Coco's eye

美しいと思った事、感動した事、好きな事などを書きとめたブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

続いろいろ

2018-03-04 22:32:19 | フィギュアスケート
ツイートを見ていると、ひどいことを書く人がいて悲しくなります。
どうして?そんな中傷をして楽しいのかな?
そんな人は相手にしないで正しく美しい世界にいることにしてますけど、
本当にやりきれない思いになるわ。





『 「イメージ」は大きな力をもっている。思い描くイメージがその方向に人を導いていく。多分、羽生選手はオリンピックというゴールにむかって、日々かなり詳細に靱帯(じんたい)が回復していく様子を心の中で思い描き、その方向に身体を導いていったのではないかと想像した。心の中で思い描くことは、人をどのような方向にも導いていくものである。

 「予期不安」という言葉をご存じだろうか。例えば、電車にのってパニック発作をおこしたことのある人が、また電車にのったら発作をおこすのではと不安になっていると、症状をおこしやすくなる。不安な気持ちがストレスになり、症状をひきおこすのだ。また、バラの香りで喘息(ぜんそく)の発作をおこす人が、造花のバラをみただけで発作をおこすこともある。バラの花でアレルギー反応をおこすのだという思いが、実際には存在しないアレルゲン(アレルギーの要因)に対して、反応してしまうのである。

 何を思うか、どうイメージするかは、身体の反応、機能を変化させるのだ。とはいえ、いかに精神的にタフな人間でも、不安や「何故(なぜ)こんな時期にこんなことに」という思いや「こうしなければよかった」という後悔の気持ちが心の中にうかぶだろう。こうした後ろ向きの思いが、せっかくのいいイメージの足をひっぱってしまう。ネガティブな思いをその都度洗い流すような作業が、定めた方向に人を後押しする。「おこった出来事はすべて自分の人生に必要なことである」と受け入れなければ前に進めない。けがを通して、羽生選手はスケートだけでなく、人生そのものに磨きをかけたようにみえた。(心療内科医) 』


私などは凡人なので、すぐにクヨクヨしてネガティブな想いに囚われるけど
羽生選手はすごい事を乗り越えてきているので、アンチのツイートなどに
心を乱されることはない。(そう祈ります。)






震災から7年経つのですね。その日が近づくと胸が痛みます。😢

仙台のTVでは当日のニュースで羽生選手の無事が伝えられていたのね。
知りませんでした。




これ見逃していたけど、本当に良い記事ですね。



これもあれも変わっていた♡




明日の夜7時からが楽しみ過ぎます。



今日もまだ日本で過ごされているのかしら。。。
右足が早く完治しますように。



*ツイートは感謝してお借りしています。ありがとうございます。
『フィギュアスケート』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« いろいろ | トップ | AERA撮影シーン 息できな... »

コメントを投稿