シネマ日記

超映画オタクによるオタク的になり過ぎないシネマ日記。基本的にネタバレありですのでご注意ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋

2008-02-15 | シネマ ま行

お久しぶりです。かなりサボっておりました。これからもボチボチは更新すると思いますのでよろしくお願いいたします。コメントの返事も亀レスになるかとは思いますが、させていただきますので。

さて、この作品、試写会に行ってまいりました。上映時間1時間34分って、みじかっん~子供向けだから仕方ないのか。ワタクシは短い映画が好きですが、この作品はもう少し上映時間を延ばしてもいいから掘り下げて欲しい部分がいくつかあった。

結局マゴリアムおじさんダスティンホフマンって何者?とかマゴリアムおじさんとモリーマホーニーナタリーポートマンの関係は?というような基本的なことにくわえて、モリーが作曲途中であきらめていた曲を完成させることもできたし、マゴリアムおじさんがくれた不思議な箱ももっとすごいからくりがあるのかと思ったらそうでもなかったり、ずっと寂しげにしていたサルのぬいぐるみが最後に何かしてくれるのかと思ったら、会計士のヘンリーウェストンジェイソンベイトマンにちょっと抱きついて終わりとか、、、なんだかちょっと物足りない部分が結構あった。

ただまぁ、子供向けということと、実際この不思議なおもちゃ屋さんがとっても楽しそうなところであることや、その色彩、孤独だけど聡明でモリーの友人のエリックアップルアウム少年を演じるザックミルズくんがとっても可愛かったことで映画そのものは救われていたような気はする。(あ~彼もオズメントのようになっちゃうのかしらん?)ワタクシはいつもたいして登場人物の衣装をきちんと見ていないんだけど、そんなワタクシでもナタリーポートマンの衣装は見ていてとても楽しかった。

それにしても、ダスティンホフマンとナタリーポートマンはとても良かったな。ダスティンホフマンのマゴリアムおじさんは本当に最高で、彼の哲学に見習いたいところがたくさんあった。マゴリアムおじさん風のちょっと変なしゃべり方なんかはキャラとしてとてもよくできていたし、さすがダスティンホフマンだなぁという感じだった。ナタリーは顔もきっととてもとても小さいんだろうけど、それ以上に肩幅が狭すぎて、逆にちょっと変な体型に見えた。なんかあやつり人形みたいな感じだ。あの髪型だったから余計感じたんだろうけど、オードリーヘップバーンに本当によく似ているなと思った。ワタクシは彼女のセクシーな役っていうのはあんまり好きじゃないのでこういう役はピッタリだなぁと思います。

先に書いたように物足りないところも多い作品だったけど、残念ながらひとつひとつはちょっと忘れてしまったけど、字幕になっていない部分でウィットに富んだセリフも多かったりして、気負わずに見れる作品としてはまぁまぁ良かったんではないでしょうか。

コメント   トラックバック (6)