クラぶろぐ

つれづれ日記は、日々の出来事や心に映ったことを 工房日記はカスタムビルドの作業状況やそれらにまつわる話を中心に

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Double-Stick Tape

2008年06月04日 | MBT64

飾り巻きを巻く上で、今回は何時もと違う事を試しています。
それは表題にもある、両面テープを使う方法です。
普段はメンディングテープを小幅に切り出して、スレッドを止めていましたが、今回はその代わりに両面テープを使ってスレッドを止める方法を試してみました。

パターンはCustom Rod Thread Art 内でチュートリアルとして記載されてるSplit diamondです。



手元を探したら3種類の両面テープがあったので、全部を巻いてみて試したら、片面再剥離・片面強粘着ってタイプが一番良さそうだったんで、とりあえずそれを使ってみました。
スレッドを巻きつける時のテンションが強すぎると、テープの粘着力を越えてしまい、スレッドが外れる現象が何度か現れましたが、何本か巻き進めて行くうちに感覚も掴めて来たので、作業そのものはサクサク進みました。
今回はテストという事もあって、簡単なパターンで巻いた為、本数が多いものや、複雑なパターンのものでも通用するかは改めて検証する必要がありそうですが、総巻きにせずブランクの肌を見せるパターンで巻くシェブロンあたりなら通用するものと思われます。

この辺で巻き終えるか...総巻きにしてSplit diamondを強調するか...

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ラッピング | トップ | 久々更新 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
どんな感じですか? (魚花)
2008-06-04 23:06:06
私ももっぱらテープ小切り派ですが、
このやり方は気になっていました。

私の場合、スレッド巻いている時間よりも
隙間を詰めている時間の方が長いので、
スレッドを押してテンションが掛かった瞬間にパラパラッ・・・
てなことにならないかとちょっと心配です。
本数が多いと、貼り付ける面が少なくなってしまいそうですし。
反面、いちいちテープを切らなくてもよいから作業性はいいでしょうね。
・・・と、想像ですが、良い面と悪い面がありそうです。

ともあれ、果敢なトライ、乙です
意外に使えます (海苔屋)
2008-06-05 09:58:54
ここ数日間の感触としては、意外と使える感じです。
確かに、スレッドを張るときのテンションがある一線を越えると、パラッって逝きますんで注意は必要です。
4軸のSplit diamondをAスレッドを使って7セット目を巻いた所ですが、両面テープをらせん状に張った為、貼り付ける面積を稼げてるので何処に貼り付けようか悩むような状況にはなってません。

これから巻き目を揃える作業が中心になるんで、その時にどうなるか?こちらも興味津々ではあります。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

MBT64」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事