コーチkazuの「夢が実現!」 http://www.katch.ne.jp/~k-kami/

コーチ日本1のkazuさんが満を持してブログに登場!教育コーチを日本に広めた第一人者として、東奔西走しています。

「あり方」を聴く

2018-07-09 06:10:44 | Weblog
ふつう人は、
どうしても相手の話の内容を聴いてしまいます。

相手が「イヤだ」と言えば、
「イヤだ」というその言葉の意味内容から、
その人を判断します。

しかしそれでは、
その人の話を本当に聴いたことにはなりません。
言葉の意味ではなく、
その人の「あり方」を聴かなければならないのです。

「イヤだ」という言葉を受けとった場合には、
相手が自分を否定するために言っているのか、
自分を守るために言っているのか、
実はイヤではないのだが、
たまたま怒りが出てきて言わざるをえない気持ちになっているのかを
「聴く」必要があります。

それによって、
相手への対応が変わってきます。

例えば、
研修会でよく質問を受けます。

わたしを困らせようとして質問してくるケース、
自分を主張しようとして質問してくるケース、
単に目立ちたいために質問してくるケース、
理解できないために質問してくるケースなど、
様々です。

それら質問してくる人の「あり方」を聴いて、
その質問に答えるときもあるし、
答えない場合さえあります。

質問してくる人が理解できていないようなら、
すぐに答えを言わず、
自分で探るようにさせ、
相手に発見してもらうことで身につけさせます。

目立ちたいために質問してきた人には、
会話の中でみんなの役に立つような情報を提供し、
その人の質問のおかげでこの情報が生まれてきたのだと承認することで、
質問者に満足してもらいます。

また、
わたしを困らせようと考えて質問してくる人には、
戦う場合も、
やり過ごす場合も、
あえて質問にていねいに答えて議論を深める場合もあります。

相手がどこに立っているか、
どの方向を見ているかをつかめば、
それに応じた対応ができるのです。

日常会話でも、
「こんなことはできません」と言ったとき、
本当にできそうもないからそう言っているのか、
反抗したいために言っているのかによって、
当然、対応の仕方も違ってきます。

反抗しているのなら、
どこに本当の不満があるのかを探るコミュニケーションを
とらなければなりません。

ところが多くの人は、
相手がどういう状態にあるかを「聴けない」のが実際のところです。
だから、
問題がこじれていくのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 任せないと人は育たない | トップ | 「痛み」を受け止める »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事