~おっさん歩日記~

旧ブログ名:PhotoBANC

旅日記
徘徊日記
など・・・

photoBANC公式ページ

2021年10月に注文したMacBook Pro M1 Maxが4か月以上経っても全然来ない件

2022-02-09 | 日記・エッセイ・コラム

Macbook Pro納期待ちの皆さんこんにちは。


やや出遅れて発売日に家電量販店にて注文したMacBook Pro M1 Max 16インチ(32GB/1TB)が4ヶ月半経っても全く納品されません。

 

1回目は「11/17になる」とのアナウンス。
2回目は11/17に「12/15になる」とのアナウンス。
3回目は12/15に「1/12になる」とのアナウンス。
4回目の1/12は「2/9になる」とのアナウンス。
5回目の今日(2/9)は「3/9になる」とのアナウンス。

もうさすがに堪忍袋の尾がぶちっ!


キャンセルしてやったぜぃ! ワイルドだろぅ?!



さようならオレのM1 Maxくん・・・



これからもMacBook Pro 13インチ 2015年モデルで生きていく!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

戦場カメラマンも推奨?Nikon Z9パーマセル活用術!(追記あり)

2022-02-03 | 日記・エッセイ・コラム

Z9ファンの皆さんこんにちは。

私のZ9は9月に納品される予定でしたが、先日手元に到着しました。(到着してしまいました。)

↓取り急ぎ、標題の動画を公開しましたのでご覧いただければ幸いです。
https://youtu.be/zfbSf6qjUQc




私は普段、娘のサッカーを撮影しているのですがZ9が来てからまだ、その機会が訪れておりません。

現在使用している一眼レフ機D5では秒間12コマの撮影が可能ですがキックのインパクトの瞬間などにおいて連写が足りてないな、ということがありました。

この点に関してZ9は20コマ/秒に向上していますので、どう変わったかを後日確認したいと思っています。

またZ9ではディープラーニング技術を用いた被写体検出を実現しているとのことで、こちらもどの程度まで有用なのか試してみたいです。


↓以下はニコンの公式ページにて紹介されている情報です。
Z 9 - 製品特長 | ミラーレスカメラ | ニコンイメージング (nikon-image.com)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

様々な被写体を確実に捉えるAF性能

静止画でも動画でも世界最多※1 9種類の被写体検出が可能【NEW】

多彩な被写体へのAFをサポートするため、Z 9はディープラーニング技術を用いて開発したアルゴリズムを搭載し、世界最多※1 9種類の被写体検出を実現※2。人物、犬、猫、鳥、車、バイク、自転車、列車、飛行機の検出が可能です。ポートレートやスポーツ、ペットをはじめとする動物、乗り物など幅広い撮影で、ピント合わせをカメラに任せ、構図やシャッターチャンスに集中できます。さらに、人物検出では従来よりも小さなサイズの瞳を検出してAF可能なため、撮影画像をトリミングして使用する際にも便利。ゴーグルやサングラス越し、顔が逆さまの状態でも瞳を検出します。また、体操の床運動選手が宙返りをして、AFが顔を見失うような激しい動きのあるシーンでも、自動的に頭部や胴体を検出してピントを合わせ続けます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

D5を使用したサッカー撮影でのAFはダイナミックAF25点が最適でした。
これは被写体を中央に収める機会が多いためです。

一方、ダイナミックAF51点ではエリアを広げているため野鳥撮影などに最適とされています。


このことから(予想ですが)サッカー撮影の場合、Z9でも全面エリアAFを使って被写体検出するのではなくAFエリアを絞ったモード(ダイナミックAF25点に相当するモード)でかつ、「人物」検出に絞り撮影したほうが良いのかな、と思っています。


少なくとも全面エリアで1 9種類の被写体検出を選択するのはやめた方がいいのかな、とも思います。

これは実践してみないと何とも言えませんね。

まさに試行錯誤です。

(追記)
----------------------------------------
ニコンの公式ページによると以下のような記載がありました。

「Z 9はダイナミックAFが進化しており、ピントを合わせる範囲をD6同等の[S]サイズだけでなく、[M]、[L]の3つから被写体の大きさに合わせて選択可能。シーンに合わせて設定を使いわけることで、サッカーやバスケットボールなどの決定的瞬間を撮影することができます。」

やはりダイナミックAFが適合しているようですね。
「D6同等の[S]」とありますが、これが25点でしょうか?
MとLもあるようなので、どのように使い分けるか、試してみたいと思います。
----------------------------------------



最後にZ9を購入した理由ですが、

・ミラーレス時代に乗り遅れた感のあるニコンを応援したいから

・D5でも十分だったけどZ9は電子シャッター機に特化して衝撃を受けたから

・子供の成長の記録をより良い道具を使用して「その瞬間」を残したいから

っとこんな感じでしょうか。


フラッグシップ機としてはバーゲンプライス、でも安いかと言えば誰でも簡単に買える値段ではありません。

かなり無理して購入しています。

それでも「沼」にハマった以上致し方のない事。


でも私の場合「カメラが好き」なのでは無いです。

あくまでも「写真が好き」だから、子供の成長を記録として残したいから。

なので機材に対する愛着もあまりありません。

Z9が好きなのではなくZ9でしか撮れないものがあるから。


撮影スタイルが変われば、おそらくZ9も500mmのレンズも不要になるでしょう。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする