コーチkazuの「夢が実現!」 http://www.katch.ne.jp/~k-kami/

コーチ日本1のkazuさんが満を持してブログに登場!教育コーチを日本に広めた第一人者として、東奔西走しています。

目標を成長させる

2018-04-02 06:46:28 | Weblog
箱田忠昭氏の
「落ちたリンゴを売れ!」には
こんなフレーズがありました。
「重要なのは目標を成長させること」
私は「目標は実現するもの」と考えていましたが
箱田氏に考えは一歩でした。
つまり
「目標は実現するものだ」
「だから、それを成長させることがもっと大切」
全く気がつかなかった考えでした。

P145から抜粋します。

目標は実現しますが、それで終わりではありません。
「目標を成長させる」ことを考えましょう。
目標は一度達成すると、それが手段となります。
たとえば、何か資格をとるという目標を達成したなら、
今後はその資格をもって転職する、
という目標ができるわけです。
特に、35歳までに人生を決めようと強く誓ったなら、
目標は一つ一つ達成して、
どんどん成長させていく必要があります。

私は以前「サーフィンを始める」という目標がありました。
これは40代になって実現しました。
私の家は海が目の前ですので、
休日に、または気が向けば出張前に、
波に一乗りしていくこともできるようになりました。
「サ-フィンを始める」では、
そこで目標はストップしますが、
「シニアの大会に出る」というように、
目標は成長していきます。
今でも下手クソですが、
徐々に目標を高めてきました。
単にボードの上に立つということから始まり、
より高い波に乗る、
うまくターンする、
ボードの上を歩くウオーキングという技術など、
いろいろと技を身につけねばなりません。

運動神経の鈍い私ですから、
他人の何倍もの時間がかかります。
それを工夫して、
一つずつ技を身につけていくのは楽しいものです。
シニアの大会ではいつも予選落ちでしたので、
目標は「予選突破」になります。
予選突破」を達成したら、
今度は「三位以内入賞」が新たな目標です。
今まで四位が最高ですが、
なんとか「三位以内入賞」が見えてきました。

さらに「サーフィンの公認指導員になる」というようになっていきます。
これは現実に私の目標にして、実現させたものです。

これは私のサーフィンばかりではありません。
あなたの各分野の目標も一つ実現させて安住することをせずに、
更なる成長をさせましよう。

目標のレベルアップをしていくことが、
あなた自身の成長にも役立つのです。

コメント