シネマ日記

超映画オタクによるオタク的になり過ぎないシネマ日記。基本的にネタバレありですのでご注意ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マイボディガード

2006-05-26 | シネマ ま行
少女ダコタファニングとボディガードデンゼルワシントンの心温まるお話…

かと思ったらぜんぜん違うじゃーーーーんおそらくこれって宣伝側の陰謀よね。ヤラレタ…

前半はいいよねー。ほのぼのしてて。お金持ちの子どもはボディガードなしじゃ学校にさえ行けないメキシコシティに住む少女ピタと過去に傷をもつ酒びたりのボディガードクリーシィがぎこちないながらも関係を深めていく姿が描かれる。

そうやって、二人の関係が深まっていくのをたっぷり見せておいてから、ピタを誘拐させる。なんともハードな展開だ。

そして、交渉は決裂。ピタは殺された。え、まだ、上映時間の半分くらいですけど?ハートウォーミング系じゃないの?これ?むむむむむー、とこちらがあっけに取られている間にお話はどんどん進む。

クリーシィーは復讐の鬼と化し、ピタをこんな目に合わせた奴らを下っ端から幹部まで全滅させるという。このあたりから、何?これはアメコミの映画化?と思わせるくらい徹底的に冷徹な復讐劇が始まる。すげぇ。この復讐劇については賛否あると思います。不謹慎だけどワタクシはむごたらしいけどすっきりしちゃいました。この辺りの映像はとてもスタイリッシュでとてもトニースコット監督的。そうだよねー、トニースコット監督だもん、ハートウォーミングなわけねぇじゃん。と妙に納得し始める。

初めはスペイン語の部分だけに字幕が出ているのかと思っていたら、英語のセリフにも時折字幕が出ている。それも「字幕」として出るのではなく、画面の中途半端な位置に浮かんで消えたり、大きくでたり、言い終わってもいつまでも字だけ残っていたり。そういう演出もなんとなくトニースコットっぽいなぁと感じました。

デンゼルワシントンがかっこいいよー。ダコタちゃんの相手をしてあげるところもいいパパっぽくていいし、後半は本領発揮でハードボイルド全開。バイオレンスが苦手な方は避けたほうがいいかもっていうくらいハードです。ダコタちゃんの可愛い姿に魅かれてレンタルしてしまった人は後悔するかも。

ダコタちゃんも今回は素直に可愛くてよかったですね。クリーシィを「大きくて悲しげなクマ」(ほんでまたこれがピッタリなんだわ)と言い、聖人のペンダントをお小遣いを貯めてプレゼントし、日記に「私を愛してね」と書いちゃったりしてもう可愛さ全開

最後まで息もつかせぬ展開が待っています。バイオレンス、アクション好きな方に
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« コニー&カーラ | トップ | ダ・ヴィンチ・コード »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この映画、好き!! (lucky777_sw)
2006-05-26 14:29:58
この映画、意表をつく展開ですが、良いですよね♪

私も宣伝に騙されて、二人の友情とか絆をメインに描いていくハートウォーミング系だと思っていたのですが、ピタははやい段階で殺されてしまって、えー?この映画どんな展開になるの!?と思ったら、ぶち切れたボディガードが悪党を殺しまくる!(←親じゃなくて、お金で雇われたボディガード、というのがすごい!しかも、親は・・・だし。)驚きの展開でした、あまりにも面白かったので原作まで買って読んでしまいました

原作も面白いですよ~!



TBさせて頂きます。
そうなんだー (coky)
2006-05-26 15:28:37
原作も面白いんですね。読んでみようかな。



日本ではあーいう宣伝にしたほうが売れると踏んだんでしょうね。確かにそうかもしれません。邦題もそんな感じを狙ってるよね。



けど、本来のハードボイルドな展開、良かったですよね。ワタクシも楽しみました。
わ~た~し~も~ (モモンガ)
2006-05-28 19:06:02
観た!!

やられた。

えぇ、えぇぇぇ、ちょちょちょ、ちょっと?!そこまでするか?!でした。

えぐいけど、爽快。笑

熊は吠えたら怖いのよ~。ざまーみろ~。



ダコタファニング、潤んだ瞳が可愛くてしょうがなかったです

モモンガへ (coky)
2006-05-29 10:43:43
>えぇ、えぇぇぇ、ちょちょちょ、ちょっと?!そこまでするか?!



そうそう、まさにその通り。アクション映画でもあそこまで徹底してやるのはめずらしいね。爽快と思えない人はちょっと見れないかもしれないね。
原作 (luckyy777_sw)
2006-05-31 09:59:23
原作のタイトルは『燃える男』でした。

クリーシー=燃える男というのはあってるけれど、もうちょっと別のタイトルにして欲しい・・・買うのがちょっと恥ずかしかったデス。。。
ですねー (coky)
2006-05-31 10:54:20
映画の原題もそれでしたね。「Man on Fire」。でも、「燃える男」には違いないけど、もうちと工夫した題名にしてほしかったですね。



>買うのがちょっと恥ずかしかったデス



なんか、怪しげな本を買ってるみたいだったから…?そうやねー。確かに…(妄想)

コメントを投稿

シネマ ま行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

マイ・ボディーガード (暇人のお気楽日記)
しつこいようですが、 また「マイ・ボディーガード」を観てしまいました。でも、この映画のちゃんとした感想を書いた事はないかも・・。 デンゼル・ワシントンとダコタ・ファニングが出演している映画です。ボディーガードというくらいだからピタ(ダコタ・ファニ ...