歩く・見る・食べる・そして少し考える・・・

近所を歩く、遠くの町を歩く、見たこと食べたこと、感じたことを思いつくままに・・・。おじさんのひとりごと

ドラマ「離婚なふたり」と「我が家のヒミツ」に異議あり!そしてフグにも異議あり!

2019年05月13日 | 雑談

ホントに!暫くぶりの更新です。

前回は平成時代で、今回は令和の時代となりました。

しかし、ですよ、平成から令和へ、ホントにホントに、何でも、かんでも、どうでもいいことまでも、平成最後とか、令和はじめてとか、世の中は馬鹿騒ぎ!

騒いでいる連中も、表情の後ろに? 瞳の奥に、どこか冷めている、匂いが、影が、漂っている様に見えました。

でも、でも、騒いでいたのは極々少数で、ほんの一握り。マスコミは少数の珍しい事、面白いことを報道するのです。

この間の10連休騒ぎも、約8割は、何処にも出掛けず自宅で、近所で過ごしていたのです。まあ、そんな風景を報道しても面白くないのです。

高速道路の渋滞、駅や空港での混雑、そんな連休風景の報道を、家で眺めるのが、うつうの、日本の、連休風景なのです。

それにしても、騒いだ奴も、それを、面白おかしく報道する奴も、何でも、かんでも、兎に角、騒ぎたい、馬鹿になって騒ぎたい、そうじゃなければ、馬鹿馬鹿しくて、情けなくて、やってられね~んだョ!的な、末期症状の現れ?

でも、まあ、人間、自分の見たいものを、見たいようにしか見ない!、見えない!ので、これは、私自身が、もう、末期的状況に至っているのかも?

それで、一年365日、大型連休のわたくしも、世間様に合わせて、「改元記念連休」中は、録り貯めしたテレビ番組を観たりして過ごしていたのです。

それで、先ずは、BS朝日のドラマ「離婚なふたり」なのです。

理想的夫婦ドラマを書く売れっ子脚本家の、実生活とのギャプを、面白おかしく、悲しく、寂しく、ほんのり暖かく、そんな物語。

脚本家の夫を演じるのが「リリー・フランキー」、専業主婦の妻を演じるのが「小林聡美」です。

まあ、ドラマとしては、それなりに面白かったのです。ラストはいろいろあって元の鞘に収まり、良かった、良かった、で、終わらないところが良かった。それでも、それなりのハッピーエンドだと思いました。

但し、一番大事な場面の、大事な台詞が、「論理的」に矛盾しているのです。ドラマとして成立しないのです。

それは、ドラマの中で、あの、小津安二郎監督の「東京物語」が、夫婦の理想的な形として語られるのですが、画かれている夫婦は、定年を過ぎた夫「平山周吉」と、専業主婦の「とみ」

周吉を演じているのが「笠智衆」で、「とみ」は東山千栄子です。

ドラマの平山周吉と、演じる笠智衆とを、ごちゃ混ぜにしているのです。  

それは、東京物語の場面に合わせて、熱海の海岸で、やり直したいと告げる脚本家の夫に対して、妻が言った台詞です。

『あのときの笠智衆の歳判る?49歳よ、もう遅いわ』と云ったのです。

おかしいです。映画「東京物語」の話です。そのなかに画かれている夫婦の話です。

演じている役者の年齢とは関係ないのです。平山周吉は定年を過ぎ、60歳を越えていると思います。少なくとも当時の定年の55歳は越えています。

演じている役者、笠智衆の物語ではありません。

脚本としても、矛盾することは、承知の上での台詞なのでしょう。まあ、たぶん、気付かれないし、気付かれたとしても、ストーリーの展開として、それなりの許容範囲としたのでしょう。

でも、私としては、許容できません。まあ、世の中には、何の関係も無いお話。 

そして、また、もう一つ、夫婦のドラマ。こちらは、私としては、とても、とても、あり得ない場面を観てしまったのです。

それは、NHKBSの「我が家のヒミツ・小説家の妻」です。夫は直木賞作家ですが、今は落ち目の小説家で演じるのは岸谷五朗、妻役は佐藤仁美。

この夫婦、毎日、決まって、昼は家で”そば”を茹でて食べるのですが、そのシーンで夫が残したそばを流しに捨てるのです。

その間も二人の会話は続くのですが、そばを残し捨てる行為に対して、妻は、別に、触れる事は無いのです。まったく、当たり前の、当然の行為として、自然な流れとして残したソバは捨てられるのです。

今の時代、食べ物を残して捨てる行為は普通なの?

でも、しかし、この夫婦は、昼は、いつも二人でソバを食べるのです。毎日毎日一緒に暮らして、毎日毎日ソバを食べているのです。食べられる量は、当然、判っているはずです。

二人で向き合って食べるだけでは、絵に動きが無く、夫を途中で立ち上がらせ、残ったソバを流しに捨てる、会話の中に動きを入れる、只それだけで、ソバを捨てる演出したの?

この時代、たばこを吸う場面は極力避けているようですが、食べ物をためらいも無く捨てる演出は、今日的には未だ許容されているの?

格差と貧困が、食品ロスが、問題となっている今、やっぱり、NHKの職員は、特別に恵まれているの?

特別と云えば、以前、NHKのニュースで、「待ちに待ったトラフグの季節がゃって来ました」と、嬉しそうに顔を崩して、アナウンサーがしゃべるのを目撃しました。

そのとき、市場の取引価格で一匹が4万円とも伝えていました。NHKの方はフグの季節が待ち遠しいようですが、私に関係の無い話題でした。

私がフグ刺し、ふぐちりを召し上がったのは、数十年前に只一度、仕事関係のお客さんを接待した、その時だけ、それが、一生で一度の、唯一のフグとの対面でした。

まあ、ふぐを食べるのは、絶対、絶対、無理ではありませんが、ふつうに考えると無理な食材です。

金額に見合うほどの旨さとは思えないのです(一度しか食べてませんが)。まあ、お金持ちにとっては、金額に見合う、それなりの旨さなのでしょう。

まあ、本日は、重箱の隅を突くような、僻みっぽいような、つまらない話をしてしまいました。

令和、はじめての更新でした。

 

それでは、また。 

 

 

 

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 双子ちゃんは元気でよくしゃ... | トップ | 安倍首相のトランプ大統領へ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (さかいのぶよし)
2019-05-14 06:12:47
連休に令和天皇を祝いに皇居いく人。天皇制に反対!で集会、デモをする人。行楽に行く人。八割に入る小生。重箱の隅の上級者国民と下っ端、下働きの人生を歩む小生。山谷、釜ヶ崎のおっちゃんと同じように自転車で今日もプラプラ。カラオケで釜ヶ崎人情、山谷ブルース。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

雑談」カテゴリの最新記事