一本木公園 バラに恋して

信州中野の一本木公園は、私がバラに恋してからたくさんの喜びをくれます。

ノイバラからランブラー

2018-08-05 20:44:32 | 一本木公園のバラ日記
黒岩喜久雄さんの本 『バラが咲いた』から、いち部紹介させていただきます

…日本の野バラであるローザ・マルチフロラ(ノイバラ)やローザ・ウィクライアナ(テリハノイバラ)が、いずれも一八六0年代に西欧やアメリカに紹介され、それらの国々の育種家によって改良され、小輪・中輪の一季咲きの蔓バラ=ランブラー種として発展した。…

ノイバラとノイバラの系統のキング




ランブラーローズは日本原種のノイバラやテリハノイバラのおかげで
楽しむことができるんですね。。

今日はノイバラ系統のランブラーをいくつかご紹介
ギスレーヌ ドゥ フェリゴンド


ザ ガーランド


ファイルヘンブラウ (ブルーランブラー)


ヴァイオレット


ブラッシュ ランブラー




ボビージェイムス


ランブリング レクター




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« バルビエ兄弟作出のランブラー | トップ | マツムシソウ 〜 8月のお花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

一本木公園のバラ日記」カテゴリの最新記事