コーチkazuの「夢が実現!」 http://www.katch.ne.jp/~k-kami/

コーチ日本1のkazuさんが満を持してブログに登場!教育コーチを日本に広めた第一人者として、東奔西走しています。

ミッションを一口サイズにする

2018-05-15 05:58:01 | Weblog
人生におけるミッションは必要です。
これをミッション・ステートメントと言います。

そして、
ミッション・ステートメントよりも目的を絞り、
ミッションを一口サイズに分割したものが目標です。

例えば、
ピザを全部食べるのがミッションなら、
それをどう切り分けるかが目標設定です。

目標ということばには苦い思い出が思い出されます。
目標を決めてなかったとか。
あれができなかったとか、
いろいろと思い出すでしょう。

しかし、
ジョージ・バーナード・ショウはこんなことを言っています。
「私が若い頃、10のことをしたら、
そのうち9つは失敗だった。
負け犬にはなりたくなかったので、
私は10倍頑張った」

そして、
目標には代償が付き物です。

その気になって目標を決めたはいいけれど、
後になって、
無理だとわかったり・・・します。
それは、
代償を見極めなかったからです。

今年はもっといい成績を取ることを目標にしたとします。
でもその前に、
代償を見極めることです。

たとえば、
テレビやスマホに充てる時間を減らさないといけないかもしれません。
友だちと遊びに出かける時間を削るはめになるかもしれません。
睡眠時間を削らなければならないこともあります。

この代償を見極めたら、
今度は成果について考えてください。

いい成績を取ったら、
どんなすばらしいものが手に入るでしょう?
やり遂げたという実感?
志望校への可能性?

そして
「自分はその代償を払う覚悟があるのか?」
なければ、やめておくことです。
守れそうもないことを自分に約束しないようにしましょう。

そして、
目標を一口サイズにすることです。
たとえば、
全部の授業でいい成績を取るのではなく、
とりあえず1つだけいい成績を取ることを目標にする。
次の学期にはもう1つ。
代償を見極めれば、
目標もそれだけ現実的になります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 恐怖を手なずける | トップ | 勝つとは再び立ち上がること »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事