歩く・見る・食べる・そして少し考える・・・

近所を歩く、遠くの町を歩く、見たこと食べたこと、感じたことを思いつくままに・・・。おじさんのひとりごと

笹井芳樹さん!小保方STAP騒動?の責任は若山さんですか?

2014年04月21日 | 世間話し
笹井芳樹さんの1月28日と4月16日の記者会見、ホントに、ホントに為になったと云うか、勉強になったと云うか、面白かったと云うか、兎に角、じっくり見させて頂きました。

ホント、16日の表情と云い、謝罪内容と云い、釈明内容と云い、学術用語を駆使した説明と云い、頭脳が明晰そうで、兎に角、ES細胞研究の世界的な権威にして、36歳の若さにして京大教授に就任した方らしく、とても、とても、そつなく、巧く、それとなく、逃げ切ったようでした。


それにしても、1月28日にSTAP細胞の研究成果を発表し時の笹井さん、ホントに、ホントに、口元だらしなく、目尻は下がり、メガネも下がり、とてつもなくデレデレ顔で、


おバカ顔で、完全にネジが緩んだお顔をしていました。ホントに嬉しかったのでしょう。世界的権威も単なる中年オヤジ的?で、とても身近な存在に感じました。


この方、女性に対しての“免疫力”には、かなり、かなり、問題がお有りのようで、特に、“ぶりっ子”には、かなり、かなり、冒されやすい体質なのかも?


まあ、世界的研究者としては、それは、それで良いのです、がァ、奥さんや、子供達は“家のお父さんって、あんな人だったの?” 何~て、疑問を抱かれたりして?家での権威は失墜?

それにしても、研究者としての、管理者としての、責任は何も問われないのでしょうか?記者会見での謝罪だけでお終いですか? 

会見の内容は“世間を騒がせたことに対しては、それなりにゴメン!でも、研究論文に関しては、書き方をアドバイスしただけで、研究内容は知らないモン! 詳しい内容は“若山さん”に聞いて!”と、云う事でした。

研究内容の詳しいことは知らないで、書き方のアドバイスだけで、論文の共同執筆者になれるの? 巧くいったら単なる看板貸しでノーベル賞も?

それにしても、最先端の科学研究が、理研と云う組織が、研究者の素顔が、研究室の人間模様が、いろいろと、それなりに、世間の眼に晒され、面白おかしく伝えられ、いろいろな議論が湧き上がり、“ネタ”としては最高でした。

でも、笑ってはいられないのです。理研の研究費は税金で賄われているのです。税金を使って、“研究論文”としては、“ねつ造”とか、“不正”が行われていたのです。

それにしても、小保方晴子さん、この涙顔、とても、とても、研究されています。オジサンも、遂、可哀想!ガンバレ!負けるな!挫けるな!何て、思って、しまったり、するのでした。半開きの唇がヤバイ!


会見最後の“STAP細胞はあります”の発言で、30才ぶりっ子爆弾が炸裂しました。やっぱり、冷静になって考えると、この子は、やっぱり、そうとう痛い!


それで、笹井さんに指名された、研究内容に関して責任のある、山梨大の“若山教授”ですが、現在、反撃の策を練っているようです。今月中にでも記者会見が開かれるのでしょうか?

若山教授は、もしかして、米ハーバード大の“チャールズ・バカンティ教授”にボールを回すの?

何か、未だ、未だ、STAP騒動は続きそうです。科学ネタから、週刊誌、スポーツ新聞ネタになってしまいました。これって未だ未だ日本が平和な証拠?

それとも、この騒ぎのドサクサに紛れて、何処かの、誰かが、とても重要な問題から、国民の眼を逸らす為の、偽装工作?ねつ造工作?不正工作?、見えないところで、何か?が、密かに、粛々と進行中?

まあ、兎に角、この騒ぎ、いろいろと勉強になります。

次の若山教授は、記者会見で、どんな事を述べるのか、とっても楽しみで~す。


それでは、また。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 明るくて寂しい風景 | トップ | 鎌倉を歩いて見たい ① 原節... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (さかいのぶよし)
2016-01-28 08:51:26
小保方晴子氏 手記を出版。STAP細胞は無くても、おんなの怨念はあります。男は廃る。女は腐る。小人と女子は暇を与えるな。常に自分に課題を設定し社会的関係で物事を思索する貴兄を見習います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

世間話し」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事