広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

タヒチの病院

2005年03月30日 | タヒチ生活
今日は麻酔医と面接をしにクリニックに行ってきました。
タヒチ島には国立の病院が1つと私立のクリニックがいくつかあります。国立は転勤者の中ではあまり評判が良くないので、私は友達が進めてくれたクリニックに行っています。
個人病院と言っても建物は日本の国立病院みたいなちょっとボロイかんじなんだけど。

今日はお話だけなので、軽い気持ちで行ったのですがいざ手術棟を見るとドキドキしました。
私、手術した事無いんですよ。だから全身麻酔の経験も無し。
途中で目が覚めたらどうしよう(痛そーぅ)、それよりずっと目が覚めなかったらどうしようと、いろいろ頭の中が混乱します。

2歳で初体験し、数えきれない程手術をしてきた旦那には、私の手術(15分で終わるからね)なんて鼻で笑っちゃうような物。大丈夫だよーと笑われてしまいました。でも今回は説得力があるかも。しかも麻酔医曰く、採血の注射よりも痛くない針が刺さった後は、何も感じないっていうし。

とりあえず心配しない事にして、家に戻りました。
ところがそれからが大変。病院のクーラーが効き過ぎていて、寒いなーとはおもっていたんだけど、家につく頃には背中と腕がしびれていたくて仕方なくなっていました。
もともと重い冷え性なので、一度冷えちゃうと体中が痛くなっちゃうんです。

病院に行って具合が悪くなるとは。しかも例の胃腸炎は未だに完治していないし。
今日の午後はずっとベットの上で苦しみました。
よるは旦那におかゆの作り方を伝授して作ってもらい、気分が良くなったので少しテレビを見る事ができましたが。

タヒチの病院はクーラー効き過ぎ!
これじゃ麻酔からさめる間に、体の調子がわるくなりそう。
旦那に頼んで手術室からでてきたら、冬用のパジャマをきせてもらおうかしら。

コメント   この記事についてブログを書く
« デング熱? | トップ | アリの巣コロリ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タヒチ生活」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事