ごろにゃん御殿からの便り。

猫と写真と映画と読書とハンドメイドのある暮らし。

外ねこシェルター考。

2005-05-24 | 外猫シェルター事情
E-300

--photo「浅草猫さま」--

だいぶ前、浅草の路地をほっつき歩いていた時に、みかけたやせた猫さま。
ガリガリにやせて、すたすた歩いていたが、カメラにきづき、いそいで逃げ足。



猫がさったほうへ、わたしも行ってみると、どこかの裏口に、はいっていった。
やせてはいるが、飼い猫だったようだ。病気だったのかも。
で、どこの裏口かと看板をみると肉屋だった。
肉屋のにゃんこさまが、がりがりとはこれいかに。←しゃれてる場合ぢゃない。

まあ、これは外を歩いていても飼い猫だったようだけど、下の画像は、先日、本郷へいった時、東大構内を散歩してみかけた、東大妊娠猫ちゃん。



--photo「東大猫さま」--

ねこちゃんは、三毛なので、女の子なのは、まちがいなしなので、デブネコではなく、妊娠中だろなとながめたけど。
しんどいのか、ヒトが往来してる道路のはしに、ねそべっていた。
なぜか、自転車をそこにとめていた母子がやってきて、自転車をだしていた。で、二人の幼女をつれていたのだが「ねこちゃん」といって、さわっていたが、さわらせていた。

外ねこなのかは、不明だが、ここに住み着くねこだとしたら、また子猫が、走りまわる日も近い。

こーいう猫をみかけると、いつも日本にも、アメリカみたいなシェルターが、あちこちにあるとよいのにと思う。アメリカの猫シェルター事情については、そこでボパンテア活動に参加しているnoirさんの「猫にごはん」に詳しくかかれている。

今は、廃刊になった「シンラ」で、何年か前、アメリカのシェルターのことをかいてある記事をみたのを記憶していて、その頃から、アメリカの外猫は、いいなあと思っていた。

日本でも、「ライフポート」など(FZ-茶飲み男さんの「猫日記」に、訪問レポートあり。)の団体活動があるようだが(わたしは、詳しくないので、ほかには、よく知らない。)、個人が保護した猫を、もちこんで依頼できるよーな施設は、ほとんどないよーなものだ。

病気の猫や子猫をみかけても、自宅で飼育できる状況でないので、どうすることもできないのを、いつも残念に思う。
個人的に、保護するのは限界があるし、できるものではない。

アメリカのよーに、そういう活動で、食費、医療、そのほかもろもろにかかる費用は、非課税などの恩恵があれば、税金対策のために、参加してくる企業もあるに決まってと思うが。
うまく説明できないが、noirさんの記事を読むと、非常にうまくできているシステムなのがわかる。

そこまでもっていくための運動が必要になるけど。

ちなみに、以前「捨て猫防止会」というのに、はいっていたが(年会費3千円)、ここは、猫を保護してもいないし、里親をさがしてくれるわけでもなかった。会報で、会員の猫ぼら活動などのレポートをのせたりしていた。
ただ外猫の避妊、去勢費用を、一部補助してくれるというので、それを目当てで入会。
年8千円までというので、3千円はらっても5千円は、助かるなというセコい魂胆で。
うちの子、全員、不妊手術したら、もう用はないのだった。(げんきん)
コメント (7)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« たまちゃんを、おがむシト。 | トップ | 電車にのると。 »
最新の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
外猫 (noir)
2005-05-25 06:35:08
最初の写真の猫、がりがりだなぁ...。私、痩せてよれよれな猫みると、喉になにかこみあげてきて(←汚い?)苦しくなります。かわいそうな猫見つけても、保護してくれる場所もないし、自分の家に全部入れてたら、うちの猫がかわいそうだし、きりがない。

なにか団体があって、受け入れてくれるといいのになぁ。企業がスポンサーになってくれないと、個人では限界があります。日本もそういうのできるといいですねぇ。みんなで協力して作れるといいですねぇ。

妊娠している猫はやせてはいないのに、そういう目でみてしまうとかわいそうに思えてならない。柄がうちの猫に似てる。がんばって、無事に子供産むんだよ。

トラックバックありがとうございます♪
保護 (FZ-A茶飲み男)
2005-05-25 22:50:52
 さすがのライフボートさんも個人で保護した外猫までは面倒見てくれない(手が回らない)ので、ホント助成金かなにかつく半公営のシェルターがあればよいですね。個人で多頭飼育できる人もそういるわけではないし、都市部は難しいですね。
こにゃにゃちわ。 (coco5628)
2005-05-26 12:52:10
★noirさん

あのねこさんは、実物のほうが、もっとガリガリにみえてほんと気の毒だった。よく歩いてルなあという感じで。

でも、はいっていった店屋の裏口に、ねこの出入り用の小さな出入り口があって(ふたがパタパタするやつ)、そこからもぐったので、内心でびっくりした。



アメリカのシェルター情報については、以前雑誌で読んだ記事では、noirさんの記事のよーには詳しくなかったので、企業や医師やボランテアさんなどいろんな関わりで、もちつもたれつの上手な利用というまでは、しらなかった。

そういうことを、メデアで記事にしてほしいなあ。



★FZ-茶飲み男さん

個人で、保護したねこさんを、ひきうけてくれる場所が、ほんと欲しいし必要だよねえ。



せめて外ねこの不妊手術代は、行政でもってくれるとかしてほしい。都内では、文京区で、唯一、それをしているようだけど。



手術補助というのも、5~7千円くらい(区によりいろいろ)で、万単位は、どうしても自前出費になるので、かわいそうな子猫がうまれてしまう。

「犬猫たちいり禁止」の看板を公園やあちこちにたててるくらい、いやがっているくせに。(公共施設)

なんか (あゆ)
2005-05-27 21:07:03
めっちゃスピード感がある写真なんですけど・・・。

東大構内のニャンコちゃんは妊娠してるのか。

妊娠してもこの程度のお腹なのかぁ。

ちょっと太めって感じなだけなんですね。

妊娠中のニャンコには出会ったことがないので。勉強になります!
あゆさん。 (coco5628)
2005-05-28 00:14:46
にゃんこが、動くので、ブレてるだけですよん。

このカメラがニコンより連写できず、次のシャッターチャンスもとろいので、あっというまに猫さんは、消えていった始末。動くものは、このカメラはだめだ。(カメラの悪口)



東大ねこさんは、妊娠ねこかどうかは、はっきりはわからない。ふだんの姿みてないから。

でも妊娠ねこもあんなおなかになるよね。piyoちゃん。←ふってみる。
不妊手術費用補助 (FZ-A茶飲み男)
2005-05-29 01:08:42
 調べてみると今住んでる市でも補助制度はあるようなのですが、昨年度までで、今年度から予算削除されておりました(TT)。←それぐらいの扱いですか(^^;
不妊手術代補助。 (coco5628)
2005-05-30 01:44:42
FZ-茶飲み男さんの地域では、補助廃止ですか。

ひどいな。

うちのこ、全員処置ずみなので、最近の事情はわからないけど、以前いた区では、おんな8千円、男5千円だった。

今いる区は、しらない。区のお知らせにも一度もみたことない。

やってればお知らせにでてるハズなんだけど。