†紋楼の桃色番外地†

MONNLOW主義+大画面では正しく表示されません+about必読+

タンブラー

2017年11月27日 | ■iPhone、appli■


タンブラーというブログをずっと前に開設したものの
あまり使い方がよくわかっていなかったので放置していた。
最近ちょこちょこいじるようになったので、
ここでも紹介しておこうと思う。

モンロー
https://lovepink-monnlow.tumblr.com/

モンローの落書き
https://monnlow.tumblr.com/

アプリで見る分にはデザインが違う。
テンプレは有料物も多いが無料でも素敵なものがたくさんあり
今のところ、よくわからないままに使っている。
メモみたいな感じで。

ともかくウェブサイトが工事中だから不便。
こちらを何とかしないとなぁ。

コメント

✝MONNLOW Instagram✝

2016年10月15日 | ■iPhone、appli■

インスタグラムは自分の心を形にして吐き出す場所になっている。



MONNLOW Instagram 

塗り絵専用 は こちら



何で落書きをしているかは前にここで書いた。割愛。

インスタではいろいろな人の作品が
垣根なしにパッと見られる利点がある。
他のSNS同様インスタの色っていうのもあるけど
一流の人の作品とか見られて本当に楽しい。
刺激がたくさんある。

欠点はコメントを設定できないことかな。
記事によってコメントできる、できないを
設定できるようにしたほうが あたし的にはうれしい。

コメント

落書きのこと

2016年06月22日 | ■iPhone、appli■

落書きしているという話。

Instagramにはプロフ専用の
ページみたいなものはなく
軽くメインに書いておける情報は限られる。

大抵人はなんのページか
どこの国の出身もしくは仕事している国、
などという感じで、そのInstagramの内容に
触れてあるようだ。

あたしの場合必殺バカ丸出しで
クラレンスが好きとか?
塗り絵のInstagramのURLとか書いてる。
いちおうマイアートと触れているので
「オリジナルなわやくちゃな落書きを
やってる女」とは理解されていることだろう。

落書きは前にも言ったように
この、内にすぐ溜まってくるエネルギーを
ただただ吐き出しているもののことだ。
とても大きなジャンルに区分すると
絵を描いていることになるのだろうか?
よくわからない。
あたしの落書きは絵とかいうような
たいそうなものではなく
だがしかし、自分の世界の表現の一つで
マイアートってやつだ。

自分でも全くよくわからない。
あたしのあらゆるものの中の
これは心の内を吐き出しているものの一つで
歌とかそういう表現のものと同じ。

最近は、とりあえず大きなものが
欲しいと思い、キャンバスとか
布とかにたくさん描く。
それらは色々な道具を試したが
アクリルが一番自分の表現にあってたから
アクリルをベースにして
不可思議な小道具と
あたしが呼ぶ連中らを使って描く。

クラレンスや仲間、土地、歴史
それらもがあたしの形となって
あたしの前に現れてくることが幸せで
これらは愛ゆえにできることでも
あるのかもしれない。

そして、そのような落書きについて
素敵なコメントを下さる方々がいて
なんと心が温かくなることか、本当に
胸が熱くなるしむちゃくちゃ恐縮する。

こんな
ありがたいコメントをいただき
良いのかしら?と思うのです。

ここのところまだ動悸がして吐き気とか
あって、そういう中で温かい言葉は
本当に涙が出そうになる。

早く歌いたいとか、
もっと普通にしたいのにできないとか
ストレスもあるが、医者にも言われたのだが
ともかく内にすぐにエネルギーが溜まって
それがストレスになるので

何かで発散しなければならない。

歌えないなら
そのエネルギーというものを
中から取り出し
形にしてみるという表現だ。

だけらInstagramは、あたしの心の
そのエネルギーの形の記録でもある。


コメント

Instagram

2016年05月05日 | ■iPhone、appli■

最近頻繁に更新するようになったアプリは
Instagram。前から使ってはいたが
主に思ひ出的写真メインの扱いだった。

しかし近頃、物作りをするようになり
自分の描いた絵をより更新していくように。
物作りのきっかけは、妹がいろいろ作っていて
便乗した形。最も妹の場合は器用でうまく
作ることができるが、あたしは不器用で
そもそも頭で立体のイメージが出来ないわけで
このような致命的とも言える弱点?の
おかげで無残な物しかできないのだが。

補足はさておき、普段描く落書き
例えばミスタークラレンス描いたつもりな
絵、とか、そういうのも時折あるが
基本はこういうやつ。



昔からPCでこういうの作ってたけど、
主にこういう落書きを
MONNLOWお絵描きシリーズとして
更新している。

で、写真も載せるし、絵もできるだけ
載せていこうと作り続けているため
頻繁に更新するようになったわけ。

物作りをするようになり、
作りたい衝動が、こういう形でも
発散されるようになったのは有り難い。

塗り絵も載せていたのだが、だんだん
塗り絵だらけになってきたため、
塗り絵だけは移動させた。(前に言った通り)

Instagramではタグを付けて分類分け
する形だから、いっぺんに載せた順に
ごちゃまぜに写真などが並ぶ。
せめてカテゴリ分けできるようになればと
思わずにいられない。
確かに一つのテーマに沿って、統一感のある
ページ自体を一つの作品として提供するのは
すごく見やすく綺麗で素敵だ。
だがみんながみんな、そうしたいのではないし。

絵が増えても、今のところ移動などは
考えていない。
こういうアプリは手軽に自分の使い方で
何でもできる点が良い。

同時に、他のユーザーの作品が本当に凄い。
プロの作品にも触れやすく、
いろいろな方面で活躍している新たな
アーティスト達を知る機会に恵まれる。
あたしは、基本、動物とか出てくる動画や写真が
好きではないのだが、Instagramでは
唯一フォローしてしまっている最高に
癒される動物の動画などを提供する人もいる。
今まで特にそんな癒される事もなかったが
ここでは本当に癒される動物のものばかりだ。

毎日多くの友達とのやりとりが頻繁な場合は
他のSNS同様に疲れそうなツールだが
マイペースに使うなら癒される。
コメント

zknow

2016年05月04日 | ■iPhone、appli■

最近ダントツにはまってるアプリが
Zuknow というアプリ。

これは勉強するためのアプリだが、
とにかくいろんな種類の勉強が
同時にいくつもできて、
例えば漢字の勉強したら、
次は経済用語覚えよう的なことができる。

それは、すべての学習素材が基本、
単語帳になっているからだ。
自分でも自由に作成できるし
人が作った興味のある素材を勉強してても
良いようになってる。

ちょっと外国の単語を覚えたいなと
思ったら、学習アプリは腐るほど
良いのがある。
好みもあるし、そもそもゲーム感覚だと
ちょっと向かないだろう。

あたしがこれにハマるわけは、
まさに自分に合っているからかもしれない。

言語系アプリは高額なものが多い。
それでも素敵なものがあるので
3000円くらいのアプリを二つほど
もう買ってはいる。
この二つはあくまで一人でやっていく感じ。

zknowは他のユーザーが見える状態に
なっていて、ランキングもわかる。
あたしは基本、人と関わる系な面倒のある
学習アプリはやりたくない。
zknowだと順位やプロフが相手に公開されて
いる程度で、コメントのやりとりなどがない。
おそらくない。見ていない。

まずはカードを暗記していく。
選んだ素材でカードの数は(当然なのだが)違う。
終わったらクイズで確認するという
シンプルさ。

クイズでは、一度問題に正解すると
「マスターまであと二回」という風に出る。
だから三回は問題に正解しないとマスター
できないという仕組み。

全部マスターすると達成感。

自分のプロフでは学習時間やグラフなどが
確認できる。

この、マスターしていく達成感が
特にハマってしまうのかもしれない。
勉強したいと思った素材は、どんどん追加して
したいときに出来る仕組みだが、
それらが次々マスターできていくのは清々しい
気持ちになる。

内容をしっかり覚えているかは自分次第。
どちらにせよ、使わないものは記憶から消える。
あくまでも暗記していくものなので、
何故そうなのか?が気になることには向かない。

もうあくまで「これ」は「こう」なのだと
いうことを記憶していくことが前提だろう。

学生の勉強は暗記が多いから学生向きでもある
けど、あたしのように外国語を覚えるにも良い。

zknowでマスターできた素材の内容は
全部ノートに書いて練習したり覚えたりする。
そこまでしても、なかなか覚えられるものじゃ
ないけど、むしろ、覚えてる自信無いのに
覚えてたりしているものもあり、
それが意外に面白い。

自分で一日いくつマスターするか目標を
決められるので、それが毎日やりたくさせる。
コメント

大人の塗り絵

2016年05月01日 | ■iPhone、appli■



↑color therapy というアプリで塗った↑

例えば、自分の書いた絵を塗る
のだったら楽しいけど
売ってるフツーの塗り絵とか
色鉛筆でやるやつは好きじゃない。

好きじゃないというか
途中で飽きて一枚仕上げられない。

どうして自分の絵だと楽しいかといえば
色はパソコンでつけるからだ。
筆先も色具合も色も何もかも
自分好みにしあげられる。
道具だと買ってこなきゃだが、
パソコンだとそんなことも不要。

確かに手塗りは味があって良いだろう。
だが悲しいかな、あたしの場合は不器用で
自分の腕前にガッカリしてしまうし
出来上がりも無残になるから手ではやらない。

そんな中アプリでなら こんなあたしでも
やれるだろうと挑戦してみた。

これがめっちゃハマる。
アプリによっては癒しの音が流れるもの
などもあったりする。

だいたい一気に仕上げることは少なく
途中で置いて他のを途中までやって
また戻ってきたり、そんな感じで
やっているので飽き性の自分も
何とか一枚完成できる。

可愛いイラストがたくさんあるし
色も、なかなか揃ってはいる。
だが、この系のアプリは全体的に高額な
ものが多く、一年間自由に使おうと思えば
5000円近くとられるものも結構ある。
大抵無料でできるものは数も限られていたり
色などのオプションが限られている場合もある。

5000円は個人の価値観だが
あたしはそこには使いたくないので
無料のものをやっている。

できたものをインスタグラムに載せていたが
最近、仕上げた数が増えてきたので
塗り絵アップ専用インスタグラムを開設した
(今さっき)

ちなみにツイッターなどにも同時にアップ
する事もあるのだが、
PIGMENTという会社のアプリで塗った絵を
ツイッターに投稿したところ、その会社の
ツイッターでとても面白い色だと褒めていただいた。
この会社は、その前も、あたしの塗った絵を
リツイートしてくださっており、
こんな不器用なあたしに涙出るほどの優しさ!
ここのは年間の課金してしまいそうになる(笑)

でこのPIGMENTというアプリでは、
筆先が色々選べて、色も全色選べる。
色鉛筆で手で塗る感じだって、この不器用な
あたしでさえできるよう選択ツールがあるし
(実はそのことさっき知った)、無料でも
かなり本格的に遊べるアプリだ。
あたしにとってはもちろん最高のアプリ。

塗り絵は夢中になると相当癒されるし
SNSなどでは本当に職人系のすごい
塗り絵の達人たちがぞろぞろいて
見ているだけでもかなり楽しい。

ただ、鬱っぽい時は塗ると余計に
深みにハマるのでやらない。

暇つぶしには持ってこいだし
気分転換にもなって良い。
コメント

癒される

2015年05月20日 | ■iPhone、appli■
最近大好きなアプリがある。
ペット作ってミニゲームで遊ぶ
単純な内容だけど、とにかく可愛いらしくて癒される。
お部屋を自由にレイアウトしたり、
好きな服に着替えたり、
顔も好きにパーツ選んで作る
自由度の高いバランスが良い作品で、
ミニゲームも子供が遊べるような、
じゃんけんとか、音合わせとか。
本当に可愛くてストレス無くて、
ここのところの癒しになってる。
これまで出会ったアプリの中で最高かもしれん

FB
https://m.facebook.com/love.momon?
コメント