Get Set, Go Blog

ビジネスパーソンのためのコーチングを行っているoffice Get Set, Go コーチ綿貫のブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

答えはコーチが持っている?

2011-07-29 16:30:05 | Coaching
先日、あるビジネスコーチング関係の会合で。

これまで自分が持っていたコーチングの概念をひっくり返される
話を聞いた。

コーチングの神様、と呼ばれ、何人ものエグゼクティブを
コーチしてきた、マーシャル・ゴールドスミスというコーチが
先日来日したときに、こんなことを言っていたというのだ。

クライアントは答えを持っていない。
クライアントが答えを持っているなら、なぜコーチをつける?
忙しいエグゼクティブの時間を無駄にしないためにも、コーチは
答えをどんどん伝えるべき。
クライアントの話を聞いて、引き出して、なんて時間をかけるのは
馬鹿馬鹿しい、と。


Σ(゜д゜) エッ!?

Σ(゜Д゜;エーッ!

工工工エエエエエエェェェェェェ(゜Д゜)ェェェェェェエエエエエエ工工工


マジですか。

これまで、答えはクライアントが持っている、だからコーチは
それを信じて、クライアントの声に耳を傾け、すでに持っている
資質(強み)を引き出し、クライアントの目標達成をサポートし…

と学んできたのはなんだったのか。
答えを与えるのであれば、それはコーチングではなくて
コンサルティングではないのか。

私はその場にいたわけではないから、前後の脈絡はわからない。
もうちょっと違ったニュアンスだったかもしれない。

でも、「クライアントは答えを持っていない」はどんな脈絡で
あったにせよ、ショックだわ。
おっしゃることには一理あるとは思うんだけど。

今後、自分がコーチングセッションをするとき、一体どういう意識で
クライアントと対峙すればいいのか。

3日前のことだけれど、ちょっとまだグルグルしてます…。





コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 2011年夏:個人的備忘録 | トップ | 1週間のまとめ(8/1-8/7) »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
メディエーター (Abby)
2011-07-30 12:03:39
昨日、医療メディエーター協会の人の話を聞いたら、コーチングとの違いは「コーチは教える、メディエーターは引き出す」と言われて、私もグルグルしちゃった。

企画作れるかなぁ(’’;)
グルグル (わた)
2011-07-31 13:17:32
Abby様
コメントありがとうございます。

>「コーチは教える、メディエーターは引き出す」

うーむ。我らがコーチングを学び始めた2004年とは色々と違ってきているのだね。

私もセミナー作るの不安になってきちゃう(^^;

がんばりませう。
コーチは教える? (ぴょん)
2011-08-21 15:30:15
はじめまして、医療メディエーターをしている者です。コーチングの話を私も質問したことがあります。そのとき、医療メディエーターの先生は、「コーチングも、答えは当事者あの中にあるという点では同じで、違いは三者構造になることで複雑な対話の中で、気づきが生まれること・・・」と言われてたよううに思います。
「教える」とか「引き出す」でなく、「気づきを促す」ですね。「コーチング=教える」という見方があるのは驚きました。
「コーチング=教える」も… (わた)
2011-08-22 07:09:42
ぴょん様

コメントありがとうございます。
「コーチング=教える」も一側面としては決して間違ってはいないと思うのですが、時間をかけるのが馬鹿馬鹿しい、というのがどうも…。
「コーチングって何ですか?」の答えは決して1つではない(コーチによって答え方はさまざま)だと思うので、この話もその1つだと捉えるようになりました。

コメントを投稿

Coaching」カテゴリの最新記事