歩く・見る・食べる・そして少し考える・・・

近所を歩く、遠くの町を歩く、見たこと食べたこと、感じたことを思いつくままに・・・。おじさんのひとりごと

こんなところに!吉祥院!

2007年03月28日 | お寺・神社
昨日の続きです。

「土手下」の通りを歩いていると、「吉祥院」の「看板」を発見、
『へぇー。こんなところに、お寺がねぇ。まぁ、どんなもんか覗いてみるか・・・』と思い、通りを左に折れ、路地に入りました。道の両側は住宅が密集しています。


路地を抜けると視界が開け、参道の奥に「山門」が見えてきました。



『あれ。なかなかのお寺ではないですか!』

立派な山門です。「チョット変」なのは、広い参道の先に「金網」の「フェンス」があり、通行を妨げているのです。

脇から人の出入りはできるのですが、「景観」がよくないです。車の通り抜けを防止するのであれば、ポールを立てれば済みそうですが、何か別の理由がありそうです。

石畳の参道から山門、境内を通り、そして本堂へ、一直線で行きたいところですが残念!



未だ新しいようです。「淵江山 吉祥院」



「木組み」素晴らしいです。綺麗です! 楽しいです! 見とれてしまいます。



両脇の松越しに見える「本堂」、いいです!



本堂から山門方向を見ています。左の四角い小さな屋根が「東屋」です。



大夫歩いて来たので、東屋のベンチに座り休憩です。ゆっくりとあたりの景観を眺めました。お寺は落ち着きます。休まります。



錫杖を持ち、笠を被った「旅装束の僧侶」、よく見かけます。横にある石碑には「南無大師遍照金剛」とあり、「第一回四国遍路結願記念 平成元年六月吉日」とありました。



お遍路の記念に「こんな立派」な銅像を建てちゃったのです。住職と檀家の人達と行って来たのでしょうね。

このお寺、後で調べたのですが、徳川家と繋がりのある「凄い」お寺でした。家康が鷹狩りの折に吉祥院を休憩所としたそうです。700年ほどの歴史があるそうです。

その時、気づかなかったのですが、写真を見ると「天水桶?」に、「三つ葉葵?」のように見える「紋」があります。

兎に角、こんなところに「こんなお寺が!」でした。

「淵江山 吉祥院」は、「いいです!」

端っこシリーズは、次回が最終回です。 

コメント   この記事についてブログを書く
« 門前に「阿吽」の「ライオン」 | トップ | 「亀有」は遠く「巡礼修行」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お寺・神社」カテゴリの最新記事