チャイナMBAマネジメント協会

「CMMA: China MBA & Management Association)」

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Why MBA in China

2012-09-15 | 清華大学MBA
こんにちは、北京大学光華管理学院のKENです。

この週末は反日デモでどうも物騒なので外出は控え、
一日家にこもることにしました。

しかし、情報を得ようとNHKの国際放送を見ても、
どーでもいい番組やらドラマしかやっておらず、
ちょっとどうにかしてほしいものです。

さてWhy MBA、今日はこのあたりを書いてみます。

僕は元々新興国ビジネスに興味があり、スクールを
絞るにあたってのポイントは”新興国に強いMBA”
でした。

僕にとって新興国に強いとは、以下の通りで
その意味では、実は必ずしも中国である必要は
ありませんでした。
①スクールとして新興国に人的ネットワークを持つ
②研究者が豊富で情報アクセスが容易
③新興国・市場での高い評判
④学校生活を通じて全く違う価値観を体得出来る

そんな視点から辿り着いたのが
英国のLBS、Cambridge、シンガポール、香港、
そして中国大陸のMBAで、LBS出願を基準に
スコアメイクはしたものの、最終的には上記④と、
直結するスキル(中国語)を重視して、
中国大陸でのMBAを選択するに至りました。

じゃぁ、新興国=中国?って良く聞かれますが、
もちろん中国市場自体も面白いですが、僕の場合
はむしろ中国企業と協業しての次の新興国開拓に
関心を抱いています。

今更中国市場に勉強しに来ても遅いよーと言われる
こともしばしばですが、中国と一緒に世界の新興市場
に出ていく為に、いま、中国市場を理解し、種をまいて
おくことは重要だと思うんです。

と、そんな思いを胸に飛び込んだ中国MBA、初心を
忘れず頑張ります!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 北京大学 光華MBAと北大国際MBA | トップ | 自己紹介_長江商学院 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

清華大学MBA」カテゴリの最新記事