歩く・見る・食べる・そして少し考える・・・

近所を歩く、遠くの町を歩く、見たこと食べたこと、感じたことを思いつくままに・・・。おじさんのひとりごと

浅草「東洋館」に長蛇の列!?

2007年05月31日 | 東京の風景
昨日の続きです。

裏道の路地を「ウロキョロ」しなが浅草に入りました。この前に来たのは1月ですから、4ヶ月ぶりの浅草です。

浅草は「賑やか」でいて「寂し」くて、「粋で」「鯔背」でいて「野暮った」くて、「人情味」があって、「インチキ臭」くて・・・・・・不思議な街です。

肯定的な処は「昔の面影」であり、否定的な処は「現在の姿」の様に思えます。兎に角、いろいろなものが「ゴチャゴチャ」と「混じり合い」、不思議な魅力を漂わす、面白い処です。

「六区の興行街」と「国際通り」に挟まれた路地の「居酒屋」です。カラオケを唄う女性の声が外に流れてきました。

歌は「勿論」演歌です。暖簾越しに見えたのは、カウンターの席で、ジョッキを片手にマイクを握る、30代後半と思える女性の姿です。


客は一人だけのようです。「タイトスカート」から延びた「白い脚」が印象に残りました。

昼日中、一人、居酒屋で「演歌」を唄う「女」・・・・・・、何か「ドラマ」がありそうです。こういう「情景」が「浅草」なんですね。

六区の興行街は人通りも「疎ら」で、閑散としています。

大衆演劇の「浅草大勝館」前に「チラホラ」と客の姿があります。ここは以前、ストリップの「ロック座」でした。

一度は「覗いて」みようと思っていたんですが、思い続けて20有余年・・・・・・、遂に消えてしまいました・・・・・・残念! 

ロック座は隣のフランス座より入場料が千円以上高かったと記憶しています。実は、それで、なかな入れなかったのです。



閑散としたなか、この「東洋館」だけは「長蛇の列」。信じられない光景です。始めてです。何があるのでしょうか?


この東洋館は、浅草名物「ストリップ小屋」で有名だった「フランス座」です。ショーの間に「お笑い」が入るのです。今は、ストリップ抜きの「お笑い・・・色物専門」の小屋になっています。


古くは、由利 徹、南利明、八波むと志の「脱線トリオ」、そして、あの「渥美清」もここ舞台を踏んでいます。

萩本欽一と坂上二郎の「コント55号」、最近では、あの「ツービート」、最後が「浅草キッド」でした。

私が観たのは、「たけし軍団」が活躍している頃です。この当時「ストリップ小屋」に「若い女性客」が来ていました。目当ては勿論「たけし軍団」です。

話しが逸れました。
隣の「浅草演芸ホール」も暇そうです。何故に「東洋館」だけが長蛇の列?


出演者は「まあこんなところ」です、「取り」は「三遊亭圓丈」でした。最近はテレビで見かけなくなりました。古典を演じ始めたようです。

もしかしたら、この人「大化け」して、「圓生」を継いだりするかも?・・・・・・・知れません。昔、彼が書いた「御乱心」を読んでから「注目」しているのです。


それで、「長蛇の列」の件ですが、誰か「凄い」「芸人」が「出演」するのか確かめてみたのですが、

こんな「顔ぶれ」でした。まぁ「それなりに」テレビで「たま~に」見かける、そこそこ「新しい」名前とか、かなり「ふる~い」名前もあります。

このメンバーで「長蛇の列」は、かなりの「疑問」です。

遂に「威」を決して、長蛇の列を「汗を拭き」なが「整理」にあたる、「お兄さん」に聞いてみました。

『お兄さん! どうしたの? 今日のこの列は?』(ちょっと態度が「デカ」かった思います)

『ハイ。スイマセン!』かなり「恐縮」した様子でした。
『実は、無料招待券の期限の日なんです。月に2回あるんです。お客さんは良かったら、並ばないケッコウですよ、入り口にご案内しますから・・・・・・』

『イイよ! 混んでるから、また出直すよ』

別に観るつもりは有りませんので、「長蛇の列」の「原因」が知りたかっただけですから、「お兄さん」には「余計」な「気」を使わせてしまいました。


浅草は楽しい街です。明日も浅草です。


  それでは、また明日・・・・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 「材木屋」のある風景 | トップ | 浅草の「危ない」人達!? »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (さかいのぶよし)
2015-06-05 12:20:21
浅草は「インチキ臭い」。小生が18歳45年前浅草で傷痍軍人の格好で膝から下が無いスタイルで募金を集めていました。暑あい日で日陰で休んでいると先ほどの軍人が白い衣服を脱ぎながら手足はついてる。おのぼりが大勢いるから商売になる。
お人よしは政治、経済、文化に騙されるから面白くて止められないあく人が生まれる。
Unknown (さかいのぶよし)
2016-07-27 08:07:40
先月、浅草、東京スカイツリー、吉原界隈、そして、銀座。兎に角、中国語、英語、韓国語などを聞く。邦人はリピーターとして何度も行かない。外国観光客が多くなる。新潟から東京へいくと電車に乗って座れるのは珍しい。亀田駅はラッシュ時以外は座れる。
Unknown (さかいのぶよし)
2017-11-01 08:02:05
「ザお笑い演芸館」を視聴しているけど、東洋館では。高学歴のお笑い漫才コンビが目立つ。社会状況やハイテク時世で、ある程度の知識がないと、意味がわからないから、小生は笑うテンポ遅れる。
Unknown (さかいのぶよし)
2018-05-03 19:19:50
出演者にさん喬。柳家さん喬師匠は独演会を亀田で20年位開いている。小生も著書、DVDを見聞して思い入れもある。まくらに、小さんのエピソードなどを話すと嬉しくなる。二題で二千円。今年も11月に行く。

Unknown (さかいのぶよし)
2018-07-28 09:04:21
先月、東京へ行き、南千住から玉姫公園、清川(山谷)、浅草をぶらつきました。山谷の人達は小生の年齢で自転車が多かった。浅草は熱くて、ロック座に入り涼んだ。高齢者割引きとスタンプを押して貰った。明るく、テンポよくリズミカルでレビューと同じ。全裸になるが暑いので。
Unknown (cocoro1)
2018-07-29 11:01:23
南千住から浅草ですか、十数年前にはよく歩きました。

一人気ままに出かけられて羨ましいです。ロック座は一度も覗いたことがありません。

ストリップも行きつくところまで行っ後は、ショーアップ化、健全娯楽路線化で、再生?

Unknown (さかいのぶよし)
2018-11-22 19:18:24
今年も第22回柳家さん喬独演会を観ました。新潟市江南区文化会館、2000円。時そば。柳田格之進。マジに楽しく面白く聴きました。ホールで音響が抜群なので、声の使い分けよく分かる。進化は続いている。チケット、パンフレットも凝ってます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東京の風景」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事