†紋楼の桃色番外地†

MONNLOW主義+大画面では正しく表示されません+about必読+

†博物館へ†

2011年05月31日 | ■ART

この間、博物館で古代ギリシア展を見た。



やばかったなー。古代ギリシアと聞いて飛んで行った。
見ごたえ十分すぎ。生でアルカイックスマイルを見る日が来るとは(笑)

ゲイの好きな(美しいに限る。本物に限る。漫画はNG)紋楼にとって
古代ギリシアって、すぐそこしか出てこない(笑)。
確かに男同士に纏わる作品もあったけど そこは置いといて(笑)。

何と言っても彫刻が見たかったのだ。
ローマンコピーの数多くの作品。もーフェロモンがやばい。
彫刻だけじゃなく、黒像式アンフォラ等の陶器とかもあって最高。
絵がめためたイイ。



このアンフォラに書かれてる絵のお話(ギリシア神話)がマジでシュール。
脚の不自由なヘファイストスのお話では・・・
息子に障害のあることを恥じた、ヘファイストスの母ヘラが、
オリュンポスから彼を投げ捨てた。捨てられたヘファイストスは
ロバに乗ってオリュンポスへ帰還する。帰還してるところの絵だそう。
ほんまに可笑しい(笑)。切なすぎるよ。ロバに乗って帰還って。

ヘラクレスはもっと残念なこと書いてあった。ヘラの嫉妬で
(ヘラはゼウスの嫁で、ゼウスが他の女に産ませた子供がヘラクレス)
狂気を吹き込まれたヘラクレスは、自分や弟の子供とかを殺してしまい、
これにショックを受けた妻が自殺する。更に我に返って打ちひしがれる
ヘラクレスに、神が十二の難題をクリアしたら罪を贖えるなんて言う。
え?これ、どう考えてもヘラクレス運悪すぎと言うか?最低のシナリオでわ?
どう言う解釈をするんだかまるで不明。とにかく可哀想でした。

他にも、何で???と言うような、奇妙な話がどっさりあった。



スペドス型女性像が良かった。こう言うの好きだ。

更に前向きの円盤投げ。これがメインとばかりに丸いお部屋に
どどんと置かれていた。もう、手の血管とか、足の指とか
すっごいとしか言いようが無い。何と言うかリアル。
顔を見たら彫刻なんだけど、血が通ってる感じがする。

リアルと言えば、アフロディテ像の胸。あの胸よく作ったなあと
まじまじと観察してしまう。また透けた身体の線とか、官能的な
美は天才的。的じゃなく最早天才。
やってくれましたと感激してしまうのは女性像よりも男性像。
男の裸体がやばい。本当美しい。あんな身体の奴おったら・・・!
と言うような美しい裸体を持つ彫刻達。幸せな事態だ。

それより前のヘレニズム時代の女性的な身体をした
ディオニュソス像も、裸体と言う意味では別として、凄く素敵だった。
じわりと自分に入ってくるような魅力と言うのかしら。
それに迫力があって、つい真剣な眼差しを向けてしまう。

結局三時間くらい、うろついていて、気付くと、かなり、お腹が減ってた。
で、グッズも当然、販売中だったが、こちらが高い。
ハンカチ\1000とかね(´・ω・`)なのに本は安い。\2000だったので即買い。
カラーで、自宅に戻ってから、またじっくり見られるから、かなり良い。



ガチャガチャもあった(笑)1回\400で、個人的にアンフォラ欲しくて回す。




1個目は円盤投げ。まぁこれはメインだし、出て良かった。
2個目でアンフォラが。嬉しかったヾ(*´∀`*)ノ゛
関係ないが、シルクロード関係か何かの土産も可愛すぎたので買う。
ペルシャ柄みたいな雑貨とか最高だ。ロゼッタストーンのブックマーク
まであったので、それもちゃっかりと(笑)。

薀蓄や知識が無くとも、生で見る感動って他に無い。
やっぱり生で見るのは良いな。
ああ、それなら、やっぱりミケランジェロも生で見たい・・・・・・[・ω・`●]
あの人の作品のフェロモンやばすぎるのだ。
彫刻と言えば、アンティノウスも見たいな❤

どうでもいい点を上げると、古代ギリシアとかにまつわる人の名前が
とにかく覚え難い。「なんちゃらトス」ばっかり居る気がする(ゝ艸<*)

コメント

†美術館へ その弐†

2011年05月31日 | ■ART



いちいちランプが可愛くて、小さな悪魔の子の本立てとかイイ。
お庭のプールの所に休憩所が。せっかくなのでカフェラテを頂く。
とにかく見回ってて、休みたくなるし。



こう言うのに弱い、あたし。

お部屋のドアのノブが人になってたりしてユニーク。
テーブルに敷かれた着物の帯とかが やたらクールで
このセンスは頂きだ(*vωv)

子供部屋にあった。何と素敵な・・・❤



そのほか、色々と撮ったりする。
まりいあんとわねっと。



グッジョブって言ってるように見える。



↓いちいち可愛いドア



沢山写真を撮ったが、もう載せ切れない。
本当時間を忘れる。すごく面白かった。

コメント

†美術館へ その壱†

2011年05月31日 | ■ART



美術館へ行って来た。天気予報は雨。移動中は降らず。
晴れ女効果はこの日もばっちり。

ライオンさんが可愛くてつい(❤ฺ→艸←)
いいな。彫刻が好きだ。絵画もいいが彫刻はもっといい。
難しい事など知らないけども。

このラックがまた可愛いではないですか。



今年入ってから、何かと言うと神戸に行ってばかり。
プラトン装飾美術館と言うここは、北野。
執事に扮した?おじいさんが、案内役。
スタッフの人もメイドの服で本当に素敵。
(メイドカフェにいるよーなのとは当然だが違う)
親切にしてもらった。写真とか撮ってもらえた♪



ロールスロイス。内装がイイ。

見るもの沢山で楽しかった。三宮駅からタクシーでワンメーターほど。
歩きだと急な坂を上って行かなくちゃなのだ。

ロダンの彫刻や、コクトーやミレー、ウィリアム・ギルバートの絵もある。
バスルームにある彫刻がまた素敵だ。

コメント

†MODERN WARFARE2†

2011年05月31日 | ■fovorite

この間、タピと一緒にやった。CALL OF DUTY MODERN WARFARE2。
どちらも滅多にゲームをしないから新鮮だったな。
しかし、なかなか難しいのだ、あたしみたいな人には。
バンバン撃つゲームって好きだけど、向いていない。
操作を覚えるのも面倒だし、撃つのも難しい。

そんな事もあって、まず一番難易度の高いシナリオを一人で
クリアーし操作に慣れる事にした。まぁこれが。次のチェックポイントまで
進むだけで鬼。クリアーには一日もかかる始末(´・ω・`)

でも操作に慣れると面白かったりする。話の展開もまあまあ分かってきた。
ストーリーによって様々な人間の役をやるし、未だに不明の点もあるんだが。

「ザカエフのために」とか言うそのザカエフ信奉者のマカロフとか、
シェパードとか、インパクトのある酷い奴らだった。
特に最低だった点からまず。

ロシア超国家主義派とか言う敵共(何のことやら)に
工作員として入り込み
無差別に空港テロをやる所は悲惨。こちらは工作員だから民間人を撃ってはならん、
と言う事で見てるだけ。仲間が空港にいる民間人を、大量に殺す。
こいつらが、ゆっくりと銃を手に歩きながら、不気味に乱射し続ける様は怖い。
その上、こちらは、テロの後に抹殺されてしまうし。後味の悪いシーンだ。
ロシア語版ではこのミッションは無いとかって何かで見た。いや日本語版でも要らんと思う。

シェパードってじじいも最低。人が苦労してデータを入手して、命からがら
敵の所から来たと言うのに、用済みと判断されて、いきなり撃たれる。
おまけに掘った穴に投げ入れられて、シェパードの煙草の火で油を引火させられ
焼き殺されてしまうのだ。このジジイに合いに行くまでに、凄く苦労して
バンバンやっていたから、余計に、何でこんな目に?と思ってしまう。
この二点があたしの中で最低だった点。
それ以外は普通にバンバン撃つのだから楽しい。
タピとやった時は二人用専用のスペシャルオプスと言う内容。
こっそりと狙いを定めてバシュッとやる。
仲間がいちいち「ビューティフル」とかこぼす(笑)

戦地で戦ってると、仲間が凄い叫んで自分を呼ぶ。ローチをやる時は
「ローーチィーーーーー!!!」みたいに。
はいはい、ここにおるから、と落ち着かせたくなる。

「仲間がやられた!」とか聞くと、いちいち「誰がやったんじゃー!!!」
と熱くなってしまう。仲間がどーのこーのは、本当やめてほしいわ。
ヘイローの時も、無駄に、「お前のために、この弾取っといたんだ」とかって
銃弾をくれる人とかいて。お前だけは絶対助けてやるぞ!と
熱くなってしまう(笑)。

あたしって容易い(笑)。これが戦地で、自分が訓練された
特殊部隊だったとしても真っ先に死ぬタイプだろうな。

戦闘機、戦車が無駄に登場する点は個人的においしい。

厄介な敵で、ジャガーノートって言うのがいて、こいつは
顔以外を撃たれても死なないで突っ込んでくる。
来る前には不気味な警戒音が鳴り、その音の数でジャガーノートの
数が分かるので、あの音を聞いた時の不安と言ったらない。
「三回も音が!!三匹も来る!!」等と、来るとわかると
異常に不安になるから、つい口にしてしまったり(笑)

厄介な敵で、犬がいる。あたし犬恐怖症だから、犬が
ワンワン言いながら走ってくるのは本当に参る(笑)

もっとスムーズに撃てるようになったらとは思う。
普段なかなか面倒臭くなって、やらずじまいで終って行くので
たまにやると面白い。

コメント