†紋楼の桃色番外地†

MONNLOW主義+大画面では正しく表示されません+about必読+

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

†相生ベイサイド†MONNLOWソロライブ

2006年08月29日 | ■MUSIC LIFE

†LIVE:相生ベイサイド†

Aioi3 LIVEが終わり、打ち上げが終わり、家に戻り、ようやくホッとした瞬間に、少し元気になり、こうしてBLOGを書いているあたし。それにしても、相生ベイサイド、無事終わりました。

めっちゃくちゃこの日のHEARTMANSのLIVE良かったです。JOHNNYサンの弾き語りもあって!(感動)久々にアコギ一本のJOHNNYサン、歌と言うよりも魂の叫びです。何というか・・・胸が苦しくなる程良かったです。それ以上は言葉になりません。

実は。朝の五時に出発し、向こうに7時半頃到着したと言う事実だけで、かなり凄いと思うんですが(笑)。スタッフの方々や関係者のみなさん、屋台のみなさん、出演者のみなさんと・・・本当お世話になりました。素敵な音で歌わせて下さった相生On楽工房のみなさんに感謝です。

あたしの出番は3時だったんですが、それまでに既にくたばりかけていて、前田サンがわざわざ車を貸してくださり、そこでクーラーを浴びて幸せになったら少し、楽になって、戻って来てHEARTMANSのテントの中の椅子にかけ、ツンさんとなにやらオカルトな世界を語り、出番待ちしていました。出番は五番目だったんですが。
その前の前に出たなかむら つよしサンという方の音楽が素敵過ぎて・・・ハッキリ言って良すぎました。ピアノの弾き語りされてるんですけど、歌がめちゃいいんです。おまけに一発目「よろこびのうた」ってあるでしょ。ベートーベンの。それをやるもんですから。本当良かったなー。山と海に囲まれてる場所だったんですけど、彼の歌を聴いていると景色が美しく見えました。

Aioi2そんで。まー、あたしの出番もやって来たワケですが。それにしても、あたしのへたり具合は凄かった・・・。申し訳ないほどです。見えない何かに吸い込まれて二度と戻ってこれなくなれそうなほど、あたしは太陽に弱かった・・・。太陽め。だから一発目はとりあえずVampire friendsです。後で「もー見えないものに吸い込まれそうだ」とか言ってたあたしに、前田さんとツンさんが「黒いマント被ったカマ持った奴が近付いてきているのかも」と言うので、あたしはつい喜んでしまいました。だって死神は好きですから。エクソシスト3に出てくるクールな死神とか・・・カッコ良すぎ。
さて。話しを戻して、これは替え歌バージョンでやったんですけど失敗してましたね(失笑)。2曲目でFIDELIOをやりました。まっ昼間の炎天下の中で「くたばるほどヤりましょ」って。出来ねーよ!!!暑くって!!人肌なんて恋しくねえよ!って具合で汗が凄い。で、でも、唄は一生懸命やりました。三曲目はショ~ヂ君が気に入ってくれた砂時計座。水上さんも前にこの曲いいーなーと言ってくれていたので嬉しくて。やりました。これは気合入っていました。いえ。他のも気合は入ってます。そんで四曲目にあたしの歌にある秘密の場所とか言う仮タイトルそのままの曲です。とっととタイトル付けろって感じですがなかなか出てこないので勝手に出てくるまで待ってようかと・・・。それしかない。あたしのお馬鹿な脳にできることは。
で・・・終わりました。いや。一生懸命やるのは当然のことですが
やれるだけやりました。でも、へたれなLIVEだったでしょう。

そこからラストのHEARTMANSのLIVE。最初に言ったように、とにかく、このBANDは一番です。マジで良かった。小さいことなどどうでもよくなってしまうほどです。

HEARTMANSのLIVEの直前、Sequenceのやっさんに会って喋ってたら、だんだん元気になり始めて、彼のBANDのメンバーがショ~ヂ君と話していたので、そこで紹介してもらいましたけど。最初本当にスウェーデンのハーフだと言われた時は信じてしまいました。疑いようも無くハーフみたいな男前のねっちでした。そう言えば彼は素晴らしい発言をしました。
たまたま、あたしのメルアドにFIDELIOと言う言葉が入ってるのを見て、「あれ。このFIDELIOってどっかで聞いた気がする」まさかと思っていると「あーEYES WYDE SHUTだ」と言うのです。この人天才じゃない?分った人は初めてで素晴らしいです。男前を見て更に元気になったあたしは(笑)彼らとLIVEを拝みました。今度11/3に無料イベントをイーグレで3時半から開催するそうです。良かったらよろしくどうぞ。

そして、片付けの後、ショ~ヂ君と打ち上げ場所へ目指す道中、車の中でLIVEの感想などを熱く話しました。ショ~ヂ君が凄くイイ事を言ってました。ぬかりなくHEARTMANSだな。彼とは年も同じなので、同級生独特の感覚で話せるのですが、色々励ましてもらいました。ありがとうです。その後打ち上げ場所で食った飯が激ウマ。そんなこんなでLIVEは無事に終わりましたと言うわけなのです。

・・・それにしても、太陽と言う奴は恐ろしい。あたしを溶かそうと、必死になっているのです。

そう言えば今日、Georgeが会場に居たとショ~ヂ君が伝えてくれました。何て素晴らしいのかしら。それだけで生きていける感じです。

待ち時間などに暇潰しに、JELLYの好きなモーゼスと言う奴を描いたりしていました。見本も何も無い状態で描いたのでホント滅茶苦茶だけど、もともと、あたしの
絵は滅茶苦茶なんです。JELLYが気に入るといいけどな。

さて。長くなりましたが。次のLIVEは9月17日のイーグレ。
モンローソロです。¥500でございます。昼間のLIVE。が、頑張れ、あたし・・・。
お疲れ様でした。ショ~ヂ君、写真撮影ありがとうございました★

コメント

†MONNLOW†

2006年08月20日 | ■MUSIC LIFE
昨日、とてつもなく素晴らしい夢を見てしまった。
それのおかげで、あまりにもハイテンションな目覚めを迎えた。
その後、LIVEだったので、友人のJELLYと一緒にバスに乗り込みGeorgeへ。
Georgeはやっぱり いつ来ても、何ていうか・・・雰囲気がたまらなくイイ。
そしてGeorgeがカウンターの奥に一人でかけているようだった。
あたしは軽くFIDELIOのピアノバージョンを考えながら、万吉君と音出し。
ヤバかったぁ。あたしの愛する魂の恋人達がそこに居て思わずナチュラルトリップ。

その後、愛の手箱を買いに行き、軽く飯を食った。
飯を食いながら、軽くJELLYと万吉君とあたしの会話の中に、EDWARDやCLARENCEが出てきて、それだけで幸せになってしまう、あたしって底抜けの馬鹿丸出しだった。 ショ~ヂ君が来てくれてからも、彼とJELLYとあたしと万吉君の会話に何故か出てくるEDWARD達。そして木の葉看板を取りに行く道中でも万吉君の口から出てくるEDWARD。ホンマ、皆さん、別の意味でスミマセン・・・(*U U*)
あたしがいっつも、いっつも、CLARENCEだのどうだのと言っているせいで、皆が、彼らの名前を口にしてくれるし多分、好感を持ってくれている。あたしの相手は疲れると思います(爆)。いつもすんません。ほんま、すんません(←って書いてあるタスキを百金で見た)。これからも、どうぞ迷惑しかかけない紋楼ですが皆様宜しくしてください。ひたすらお願いします。

さて、LIVEが始まる頃にはお客さんも集まって下さり、温かい雰囲気の中、音を出して行きました。なんていうのかしら。万吉君のギターを聴いていると心から気持ちよくなるんですね。そしてボーーーーーーッと聴いてしまうあたし。
あたし仕事しろよって感じ(笑)。凄く気持ちよくて背中を押してくれるので本当彼のギターは最高です。FIDELIOとか死ぬしマジで
ショ~ヂ君が祈りで参加してくれたんだけど、も~~~本当あたし滅茶苦茶な展開してしまい、挙句の果てには・・・曲は変わり果ててしまっていた。
と言うのにも関らず、彼はがっつり良い仕事をしてくださいました。本当素晴らしいです。さすがハートマンズ。めっちゃありがとうです。ほんまに。そして彼は拍手の中、退場して行きました。終わった後に、祈りが良いって言ってくれたお客さんも居て、本当に心からホっとしたのと同時に、それはショ~ヂ君と万吉君の力です、感謝!!!!と胸の中で呟いたあたしでした。
その後も万吉君が不思議な程、気持ちイイギターを掻き鳴らしてくれ、本当めっちゃ唄わせてくれました。あたし気持ちよかった~~~~!!!!
って言う凄く素敵な気分と、ここ、こうしようとか次こうしようって言うのも沢山見えて、今後がもっともっと楽しみになりました。いや、本間ありがとうです。ではではでは
コメント

†木の葉 LIVE†

2006年08月19日 | ■MUSIC LIFE
今日は木の葉のLIVEですーーーーーっ!!!!
見に来てくれたら嬉しいなーーーーーっ!!!!
(*UωU*)今日は九時からGeorge・Adamsで。良かったらどうぞ遊びに来てください★
コメント

†29日のLIVEの感想@吉田さん†

2006年08月03日 | ■MUSIC LIFE
相生On楽工房の吉田さんが、音楽活動、楽器、
PAについての勉強を綴るBLOG
『On楽工房奮戦記byよっさん@アコギ』の中で
29日の木の葉初LIVEについての感想を書いて下さっていたので紹介します☆

『相生On楽工房に最近よく出て頂いている
実力派ブルースバンドのHeartmansのライブが
姫路のCafeMuで行われた。

今回の出演は以前夢前でPAした時に
かっこいいユニットだなぁと思い、またお会いできるのを
楽しみにしていたMONNLOWさんの新しいユニット
「木の葉」とのジョイント。彼女のノリのいい独特の唄声は
リハの際に思い出した。ああ~、そうそうこんな感じ。
アコギで歌う彼女の曲を録音しながら聴いていたんだが、
とてもスキのない歌い方で、結構始めて聞く曲でも
入って行けそうな気がする。時にLOVE PSYCHEDELICO、時に林檎。
実はpinkryBooという名で出演されていた夢前の時の曲の
イメージとは今回も同じ。つまり私の中ではこれで見かけと
曲が一致したわけだ。結構ハードコアな歌詞もさることながら
やはりその歌いかたは天性の物かな。
私は彼女の曲の作り方とかいじくり方は知らないけれど、
彼女のオリジナリティ溢れる唄は、そのセンスという面で高く評価している。
(別の一面であるが、ビジュアルセンス、特にHPでの表現は
素晴らしい物がある)
PAオペレートはステージの下手後方で行ったんだけど、
できれば前で聞きたかった。音量バランスは取りやすかった。
バックのストローク音と声をどういうバランスにするかってのは
ハッキリ言ってPAの好みになるんだけど、後方からは
なかなかきちんとバランスを聞きながら作るのは難しい。
ヘッドホンで調整を試みつつの作業になる。後でMDに録音した物を
聞くと、まあまあ自分好みのバランスにはなっていた。
夢前ではすごい衣装とメイクで、ちょっと驚いたんだけど
今日はそういう感じではなくごく普通の感じであった。
ギターをかき鳴らしながら自分の世界を歌い上げる姿は
一人のアーチストとしての姿であり、なかなか格好いいもんです』

吉田さん本当にどうもありがとうございます!!!
8月27日の相生ベイサイドでのLIVE宜しくお願いいたします☆
コメント (2)

†木の葉会議†

2006年08月03日 | ■MUSIC LIFE
978回目の木の葉会議が無事に終了しました
すごく素敵なネイティブ達の音の中に溺れながら、万吉君と一緒に
素晴らしい世界を開いてみました
ノックされた向こうの扉が開いて、あたし達はインディアンフルートの音に、
燃え上がる焚き火の向こうの丘の上のコヨーテに、たいこの魂に耳を寄せました
あたしはそのおかげで、一瞬だけ、たいこたたきの夢を見ました
脳の何処かが目が覚めたように、ふーっと降りてきた感じでした
魂はそこに存在するんだなと感じました
木の葉の音源は熱くなること間違いなし
今後も木の葉を宜しくです
コメント

†木の葉茶屋†

2006年08月02日 | ■MUSIC LIFE
今日は、木の葉会議です☆
がんがん新しい物を作っていくぞ~~~!!
と、とっても張り切っております。
ボクシングの試合を見ながら(笑)
19日のライブは楽しみにしていてくださいね☆
紋楼は、最近作ったOLD ORANGEというBLOGに凝ってます。
これは紋楼の桃色番外地からも見られますよ☆
それでわでわでわ☆
コメント