作品を楽しめる程度にしかピーターパンそのものに思い入れがないのでしょうね。

そういう意味では前日譚というよりも、ピーターパンの登場人物を使ったパラレルワールドのお話と考えた方が楽しめるかもしれません。

ピーターが飛べれば本物の勇者だと認められるんですが、1回飛べてから2回目が全然飛べないんですよ。何度も何度もいまか?いまか?というシーンがあるんですが、普通にドスンと落ちるだけ。いつまで引っ張るねん!と腹が立った人も多かったようですが、ワタクシは毎回楽しんで見ました。

最後に「僕たち親友だね」「そうさ、ケンカなんてありえない」と言っていたピーターとフック船長がどういういきさつでピーターがフック船長の腕を切り落としワニに食べさせるようなことになったのかと想像するのも楽しいもんだなと思いました。

ピーターパンを演じるリーヴァイミラー君がすごく可愛かったのでこれからが楽しみです。


コメント   この記事についてブログを書く
« ゴーストバスターズ | トップ | ミリオンダラーアーム »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

シネマ は行」カテゴリの最新記事