My Diary

日々の出来事などを書いていきたいと思います。お友達も偶然来てしまった方もコメントをどうぞ☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アロマフレスカ

2008年01月23日 23時00分01秒 | お出かけ

飲食店の口コミサイトを見ていて高い評価を
受けている、とあるイタリアンレストランを発見。

どうしてもそこに行ってみたくて、3ヶ月待ちとも
言われている程の予約を電話をかけまくって取った。
まるで人気アーチストのライブチケットを取るような感じだった。

でも結局通常のディナータイムの予約を得るのは難しくて、
平日夜の10時がやっと取れた予約なのだけど・・。

したらその数日後に東京ミシュランの発表があって、
なんとここが星を獲得。

もう今日は、本当に待ちに待った日。
これがあったから、最近のこの激務にも耐えられたというもの。
(まだ激務は続くので、次の楽しみ見つけなきゃ)


入り口に入ると、ワインがずらりと並んでた。



2回に階段を上るとアロマフレスカがあります。




このソファーで席が用意できるまで少し待った。


メニューにアラカルトは無く、コースが2種類のみ。
テーブル毎に同じものをチョイスしなくてはいけないらしい。

私たちは初めての来店ということで、定番コースを。


予約したのは私なので、テーブルに「Ms.Okawa」と書かれた
カードが置いてあった。見えるかな?@お皿の上


おしぼり入れまでかわいい、凝ってるね。


料理を運んできて最初に置くテーブル。

これ見てわかるとおり、イタリアンレストランだけど
お店のところどころに和風な飾りがあった。
テーブルクロスにも日本の帯のようなものがかかってたし。


特にオーダーはしなくても、ワインが3種類運ばれてきて、
私はロゼのスプマンテをチョイスしてみた。



最初は壁に面したテーブルに案内されたのだけど、
ワインを飲んでいたらソムリエの方がやって来て、
窓際の席が空いたから良かったらそこに移動しますか?と
聞いてくれた。
この時点でサービスが良いなぁと感心したよ。


窓から見えるバルコニー




まず運ばれてきたものは、オリーブが2種。



次にパン

ごま入りフォカッチャはしっとりもっちり。
あとは、グリッシーニ、バゲッドとバターの風味がする丸いパン。



最初の一皿

フワフワなアナゴの上にパリパリなウナギの皮。
キャビアも少し。

一口でお召し上がりくださいといわれたけど、それ、大事。
お口の中でそれぞれの食感と味が交じり合うのでーす。



焼きタラバ蟹のサラダ アロマフレスカ風

上に載った葉っぱをどけてみると、

下には肉厚なタラバ蟹。
グレープフルーツがさっぱり。
蟹もジューシーだし香ばしくて美味しかった。



アナゴの香草蒸し フレッシュトマト風味

アナゴとトマトソースの塩気が絶妙だと思った。
ほんのり甘いトマトソースはもったいなかったので、
パンをつけて食べた。


海の香りを少し

ネバネバ系の海藻類やお野菜入りの和風な感じなスープ。
タイトル通り磯の香りが良かった。

このお店はオーソドックスなイタリアンじゃなくて
創作イタリアンっていう感じなんだろうね。

ところで、この時に友達が少しの間席を離れていたら、
ソムリエの方がフタを持ってきてお皿に被せてくれました。
ホント隅々まで気が行き届いていて素晴らしいです。



次に運ばれてきたフォーク。
形が変わってて先に行くほどに広がってるの。
パスタ専用で巻き取りやすいんだって。



渡り蟹のスパゲッティ

ここでも蟹の身をたくさん。
蟹の出汁も効いてて美味しかったよ。
これもちょっと和風な感じがした。

今度来たらめっちゃイタリアンなソースのパスタも
味わってみたい!


じゃがいもを詰めたラヴィオリ バジリコ風味

このソースがめっちゃ美味しかった~(๑→ܫ←๑)
バターやバジリコの風味がマヂ最高!
パンをつけてキレイにいただきました。

手打ちのラヴィオリももっちり。


これ次の料理なんだけど、お鍋ごと何が運ばれて
きたのかと思ったら、鍋からお皿にとりわける前の状態を
わざわざ持ってきて見せてくださいました。

そこまでしてくれるのって、よくわかんないけど、
きっと手の込んだ調理をされているから?
このお鍋がすごく良いものだから??

説明ちゃんと聞いてなくてすんません。<(*´∀`*)


帆立、白子、地ハマグリと冬野菜のココット焼き

お皿に運ばれて出てきましたこれ。
帆立やハマグリは肉厚で歯ごたえ十分。
そして、白子!!いい感じにソテーされててとろけるし
それらとクリームソースがめっちゃ良い感じに合って美味い!
(๑→ܫ←๑)

上に載った葉っぱも良いアクセントでした。



柑橘のシャーベット

レモンとパッションフルーツのシャーベットでお口直し。

<!-- メイン:和牛のビステッカ -->

まずはこんな風に熱したお皿に載ったお肉だけが運ばれてきた。
上手く録画できなかったけど、ジュージューいってます。

40分かけて焼いてあるそうで。


ソースは、西洋わさび、レモンの果肉が入ったジャムみたいな
モスタルダ、にんにくペーストの3種。
岩塩もあった。

あまり脂っぽい感じはなくて、ジューシーで肉の甘みが良かった。



お肉食べながらヤーコンも運ばれてきました。
自然な甘みなのか、加糖してあるのかわからないけど
甘いお芋でした。


デザートは4種。好きなものをチョイス。


その1 

上の綿アメをどけると、イチゴのソースの中にバニラアイスとイチゴが。
女性が好きそうな味!


その2

マンゴープリン パッションフルーツとグレープフルーツ入り
濃厚なプリンとさっぱりフルーツ。


その3
チョコのドルチェ

横のはコーヒー味のアイスと生クリームだったかな?
チョコケーキはかーなり濃厚でした。



その4

スフレ
一口食べて、写真を撮っていないことに気づいた・・。
柑橘の香りのするスフレでフワフワ~。

<!-- スフレ -->





食後のドリンクは何種類もある紅茶やハーブティーコーヒーからチョイス。



小菓子
生チョコとフランボワーズのキャラメルソース

フランボワーズの酸味と甘いチョコを一緒に食べるのがGood。



まだまだ出てきます。
ビスコッティ、メレンゲの焼き菓子、チョコクッキー、ピスタチオ

お腹いっぱいだったので、包んでもらって持って帰りたかった。

これでおしまい。


料理も勿論良かったけど、スタッフの方たちは気さくに
話てくださって好感を持ったし、おもてなしの心がすばらしいと感じた。
リラックスした雰囲気で食事を楽しむことができました。

帰る時も、通常「ご馳走様でした」と言って帰るところ、
私はおもわず「ありがとうございました」と言ってしまった。
だってホントそんな感じなんだもん。
あと、玄関の外まできちんとお見送りしてくださった後も
私たちの背中を遠くになるまでずーっと見ていたのにも感激したよ。
(後ろ振り向かなかったら知らなかった事実)



激務で非常に疲れていたのに、これを見ると
とってもハッピーになれたのが表情からわかる一枚。


アロマフレスカのあとに実はコンビニ寄って、
肉まんとか色々買ってこの後も食べちゃったんだよね・・。
お酒飲んだ後ってジャンクなものが食べたくならない?!

あと、この夜に初めて記憶がなくなる程お酒を飲んだ。
べろべろになって、首が据わってない赤ちゃんみたいに
自分がなっていた所までは覚えてるんだけど。
気づいたら朝だった。しかも化粧もしたまま!そんなこと
普段なら絶対にしないのにぃ~。


また撮っちゃったよ!食前と食後のお腹写真。<(*´∀`*)



    ↓


食べ過ぎると背中も膨らむの。
胃が背中まで伸びているんだと思う。。

『うれしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 雪が降ってきた~ | トップ | Sizzler(シズラー)でバイキ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お出かけ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事