cobady的創作生活

cobadyのオリジナルテディベアやあみぐるみをご紹介。
HP「テディベアのおうち」もよろしく。

サボテンの花

2009-08-16 14:41:27 | ある日の出来事
実家に20年ほど前から「花盛丸」というエキノプシス属のサボテンがいる。

固く鋭く長いトゲを持ったサボテンで、正直かわいいヤツらではないのだけど、

このサボテン達、どうも私にはただの植物とは思えない。

彼ら(彼女ら?)は次々と小さな子供を産み、

それをちぎって土に植えるとそこからまた次の世代の子供が産まれてくる。

あまりにもどんどん増えていくのでほとんどの子供は母が捨ててしまってるらしいけど・・・(汗)

彼らは1年に2回、数時間だけ大きな白い花を咲かせる。

これが本当にすごい!!

蕾がついたと思ったら数日もしないうちに20cmほどの長さに伸び、

見ている間にねじれた蕾がほどけ、直径10cmほどの花が見事に開いていくのだ。

強い甘い香りを放つ儚くも力強い花。。。


別の場所にいても、彼らは必ず同じ日の同じ時間に花を咲かせる。

親子だから同調しているのか、気候によるものなのか、

それとも何かシグナルみたいなものがあるのか、それは分からないけど。

そしてそのタイミングは何故か私が実家に帰るタイミングとぴったり重なる。

私が実家にいる時間は1年にせいぜい120時間。

1年に6時間ほど花を咲かせる彼らと私が出逢う確率は気が遠くなるほど低いはずなのに。

多分私は、彼らのチカラに引き寄せられて彼らに逢いに行くのだ。

彼らが命の輝きを見せつけるその瞬間のために。


昨日、友達と逢った帰りに実家に寄ると、ちょうど「その時」だった。

実家に着いた時は蕾だったのだけど、帰る頃には大きく花が開いた。

夏の夜の青い空気にぽっかり浮かんだ白い花。

そこに漂う甘い甘い香り。

生きとし生けるものの引力の奇跡。

コメント (5)   この記事についてブログを書く
« ゆずシフォンケーキ | トップ | 19.5cm チワワ coco »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (写輪眼)
2009-08-16 17:02:52
ほんの小さな出来事に
あんちゃん
ふざけてI'm sorry
ご無沙汰してました (hiyoko)
2009-08-16 19:20:25
その間に沢山、ベアさんお作りになってたのですね。
諏訪の叔母のとこに一週間おじゃま虫してました。
朝、夕涼しくて・・・幸せでした。
写輪眼さま
お久です??
たぶん、あ・な・たですね。笑
お元気そうで良かったです!
違ったら、ごめんちゃい。。。
Unknown (cobady)
2009-08-16 20:08:21
>写輪眼さん

うわっ
今話題の人が小雪ちゃんの役をやってたドラマやん
あのかわいい小雪ちゃんが~~~


>hiyokoさん

お帰りなさ~い
諏訪湖の夏は清清しいんでしょうね~
ゆったりすごされましたか?

実は、写輪眼さんは兄さんとは別人なんですよ
私も最初びっくりしました!!
失礼いたしました (hiyoko)
2009-08-16 22:30:52
諏訪、日中は28度~30度あるので暑いです。
ですが、もうつくつくぼうしが鳴き、夜は虫の音が聞こえました。
80過ぎた伯母なので一日がゆっくり過ぎて行くんですよ。
それより 笑
ま、おなじようなにおいのする方ですこと。
写輪眼さま、失礼いたしました。
いえいえ (cobady)
2009-08-17 08:23:01
>hiyokoさん

諏訪でも日中はけっこう気温上がるんですね。
でも今年は、暑くて暑くてどうしようもない!!という日がほとんどありません。
過ごしやすくて良いのだけど、ちょっと心配になっちゃいます。
自然に囲まれたゆっくりした一日・・・いいなあ。
風に運ばれてくる土と草の匂い、虫の声。

写輪眼さんは同級生で~す

コメントを投稿

ある日の出来事」カテゴリの最新記事