ことのはのはね~奈良町から

短歌、演劇、アート他、町家での出会いまで、日々を綴ります。

奈良町ファンタジー終わりました。

2018-02-12 | 演劇
出演者がフェイスブックにあげてくれた、以下の感想が今回の朗読劇の全てを語ってくれているので、転載します。

「終わってしまった」

奈良町ファンタジー「町家よ語れ」本番。
朝からのリハは本当に良くて、終わった後しばらく何も言えないような、感動を噛みしめた。
楽屋では益々打ち解けてゆく仲間たち。
本番、いつも通りいかなかったところもあった。
悔しさもあるだろう。
けれど、みんな1つの道をゴール目指して進み続けた。転げ落ちることなくバトンを渡し続けた。
私は「町家よ語れ」に参加して良かったと心から思う。本番を迎えることは終わりを意味する。朝からの予定をこなすごとに寂しさが増す。人と人が力を合わせて何かを作り上げるということは、こんなにも尊いことだったのかと、改めて感じた。
まだまだ、この雰囲気の中にいたい、ロビーで解散が告げられても足が動こうとしない。
やがて皆、次の何かに向かって歩き始めた。

本番2日前、私は衣装用の靴を物入れから引っ張り出した。布の袋には、25年以上前に買ったダンスシューズと何年か前に買ったシューズを入れていた。同じ状態で保管していて今まで何もなかったものが、古いほうのダンスシューズにカビが生えていた。私はこのシューズを気に入っていて、あの頃のようには足が動かないのに捨てられずにいたのだが、処分した。新しいあなたになりなさい、そう言われている気がした。

奈良町ファンタジーにお越しいただいた方、エールを送ってくださった方、ありがとうございました。
そして小町先生、事務局、美術技術スタッフの方、お手伝いいただいた方、ホールの方そのほか奈良町ファンタジーに関わった全ての方に、心より感謝いたします。








奈良町ファンタジー 2/11開催

2018-02-04 | お知らせ
以前からお知らせしていました、「奈良町ファンタジー」、いよいよ次の日曜日となりました。三つのプログラムからなるのですが、
①奈良町ゆかりの方に書いていただいたエッセイをご自身で朗読
②10歳から71歳まで21人参加の朗読劇「町家よ語れ」
③奈良町オリジナルソング「奈良町ふぁんたじぃ」の披露
と盛りだくさんの内容です。地元の方が参加し、一から作るイベント。オリジナルならではの醍醐味です。
朗読劇、全6回という稽古でよくここまで…と初めて集った時の声と比べると、本当に迫力が出てきました。また今回、劇中曲は全て、小宮ミカさん作曲。オリジナル曲にのって、皆さんの語りが映えます。乞うご期待!
また、オリジナルソングは既に、2/1よりならどっとFMで放送中です。平日の11時半から5分間、3月いっぱい、お聞きいただけますので、嶋田純子さんの伸びやかな歌声、お聴き下さい。(インターネットからも聞けます。)
立春とは名ばかりの厳冬ですが、どうぞ、次の日曜日、ならまちセンターにお越し下さい。
なお、同日1時半より「奈良町家の魅力と未来」と題し、町家シンポジウムが開催、こちらは、奈良町にぎわいの家主催イベントです。今回のために作った町家冊子三冊もプレゼント。2/11はならまちセンター、1時半からのシンポ、3時からのファンタジーイベント、どちらも無料、続けてご覧になれば、奈良町家のことがもっと身近になるでしょう。ご来場、お待ちします。

ホール稽古