チャイナMBAマネジメント協会

「CMMA: China MBA & Management Association)」

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第6回 Richard 現代の状元は静かに暮らしたい(?)

2014-12-25 | 清華大学MBA

(清華大学経済管理学院のサッカー大会にて優勝。写真左がRichard。)

<プロフィール>
1987年12月四川省成都生まれ。中学・高校と地元の名門校で学び、清華大学で電気工学を専攻。卒業後はSOE(政府系企業)で働いたのち、教育NPOである”Teach for China”で教師として2年間雲南省で恵まれない子供に教育サービスを提供。その後は投資会社を経て2013年9月清華大学経済管理学院に入学。2014年9月からは米国・マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院に進学。クラスメートからは状元(科挙において各省で一番の成績の人)と呼ばれる天才肌。


坪井(以下(坪)): どんな家庭で育った?

Richard(以下(R)) : 父、母と一緒に住んでいた。僕が生まれたばっかりの頃は父と母は共に成都の小さな国営企業で働いていたけれど、2歳くらいのころから彼らは自分たちで事業を始めることにしたんだ。典型的な「个体工商户」だった(注: 改革開放後に条例により個人事業が許可され、行政の認可をとった個人営業者のこと)。その後10年くらいは建設関連の資材を売る仕事をしていて、幸いにも事業は順調に成長していった。また、祖父母は当時大学を卒業したばかりのおじの事業の手伝いをしていた。祖父母は改革開放前までは農業をしていたけど、多くの中国人がそうであるように開放後は農業を続けたいと思う人が少なかったし。それからしばらくして、父と母、それに祖父母もあ合わせておじが新しく始めた自動車部品の製造業を手伝うことになった。このような大家族的な事業運営もいかにも中国っぽいよね。

小学校は普通の学校だったけど、中学校は成都実験外国語学校(Chengdu Experimental Foreign Language School)に進んだ。この学校は英語教育に力点を置いている学校。英語の勉強はこの中学校に入ってから始めたけれど、ここでのトレーニングは間違いなく就職に役立ったよ。英語を流暢に話せる先生が教えてくれる上に英語だけはクラスを2つに分けて授業を行っていたので効率がよかった。それに加えて他の科目に比べて英語は授業数が多く、毎日宿題も課されていたし。
卒業後は成都第7中学(注:中国語では中学が英語のHigh School)という地域で一番の学校に成都市で一番の成績で入学した。

他の人よりも勉強ができる、ってことは小学校の時には気づいていた。他の人よりも早く理解できるからそんなに勉強しなくてもいい点取れていた。だからその分日本のアニメをたくさん見ることができたよ(笑)。とはいえ高校での勉強は少しハードになった。特に最初の学期はプレッシャーもそれなりに感じていたよ。なぜなら周りは僕が一番の成績で入学していることを知っているから。まあそれでも次の学期からは周りを気にせずリラックスして過ごすことができたけどね。

中学校、高校の進学先は自分で選んだ。家族の理解にも恵まれていたと思う。両親は僕がやりたくないことは無理にやらせようとはしなかった。学校を選ぶときだって、彼らは選択肢を示すだけでどこの学校に行け、と強制しなかった。おじは大学で英語を専攻していたこともあって、英語の重要性についてアドバイスをくれたのが決め手となって選んだんだ。



(坪): 大学は当然のように清華大学に進学

(R): 大学は清華大学の電気工学専攻に入学した。勉強に関して言えば多くの努力をしなくても割とスムーズに物ごとは進んできた。地域で一番の学校に進み、清華大学に入学するのだって特別なチャレンジではなく、当然の選択だった。電気工学を専攻したのは、入学が一番難しい専攻だったことと、両親が工学を専攻するのはロジカルシンキングを育むのにも役に立つだろう、とアドバイスをくれたから。だから別に電気工学に興味があったから選んだわけじゃないし当時は電気については何も知らなかった。高校を卒業してしまえば、もう大学入学に対するプレッシャーとか大勢のクラスの中で勉強することとか、勉強以外何もしない日々から解放される。だからもともと理科系の科目が得意だったけど、大学では勉強だけをしていたわけではない。卒業するのが唯一の目標だったし。クラスメートはほとんどの時間勉強してたけど、僕はガールフレンドと一緒に過ごしたり、エンジニアリングとは関係無い本を読んだり、映画を見たり、ゲームしたり… あとは歌うのが好きで、大学の歌のコンテストに参加して優勝したことが自慢だね。

海外の大学という選択肢は、その当時は一般的じゃなかったから。実際、香港科技大学からもオファーをもらったけど行かなかった。小さい頃から清華大学と北京大学が中国で一番の大学だって言われていたし、自分もそこに行くものだ、と思っていたから。それにハーバード、スタンフォードなどの欧米の大学が当時中国の高校生にオファーを出すことはなかったし。今は多くの学生が学部から直接海外に出て行くけど。



(坪): 大学を卒業後は何をしていた?

(R): 学部論文が研究室の教授に評価されて、彼に研究室に残るように言われたんだけど、そこまで研究に興味がなかったからその選択はしなかった。

当時インターンシップでSEOで働いていて、そこでオファーを得たので働くことにしたけれど、仕事は非効率的で退屈だった。全体の仕事のほんの一部しか携わることができないし、チャレンジングなことは何一つできない。だから別の機会を外に求めたんだ。それが”Teach for China (美麗中国)”というスタートアップだった。

このスタートアップは、地方の教育サービスを受けられない子どもたちのために教育を届けることを目的としたNPO。このNPOについてはウェブサイトで知ったんだけど、創設者やスタッフと話をして、彼らのミッション、モデルにぞっこんになった。短期的にだけでなく長期的にも意義のある仕事だと感じたし、そのミッションは実現可能だと思った。だから、せっかく SOEに就職したけれどTeach for Chinaで働くことを両親に納得してもらうよう試みた。とはいえ、彼らは僕のやることに対して反対することはなく、やりたいようにやらせてもらえたから大きな障害となることはなかった。

自分の経験も参画への決断に影響している。中学のときに大きな影響を受けた若い先生がいて、なぜかというと彼は事あるごとに将来の目標とか情熱とかについて熱く語ってくれたからなんだ。教師というのは子どもたちに多くの影響を与えることができる仕事であるってことを体感した。それと同じ仕事を地方の恵まれない子どもたちを相手にできることに大きなやりがいを感じる。研究室に残ることや、同じ仕事を繰り返すことよりよっぽど意味があるだろう? 僕は雲南省を担当して2年間そこで先生として働いた。当時の生徒は今でも毎週連絡をくれて、僕がMITに行くことを知って応援してくれるのを聞くと、うれしくなるね。彼らといつかどこかで一緒に働ける日を楽しみにしている。

その後北京の本社に戻って採用担当をした。SOEのような大組織では僕一人がいようがいまいが業務に支障は出ないけれど、ここでは僕がいないと生徒にとっては大きく違う。さらに、ここで働いているスタッフはアメリカと中国の一流大学を卒業した人たちばかりで、みんな違うバックグラウンドを持っている。以前の僕は何をしたいか、何のために働くかをあまりわかっていなかったけれど、彼らからそういったことを学ぶこともできる。

そういった環境にいたせいなのか、このままずっとここで働いていくことが果たして本当にやりたいことなんだろうか、と考えるようになり、それは少し違うような気もしてきた。最終的には自分で事業をしたい、というのは早い段階で思っていたこともあって、Teach for Chinaを退職して成都に戻って投資会社で働くことにした。投資候補となる企業を訪問して、デューデリジェンスをするのは、これまで研究や教育などいわゆる「ビジネス」から遠い仕事をしていた自分にとってとても面白かった。



(坪): なぜ清華大学MBAを選んだ? アメリカに直接行こうとは思わなかった?

(R): MBAはTeach for Chinaに入る頃から意識していた。その後で自分の事業を立ち上げたいと思っていたけど、僕にはコミュニケーションスキルが不足しているとわかっていたから。リーダーシップや他の人との共同作業、自分のビジョンを示すことなど、ビジネスに必要な要素が特に。これまでの業務経験ではこれらのスキルを伸ばす経験を積んで来なかったから。アメリカのMBAに直接行くことも考えていたよ。だけどMITとプログラム提携していること、デュアルティグリープログラムを選択すれば2年間で2つの学位を取得できることと、最初の1年間で僕より中国について多くを知っていて、多くを経験している中国大陸の学生と会えること、さらにインターナショナルクラスを選べば中国で他国の学生との交流が可能なことが清華大学MBAを選んだ理由だね。中国でビジネスをするためには、やはり人脈が必要だから。僕の両親もビジネスを営んでいるからインサイトを提供してくれるけれど、それだけでは十分ではない。違った産業、違った都市、違ったスタイルについて学ぶ必要がある。



(坪): 卒業後は何をしたい? 将来の夢は?

(R): MIT卒業後はアメリカに残りたいと思っている。現時点では不透明だけど可能であれば、自分で事業を始めたいね。しばらく働けばアメリカの永住権も得られるわけだし。ただ、永住権が欲しいと思っているのは便利だからってだけで、それ以上でも以下でもない。いずれにしてもいつかは中国に戻って自分のビジネスを展開するつもりだよ。中国は次の10年で最も影響力を持つ国であることに疑いはないし、今後ますます開放が進み、他国との協業もますます増えていくだろう。とはいえ、それにはまだまだ時間がかかるだろうから、アメリカの永住権を得ることはビジネスの場所を問わないためにも持っていて損はないと思うよ。

僕は大きな仕事に携わっていくよりも小さなビジネス、例えば海外の優れた製品などを中国に輸入する貿易業とかを営みながら、家族や友人と人生を楽しみたいと思っている。だいぶ前に清華インターナショナルMBAを卒業した先輩が、日本のエアコンメーカーの輸入エージェントをしているんだけど、それなんかいいよね。

将来の夢は…特に野望はないけれど、健康な人生と家族。健康、健康、健康。のんびりとした時間を家族と多く過ごしたい。それだけだよ(笑)。旅も好きじゃないけど、時間があればできると思う。家族と多くの時間を過ごしたいだけなんだ。


この記事はソーシャルウェブサイト「Billion Beats(10億の鼓動)‐日本人が見つけた13億分の1の中国人ストーリー‐」でも掲載しています。

中国を出る若者、戻る若者 -大陸で交差する夢-

北京大学MBAの他に、長江商学院MBA、清華大学MBAに在籍した日本人留学生による中国人クラスメイトインタビューもありますので、ぜひご覧になってください。

エリートバーリンホーのリアル

中国MBAリアルトーク ー WHAT’S NEXT IN CHINA

清華大MBAリアルトーク
コメント

ジャパントリップについて(1)

2012-10-23 | 清華大学MBA

お久しぶりです、清華大学MBAの河野仁です。
随分長い間アップデートしていませんでした。
夏のインターンシップ@大連あり、試験あり、意外に2年生になった今学期も宿題やCompetitionあり・・・
という言い訳です。

さて、今回はジャパントリップの記事を2回に分けてお送りします。
元々はBiilion-Beatsという団体向けに書いた記事ですが、
そこ向けの記事として趣旨がちょっと違うということで
大幅加筆修正を求められている最中です。
ただしCMMA向けの記事としては、価値があると思うので、アップします。
尚、加筆修正後のBillion-beats版も後ほどアップする予定です。


----------------

「最近、中日関係が悪化しているけど、これって一時的なものだし、私たちはこれからも友達。もし何か困ったことがあったら遠慮なく連絡して。」(原文翻訳)

上記のメールは、今年6月私が企画した6泊7日のジャパントリップに参加してくれたクラスメートから送られてきたものです。日中関係の悪化を受けて、すぐにこういったメールを送ってもらえるだけでも、苦労の多かったジャパントリップを企画して本当によかったと、感じています。

<きっかけ編>
なぜジャパントリップを企画したのか。それは、現在の一筋縄ではいかない日中関係にあります。領土問題等について、日本人の中には、中国政府の高圧的な態度に対して違和感を覚えている人も少なくないと思います。そして、多くの中国人が反日感情を鮮明にし、反日デモに参加していると想像しているかもしれません。
しかし、実際に住んでいると分かることですが、反日デモに参加して強硬な姿勢を取る中国人というのはごく一部にすぎません。また、政府が醸成する社会的な「空気」感によって、声高に親日だと言わないまでも、日本の文化・生活・製品に対して憧れを抱く中国人も意外に多くいます。
つまり、一次情報(直接的な経験や伝聞等)ではなく、二次、三次情報(マスコミ等からの間接的な情報)のみを受け売りしてしまうと、「中国政府けしからん=中国人“全員”けしからん」という歪んだイメージに陥りがちなのです。
そして、このようなことは中国人に関しても当てはまります。中国では毎日のように、領土問題に関して、「日本政府けしからん」という報道がされています。小さい頃から学校で、日中戦争で中国人は悲惨な目に遭ったと教わり、且つ上記のような報道を、それこそ朝から晩まで目にしたら、一般の中国人(中国人の多くは農村出身であり、きちんとした教育を受けたことのない人も多くいます)は「日本政府けしからん=日本人“全員”けしからん」という思考になってしまいがちです。

他方で、優秀だと言われる大学に通う学生の多くは、厳しい情報統制にも関わらず、主体的に情報を収集しようとしているため、政府やマスコミの言うことを真に受けません。そして彼らは、社会的な雰囲気に惑わされることなく、依然として日本の生活、文化等に憧れを抱いていることが想像以上に多いのです。
私はそんな彼らのために、直接的な経験として日本を知ってもらう機会を作りたい、もっと日本を理解し好きになってほしい、そしてそれが草の根レベルで日中関係の改善に役立ってほしいと願い、ジャパントリップを企画することにしました。

通常、MBAの学生が主催する○○トリップというのは、企業訪問がメインになります。しかし、ある国を理解して好きになるということは、食や文化、そして人との出会いが主なきっかけではないか?そこで、今回は「日本を知ってもらう」ために文化体験を旅のメインにするこしました。
そして、それを実現するには、旅行会社ではなく、個人で企画する方が、観光名所巡りだけに留まらない“リアルな”日本の姿を知ってもらえると思い、妻とふたりで計画を始めました。

<観光ビザ取得編>
MBA1年目が終了する6月中旬に訪日する計画だったため、チケット確保とビザ申請の期間を考慮すると、少なくとも1ヶ月前の5月中旬には参加者を確定する必要がありました。多数の応募がありましたが、最終的には、中国人(女性)7名、韓国系アメリカ人(男性)1名、シンガポール人(女性)1名、マレーシア人(男性)1名、日本人2名の計12名でジャパントリップを行うことにしました。

準備で最も気がかりだったが、中国人の観光ビザ取得です。「中国人が日本に旅行する際のビザ発給基準が大幅に緩和されたので、より多くの中国人観光客が訪日することになる」という報道を日本で多く耳にします。しかし、今回旅行の手配をする中で、一般の中国人が日本へ旅行するのはまだまだハードルが高いと強く感じました。というのも、この観光ビザの取得が非常にくせ者なのです。
主な必要書類(コピー)は、
パスポート
护口(日本の「戸籍謄本」に相当)
就業証明書(学生の場合、在学証明書)、及び就業先の営業許可証
財産証明書
5万元(=約65万円)以上の銀行預金残高証明書
(尚、ビザ申請日からビザ失効日、つまり日本からの帰国日まで、預金残高は少なくとも5万元を維持し続けなければならない)
その他資産(例:不動産、自動車等)の証明書
です。これらの書類に基づいて日本大使館による審査が行われ、審査に通過した中国人のみが訪日を許されます。

さらに、観光ビザの場合、旅行代理店(中国人が訪日する場合、日本大使館が指定する旅行代理店を通してビザを申請しなければならない)が指定する口座に保証金を預ける必要があります。この保証金は、上記の財産証明にある銀行預金とは別に預けなければなりません。
保証金の金額については、旅行者の財産状況やバックグラウンドによって、平均的に1人5万元(約65万円、北京市の2011年平均年収に相当)から10万元(約130万円)と言われています。例えば、預金残高が5万元を大きく上回っていて、不動産と自動車を保有し、さらに公務員、政治家、または大手国有企業で働いている場合、保証金の金額も小さくなります。さらに本籍地(尚、本籍地を変更することは非常に難しい)も保証金の金額に影響を与えます。誤解を恐れずに言えば、本籍地の省や都市の規模が小さいほど保証金の金額は上がり、特に内陸部、自治区、南部の一部の省が本籍地であると、保証金の金額が上がる傾向にあるようです。なぜ保証金が必要かと言うと、日本を訪れた時に行方をくらましてしまう中国人が、以前より減少しているとは言え、まだまだ存在するためのようです。
今回は、一人一人に保証金を預けてもらうことがかなりの負担になると考え、私が中国人全員に対して個人保証を行うことで、彼らが保証金を預ける必要はありませんでした。ただし、万が一彼らが日本で逃亡してしまった場合、逃亡者1名につき、旅行代理店が事前に決定した保証金を私が支払う必要がありましたが。

こうして振り返ってみても、中国人が観光ビザで訪日するというのは金銭的、時間的(書類の準備、ビザ審査所要日数2週間弱+パスポート受渡のため旅行代理店まで往復)、そして心理的な負担が相当大きいのです。「中国人観光客への観光ビザ取得条件が大幅に緩和」という見出しがいくら日本の新聞に踊っても、一般的な中国人にとって、日本はまだまだ近くて遠い国だと感じました。
コメント

Why MBA in China

2012-09-15 | 清華大学MBA
こんにちは、北京大学光華管理学院のKENです。

この週末は反日デモでどうも物騒なので外出は控え、
一日家にこもることにしました。

しかし、情報を得ようとNHKの国際放送を見ても、
どーでもいい番組やらドラマしかやっておらず、
ちょっとどうにかしてほしいものです。

さてWhy MBA、今日はこのあたりを書いてみます。

僕は元々新興国ビジネスに興味があり、スクールを
絞るにあたってのポイントは”新興国に強いMBA”
でした。

僕にとって新興国に強いとは、以下の通りで
その意味では、実は必ずしも中国である必要は
ありませんでした。
①スクールとして新興国に人的ネットワークを持つ
②研究者が豊富で情報アクセスが容易
③新興国・市場での高い評判
④学校生活を通じて全く違う価値観を体得出来る

そんな視点から辿り着いたのが
英国のLBS、Cambridge、シンガポール、香港、
そして中国大陸のMBAで、LBS出願を基準に
スコアメイクはしたものの、最終的には上記④と、
直結するスキル(中国語)を重視して、
中国大陸でのMBAを選択するに至りました。

じゃぁ、新興国=中国?って良く聞かれますが、
もちろん中国市場自体も面白いですが、僕の場合
はむしろ中国企業と協業しての次の新興国開拓に
関心を抱いています。

今更中国市場に勉強しに来ても遅いよーと言われる
こともしばしばですが、中国と一緒に世界の新興市場
に出ていく為に、いま、中国市場を理解し、種をまいて
おくことは重要だと思うんです。

と、そんな思いを胸に飛び込んだ中国MBA、初心を
忘れず頑張ります!
コメント

第7回 清華大学MBAコース Leon(男性)26歳 ビジネス界の「太子党」、人脈をフル活用して起業準備中

2012-06-06 | 清華大学MBA

こんにちは、清華大学MBAの河野仁です。

第7回目の今回は、父親が中国石油化工(時価総額中国5位)の役員(将来の社長候補らしい)、母親が北京市某区の副区長という中国人なら誰もが羨む家系に生まれ育ったLeon。
中国では何をするにしても人脈や家系というのが非常に大切なので、彼は中国人クラスメートからは羨望と嫉妬の的でもあります。
彼はそれをよく分かっているようで、それでも「せっかくある人脈なんだから、これを活かしてビジネスをやるんだ!」と言っていたのが印象的でした。

<プロフィール>
1985年北京市生まれの一人っ子。父親は時価総額中国No.5(2012年5月22日現在)の中国石油化工(シノペック)の華北地区(中国北部)副社長、母親は北京市某区の副区長。中国No.1高校との呼び声が高い北京师范大学附属实验中学(高校に相当)卒業後、北京邮电大学、中国电信(チャイナ・テレコム)を経て・・・

続きはこちらのリンク先から、ご覧下さい。
ということで第7回

河野仁


-------------------------------------------
※注意:こちらのブログ本文に掲載されている外部リンク先の著作権等については外部リンク先の版権所有権者の解釈に準じます。当協会(CMMA)は、外部リンク先の編集権を保有しません。また、本ブログ内容は当協会のメンバーの方のボランタリーに基づき公開されているものであり、積極的に当協会の総意に基づいたものとせず個人メンバーからの自由発言の場としております。(当協会メンバーの方の広義のご好意における個人発信となります。)
よりまして、当協会は本ブログ内容ならびに、外部リンク先の文書・イラスト・写真等の適正性・信頼性について一切の責任を負いかねますことを強くご了承願います。

本ブログ内容ならびに、外部リンク先についての問題点を発見された方は、当会事務局までお問い合わせください。http://cmma.biz/enq.html
-------------------------------------------
コメント

第6回 清華大学MBAコース Crystal(女性)26歳 清華高→清華大→清華大MBA→MIT→清華大教授!?

2012-05-22 | 清華大学MBA

こんにちは、清華大学MBAの河野仁です。

第6回目の今回は、一学期目の成績がダントツでNo.1だったCrystalにインタビューしました。
清華高→清華大→清華大MBA、将来は清華大学で教授をやりたい、という清華LOVEな女性です。
勉強だけじゃなくて、課外活動も積極的で、いつそんな時間があるんだ?と感心します。すごいなー、Crystal。

<プロフィール>1986年辽宁省葫芦岛市に一人娘として生まれる。父親は元海軍の连长(中隊長)で現在は北京市平谷区にある町の镇长(町長)、母親は会計事務所に勤務。清華大学附属高校、清華大学会計学科卒業後、4大会計事務所の一つ、アーンスト・アンド・ヤングを経て・・・

続きはこちらのリンク先から、ご覧下さい。
ということで第6回

河野仁


-------------------------------------------
※注意:こちらのブログ本文に掲載されている外部リンク先の著作権等については外部リンク先の版権所有権者の解釈に準じます。当協会(CMMA)は、外部リンク先の編集権を保有しません。また、本ブログ内容は当協会のメンバーの方のボランタリーに基づき公開されているものであり、積極的に当協会の総意に基づいたものとせず個人メンバーからの自由発言の場としております。(当協会メンバーの方の広義のご好意における個人発信となります。)
よりまして、当協会は本ブログ内容ならびに、外部リンク先の文書・イラスト・写真等の適正性・信頼性について一切の責任を負いかねますことを強くご了承願います。

本ブログ内容ならびに、外部リンク先についての問題点を発見された方は、当会事務局までお問い合わせください。http://cmma.biz/enq.html
-------------------------------------------
コメント