こちとんの囲碁日記

南信州,下伊那,飯田市にて囲碁なるものをやっています。

4連休

2020-09-21 19:47:44 | 書籍
シルバーウィークはどうお過ごしでしたでしょうか

伊那谷地域にも結構な人手があったようで

通りかかるお店はしっかり車が入っていましたね





まあ、十中八九、感染は拡大するでしょうが

それは致し方無い気がします



こういうことを繰り返しながら

コロナとの付き合い方を考えていくしかないのでしょうね






話は変わりまして

この前、野狐で昇段したのですが

なかなか強くて勝てない

このままいくと、どの程度降段するかという戦いになってしまう。。。




4局やりまして

2局は良い戦いで1勝1敗

1局はAI相手、決断早すぎて隠す気なし
七段にはほぼ居ませんでしたが。。。

もう1局は9段から落っこちてきた人、これは全く良いところ無し




でも、凄く勉強になる

やはり、格上に挑んでいくのって超楽しい







-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

先日、本を買いまして



碁盤・将棋盤―棋具を創る (1981年)   2代目 吉田寅義著 です

吉田碁盤店の名工の誉れ高い先代吉田寅義氏の著です






棋具の作り方の本は珍しく、これ以外の本ですと

囲碁と将棋の泉 小松 武樹著

くらいでしょうか






今まで見たこともないような素晴らしい碁盤たち

手に入れることは出来ないけれど

是非一度でも良いので打ってみたいです






木取りの詳しい解説

これがあれば、自由研究は要らなかったなあw




盤師さんの本なので、ほぼ盤の話に終始するかと思いきや

碁石や将棋駒に関しても思ったよりしっかり解説がありました




割合としては

写真集 20ページ

盤 148ページ

碁石・碁笥 20ページ

将棋駒・駒台 20ページ

著者の人生 40ページ

という感じ




非常に面白かったです

絶版となってしまっていますが、

碁,将棋盤、碁石,将棋駒や駒台など

棋具を愛する者は是非手に入れたい良本かと思います




今後、このような本が出てくることはまず無いでしょう

残念なことに








碁盤は流石に作れませんが

碁笥と碁石は作ってみたい

囲碁の向上心が一段落したらやってみようかなあ










ebayにて興味深い碁石を発見

ラピスラズリかな

宝石の数だけ色んな種類の碁石が作れるということですね

値段は凄いことになりそうだけれど

碁石も結構ポテンシャル持ってるのではと思った今日この頃




ただ中国の業者なのに形は両方凸の日本の碁石の形

不思議だ。。。



あと、値段は思ったよりは高くなく3万円

ただ、本当に届くのだろうかw

凄く怪しい気がする





購入した人が居ましたら見せていただけると幸いです





コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 中国と日本 | トップ | 久しぶりに »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
棋具本 (びりたん)
2020-09-23 21:51:48
https://ameblo.jp/billytan/entry-12307418175.html

内容の薄い冊子程度ですけど、一応、こういうのもあります。

https://ameblo.jp/billytan/entry-12307219573.html

碁石。
日向市立図書館さんに蔵書はあるので
お近くの図書館まで有料でもOKなら
県外からの取り寄せも可能だと思います。
まちがえました。 (びりたん)
2020-09-23 21:54:55
日向市立図書館さんの蔵書ですけど、
貴重図書だからなのか、貸出不可になってました。
Unknown (cochiton)
2020-09-24 22:32:03
こんなマニアックな本があったんですね🤭
黒木碁石店さんの本は読んでみたいです
でも、日向市かあ
遠いですねえ…

コメントを投稿

書籍」カテゴリの最新記事