『DOWN BY THE MAINSTREET』

1985年4月。
高校に入学した僕は、
これから始まる新しい生活と新しい出会いに
胸をわくわくさせていました。

初めての校舎。
初めてのグラウンド。
初めての先生たち。
初めてのクラスメート。

一学期がスタートして間もない4月のある日のホームルーム。
出席番号順に自己紹介する事になりました。
どんどん迫り来る僕の順番。
   
   「ミンナおもしろい事喋ってるなぁ…。
    どうしよう…。何言おうかなぁ…。
    えっとォ~、家族構成とか…???
    好きな食べ物とか…???」

そんな事を考えてる間にも、容赦無く迫る順番という大きな波。
ついに僕の自己紹介の順番が来てしまいました。
   
   「えっとォォォ、名前は○○○○です!
    『長渕剛』と『佐野元春』を愛していますゥ~!」

一瞬静まり返った教室。
その後にジワジワと広がるクスクス笑い。
微妙に嫌なムード…。

   「正直な気持ちだけど、表現の仕方がまずかったかも…。」

顔を真っ赤に染めた僕は、静かに椅子に崩れ落ちました。

この一件が、
生涯の《友》を作る事になるとは思ってもいませんでした。

   「佐野元春が好きなんやね。俺も好きやで~!」

そんな風に話しかけて来たのは、クラスメートのSEIJIでした。
彼とは後に一緒に芸大を目指す仲になり、
現在も親交のある《友》になります。

   「この人の曲もカッコイイよ!」

ある日、SEIJIに聴かせて貰ったレコード。
僕の全然知らないミュージシャン。
ミュージシャンの名前は『浜田省吾』。

Down by the Mainstreet

『DOWN BY THE MAINSTREET』
1984年10月21日発売。全10曲。

この時、このアルバムによって
浜田省吾さんに惚れてしまいました。

痺れるくらいハードなオープニングナンバー『MONEY』から
ラストナンバーの『MAINSTREET』まで、
浜田省吾さんの魅力が、凄まじい勢いで溢れる素晴らしい曲たち。
まさに一瞬で浜田省吾さんの虜になってしまいました。

SEIJIに出会い、
浜田省吾さんに出会う事が出来ました。

   「SEIJI! THANK YOU!」

このアルバム『DOWN BY THE MAINSTREET』を聴く度に、
高校生時代のあの頃に戻る僕がいます。

コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )このエントリーを含むはてなブックマーク
« 『金色のライ... 『変人偏屈列伝』 »
 
コメント
 
 
 
Thank you for your trackback!! (PORFIDIO)
2004-12-05 21:59:35
こんばんは、PORFIDIOです。

多分年代は異なると思うのだけど、同じような思いでこのアルバムを聴いていた人がいることが不思議かつ嬉しいことだと思います。

このアルバムのイラストがやけにカッコいいなと感じていたことを覚えています。

また、同じようにイラストが表紙のアルバムで言えば、「Sand Castle」があって、これはもう夜になるとクルマの中でいつも聴いていた!

彼女が隣にいる時も、ひとりでドライブしている時も!?

そして、今でも!!



Thank you for your trackback!!
 
 
 
Unknown (はな)
2004-12-05 22:17:30
1986年、高校に入学した私は、教室での自己紹介で

「好きなアーティストは佐野元春です」

と言ってなぜか失笑を買ってしまいました。

その後もクラスの特定の女子どもから「あいつ佐野元春が好きだってさ」

と変人扱いされたもんです。



元春ファンの友人は、私にはあいにく出来ませんでしたが、こうやってWEBの世界で同士(?)に出会えるのはとても嬉しいものですネ!

TBありがとうございました。





 
 
 
Unknown (sty)
2004-12-05 23:28:42
こんばんは。

coelacanthさんのエントリーを読んでいると、

書かれてる情景がドラマのワンシーンのように、

いつも画像になって浮かんできます。



長渕剛と佐野元春、そして浜田省吾。

ステキなアーティストだけど、

coelacanthさんが彼らを想う気持ちが、

より以上にそのすばらしさ引き出してますよね。



・・・ドラクエ、すすんでますか?(^^;)・・
 
 
 
☆ありがとうございます☆ (coelacanth0707)
2004-12-05 23:33:55
PORFIDIO様♪

はな様♪

こんばんは☆

コメントありがとうございました!



以前、浜田省吾さんが雑誌のインタビューでおっしゃっていました。

「『DOWN BY THE MAINSTREET』は、本当の意味での

 僕のデビューアルバムになるでしょうね。」

そのアルバムによって《浜田省吾》というミュージシャンに

出会う事になった僕は、幸せ者だなぁとつくづく思います。

そして、僕と同じ様に素晴らしい曲に巡り会えた方たちと

インターネットを通じて知り合える…

実に不思議です!

本当に素敵な出会いですよね~!

PORFIDIO様♪

はな様♪

どうぞこれからもよろしくお願いしま~す。

 
 
 
☆あっ!☆ (coelacanth0707)
2004-12-05 23:50:46
sty様♪

こんばんは~☆

コメントいつもありがとうございます。



sty様にそんな風におっしゃられると、

恥ずかしくて、もう顔が真っ赤になりますよ。

嬉しいです!

ありがとうございます!



僕のお話は、

心に刻まれている《あの日の情景》です。

そして、

《大切な心の宝物たち》。

これからも、のんびり綴って行きたいです。



『ドラクエⅧ』。

これまた、のんびり冒険してますよ~。

一応船には乗りました。

また、お邪魔しますね~♪

 
 
 
はましょー!! (michana)
2004-12-06 12:20:26
高校の卒業生に浜田省吾さんがいたのをきっかけに、

ハマショーを聞くようになって、以来、

どっぷり浸かってました^^

先日、働いてる店で、着メロが

「midnightFright」の人がいて

思わず、声かけちゃいました~。



coelacanthさんという音楽の趣味があいそうな

友達もできてすごいはっぴーです!
 
 
 
☆あっちょんぶりけ☆ (coelacanth0707)
2004-12-06 18:15:49
michana様♪

こんばんは~☆

コメントありがとうございました!



浜田省吾さんって

本当に素敵な曲を作りますよね~♪

それにあの《声》には、痺れてしまいます。

『MIDNIGHT FRIGHT -ひとりぼっちのクリスマス・イヴ』!

大好きですよ~♪

この時期、お風呂に入りながらよく歌っています。

michana様♪

僕も素敵な友達が出来て凄くHAPPYで~す☆

 
 
 
思い出の1枚 (tomi)
2004-12-08 02:33:47
はじめまして、Power of Dreamsのtomiです。

トラックバックしていただきありがとうございます。



浜田さんの聞き始めは中一のころですが、初めて買った「約束の地」は中一の私には、詩の重みが大きすぎて、理解できなかったような気がします。

 でも、なにか自分を変えるきっかけになった1枚だと信じています。
 
 
 
☆こんにちは☆ (coelacanth0707)
2004-12-08 03:03:23
tomi様♪

こんばんは☆

コメント&TBありがとうございました。



「自分を変えるきっかけになった1枚」。

そうですよね。

本当に素敵な事ですよね~。

一人のミュージシャンのレコードが出会いを作り、

新しい友達が出来たりし、

そこから別の自分を発見したり、

新しい事に挑戦したり…。

僕にもたくさん思い当たる事があります。

『PROMISED LAND -約束の地-』も

素晴らしいアルバムですよね!

大好きです。

もっと浜田省吾さんの記事を書きますので、

またいつでも遊びに来て下さいね~♪

 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。