歩く・見る・食べる・そして少し考える・・・

近所を歩く、遠くの町を歩く、見たこと食べたこと、感じたことを思いつくままに・・・。おじさんのひとりごと

鎌倉を歩いて見たい ① 原節子さんは浄明寺の何処かに?

2014年04月25日 | 鎌倉の風景
忘れていたと云うか、見逃していたと云うか、鎌倉!

鎌倉と云えば、鎌倉幕府で、大仏さまで、鎌倉文士で、そして、そして、私にとっては、何と云っても“原節子”なのです。


※1951年 成瀬巳喜男監督作品の『めし』

原節子は、いま現在も、鎌倉の地で、“会田昌江”として暮らしているかも?1920年6月17日の生まれですから、もうすぐ94歳になります。

原節子さんは、小津安二郎監督の葬儀に(昭和38年・・・1961年)に、会田昌江として姿を見せてから53年もの間、世間に顔を見せていないのです。すべての取材を断っているのです。

マスコミにその姿が載ったのは、昭和45年の週刊平凡、昭和50年のTBS、昭和53年の週刊文春、昭和58年のフォーカス、昭和60年のEnma、平成の12年のはフライデー、そして、平成14年の女性自身が最後でした。すべて隠し撮りです。

昭和54年(1979年)の週刊文春の写真、『めし』から27年後で、この時は58歳。今から36年も前の58歳としては、かなり、かなり、お若いと思います。


ホントに、余談ですが、ぱっと見、しぐさ、顔立ち、立ち姿が、ことしで65歳になった、私の連れ合いに似ているのです・・・・・・失礼しました。

それで、折角、鎌倉に行くのであれば、是非とも、“節子さん”のお住まいに、密かに接近し、近接した空間の、陽ざしを、空気を、風を、匂いを、音を、このからだで感じたいのです。

それで、いろいろ情報を集めて見て、複数の情報から、かなりの確度で、お住まいの場所を絞り込めました。

最初は、大仏から、鎌倉駅を挟んで、ちょうど反対側に位置する、ある“お寺”に近接する住宅地の一画との情報を見つけました。


次に、そのお寺は“浄妙寺”であるとの情報を見つけました。

※この地図の範囲に原節子さんのお家があると思います。

そして、浄妙寺の参道を左に折れた一画で、傾斜地で住宅はそれなりに密集して、裏手は山林との情報を見つけました。

でも、しかし、です。この居場所を探っていたら、どうも、この浄妙寺の近辺で暮らしていたのは、どうも平成14年あたり迄のようで、それ以降は、お身体の具合が悪く、東京の医療施設に移られたとの情報を見つけました。

でも、しかし、しかし、です。いゃ、現在も、この鎌倉の“浄明寺”の地にお住まいとの情報もあるのです。因みに、住所表示は“浄明寺”で、お寺の名称は“浄妙寺”と表記されます。お寺と同じ表記では、恐れ多いとの配慮のようです。

浄妙寺は、

『浄妙寺(じょうみょうじ)は、神奈川県鎌倉市にある臨済宗建長寺派の仏教寺院。山号は稲荷山(とうかさん)。詳名は稲荷山浄妙広利禅寺という。本尊は釈迦如来。開基(創立者)は足利義兼、開山(初代住持)は退耕行勇。鎌倉五山の第五位。鎌倉三十三観音第9番 創建年文治4年(1188年) 』・・・ウィキペディアより転載

と云う事で、それなりに由緒正しいお寺のようです。

ここまで判ると、歩いて見たくなってきました。

鎌倉はと云うと、湘南に近い。

鎌倉を歩いて見たいは、まだ続きます。

それにしても、ここまで辿り着くには、昨日から、それなりに時間が掛かったのです。


では、また。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 笹井芳樹さん!小保方STA... | トップ | 大型連休に入ります »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2014-09-14 14:39:52
>この時は68歳。今から36年も前の68歳

36年前ってことは現在104歳?

26年前の間違いでしょう。
誤りでした (cocoro1)
2014-09-29 11:36:28
コメントありがとう御座います。遅ればせながら、ご指摘の件について訂正します。

記事の中にいろいろ間違いがありました。

昭和53年(1978年)の週刊文春・・・は、昭和54年の誤りです。

また、

・・・写真、『めし』から27年後で、この時は68歳・・・は、“58歳”の誤りです。

ご指摘ありがとう御座いました。
Unknown (n)
2014-12-16 12:36:25
原節子の近況最新情報!!『銀座百点』2014年11月号「銀幕からの恩返し」~司葉子「(原は)ほんとにすてきなお姉さま。今でもときどきお電話します…お元気ですよ。政治の話からなにからなにまでよくご存じで。新聞は隅から隅まで読むんですって」
Re n 様 (cocoro1)
2014-12-16 14:20:05
司葉子さんが今でも原節子さんとお付き合いがあると聞いていましたが、『銀座百点』2014年11月号「銀幕からの恩返し」は知りませんでした。貴重な情報ありがとう御座います。
原節子は臨済宗妙心寺 (鎌倉時代の…)
2016-04-03 21:09:33
お墓は臨済宗妙心寺派に…?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

鎌倉の風景」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事