コーチkazuの「夢が実現!」 http://www.katch.ne.jp/~k-kami/

コーチ日本1のkazuさんが満を持してブログに登場!教育コーチを日本に広めた第一人者として、東奔西走しています。

質問が熱くなり過ぎると、詰問になる

2018-08-06 06:03:00 | Weblog
コーチングでは質問が大切です。

良い質問をして、
良い気づきを生み出すのが
コーチングの醍醐味です。

しかし、
質問を意識するあまり、
質問が詰問になってしまうことがあります。

質問して相手から答えを引き出すのと、
強引に相手を追及するのとは違います。

国会の証人喚問や
事件の当事者が答える記者会見などは、
詰問が飛び交う典型的な場面です。

「今回の疑惑について、どのようにお考えですか?」
「いいえ、このような報道は青天の霧盤でございまして・・・」
「では週刊〇〇の記事は捏造だということですか」
「いやそのう、あの記事に関しては、どんな経緯でそのようなことを発言されたのか、
〇〇誌に登場していた□□さんサイドに、
弁護士を通して確認しているところでございます」
「△△さんは明確な証拠を持っていると言っていますが、それについては・・」
「まあ、証拠と言われましても、まったく事実と相反することでございますから、
何を持っていらっしゃるのか、私にはわかりませんね」

このような会話がどんどんエスカレートして、
相手が答えに窮するところまで追い込んでいくと、
結果的に質問は詰問に変わります。
このような場面におけるジャーナリストの質問であれば、
当然それはOKでしょう。

しかし相手を活かすコーチングで、
相手のためにする質問が、
詰問になってはいけません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ボランティアに生きがいを感じる | トップ | ウォーミングアップで心の鎧... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事