まったり☆てぃ~たいむ

いくら寝ても眠いのは何故?(・ω・*)?

ゴッドハンド輝 Vol.6(最終話)

2009-05-17 21:04:12 | ドラマ

Vol.6(最終話) 『どんな命でも絶対救ってみせる!』




「一週間後に、ヴァルハラは俺と四瑛会のモノになる。」

そう言い、ケビンはお金をばら撒く。



岩永が倒れても患者から手が離せない輝たち。

岩永も気になるし、患者の血圧も上がらない。


「輝先生・・・機械ばっか見んな・・・」

「え? どうゆうことですか?」


前に岩永が言っていた言葉を思い出す輝。

「患者としっかり向き合うんだ。」



手術はなんとか終わり、

四瑛会がヴァルハラを狙っていると話す医師たち。

それを外で聞いている四宮。



四宮は院長に辞表を出す。

「四瑛会に戻ります。」


院長は四宮が戻っても乗っ取りがなくなる訳ではないと。

お前はここで患者と向き合っていればいいと引き止める。


突然 輝が入って来て、四宮を必死で引き止める。

輝との決着もまだついてないし、

輝も四宮もまだ1人前になってないと院長。


「出て行くなら1人前になってから出て行ってくれ。」


そう言い、四宮の辞表を破り捨てる。



輝に電話がかかって来る。

輝はKZ病院に移った患者のところへ。

医師が間違った処置をしようとして輝が止める。

怒鳴る輝の声が聞こえ西村と乃木がやって来る。


「輝先生・・・ここの病院はヴァルハラとは違う・・・」


ケビンが騒ぎを聞きつけやって来て、出て行けと。

患者を西村に託し病室を出て行く輝。



病院スタッフの子供がいなくなり探す片岡と母親。

輝も一緒に探すことに。

片岡も探そうとするもケビンに止められる。



母親が水の中で溺れている子供を見つける。

片岡とケビンが駆けつけた時、

看護師が心臓マッサージをしていた。

交代する片岡。

ケビンがもう1時間半経ってるから無理だと止める。



それでも心臓マッサージをやっていた片岡が手を止める。

そこへ輝がやって来て、心臓マッサージを始める。

西村、乃木もやって来た。

輝が必死で手助けを求めるもみんな動かない。


輝の必死の叫びに片岡が応える。

救急セットを持って来るよう指示。

西村や乃木も手伝いを始める。

それを見てケビンがみんなクビだと。

そこへ蓮もやって来た。


「戻って来い!! 剛~!!」


頑張る輝たちのお陰で息を吹き返す。


「バカな・・・そんなことは有り得ない・・・」とケビン。


「羊水の記憶ですよ。」

「ゴッドハンドか・・・」と蓮。



その時、ヴァルハラに大勢の怪我人が運ばれてると言われ、

慌てて戻る輝。

片岡もクビにしたいならすればいいと出て行く。



ヴァルハラは大勢の患者で手が足りない。

そこへ片岡、西村、乃木、令以子も駆けつける。

戻してくれと虫のいいことは言わないから、

今だけ手伝わせてくれと言う片岡。

しかし北見は耳を貸さない。

西村も輝に気付かされたと。


「おい! どこでサボっていたか知らないけど、

無駄口叩いてる暇はないぞ。働け!!」

と言う院長の言葉に、北見も指示を出す。



輝と四宮の手術を見てる院長と北見。

俺がいなくなっても大丈夫だろと。


「名前が代わろうがどうなろうが、

ヴァルハラの魂は生き続ける。そうだろ?

オレが蒔いた種は、もうしっかりと芽吹いてるもんな。」



翌朝、病院を去ろうとしてる院長の元にみんな集まる。

そこにケビンが現れ、ヴァルハラは取り壊すつもりだと。

「そこまで腐ってんのか~!」と院長。


そこへ皇が3億円を持って現れる。

「ヴァルハラは、オレ達家族にとって命の恩人なんです。

なくなってもらっては困る。」


「受け取ってくれ、院長!!」と、

いつの間にか患者さんたちも沢山集まって来ていた。


「受け取って下さい。院長!!

何よりも患者さんのために!!」


「ったくしょうがねえなあ~。

ヴァルハラはこっからだあ!!」


ケビンは出て行き、喜ぶ医師と患者たち。


「皇さん。ありがとうございます。」



KZ病院の実態が週刊誌に暴かれ、

ケビンは四瑛会に見捨てられる。



雨の中、胸を押さえ倒れるケビン。

「こんなところで死ぬのか?

ひとり寂しく死んで行くのか?」


幼い頃の記憶が蘇るケビン。

お金がないため、母親を救急車に乗せてもらえなかった。


遠くなった意識の中、輝が心臓マッサージをしていた。

「戻って来い!! 頼む!! 生きるんだ!!」



ヴァルハラでケビンの手術が始まる。

危なかったがなんとか手術は成功した。


目が覚めたケビンは、なんで自分を助けたのか聞く。

恩でも着せるつもりか?と。


「オレはあんたが嫌いだけど、

どんな人でも命は命なんです。

あなたが何度倒れても、

オレは何度でも助けてみせますから。」


外で聞いていた四宮。


「生意気なこと言っちゃって。

あなたって天才でも超人でもない。
 
ただのドジ輝。絶対的天運ってないよね。」


「ああ・・・ないと思うけど?」


四宮は輝との決着がついてないから、

ヴァルハラに残ると告げる。


そしてまた患者の元へ。




やっぱ皇だったか。

そうじゃないかと思ってた。

金持ちの患者だった人なんて、あの人くらいだもんね。



「無駄口叩いてる暇はない。」って言ってたのに、

手術を北見と見てるのがどうなの?って思ったけど(笑)

ま、あれは一通り手当ては終わって、

輝たちの手術を見てたってことなのかな?



しかし院長はかっこよかったわ~。

やっぱあんな上司は羨ましい。

給料安くたって働きたいよ。



ところで四瑛会はどうなったの?

ヴァルハラ狙ってるんでしょ?

なんか中途半端ね・・・



それより次のドラマね。

キムタクは別にどうでもいいけど、

ヒロくんが1クール振りに見れるわ~。

綾瀬はるかちゃんも出るし楽しみ♪



Vol.1 Vol.2 Vol.3 Vol.4 Vol.5


コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 発売日決定☆ | トップ | ザ・クイズショウ 第五話 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (BROOK)
2009-05-17 21:32:40
全てが中途半端・・・それがこのドラマの特徴でしたね。
結局、伏線を貼りつつも、回収されないまま終わってしまいました。

次回からスタートするドラマは大いに期待しています!
>BROOKさん (マカ)
2009-05-17 22:53:32
こんばんは。

中途半端でしたよね~(-_-;)
モヤモヤします。
次回からのドラマ、あたしも期待してます!!
予告見た感じでは面白そう。
こんばんは~♪ (さくらこ)
2009-05-18 20:53:48
やっと終わってくれてよかったなと

四瑛会はヴァルハラ狙ってるんですよ
六話で完結なのでお話的にも無理だった気がします
四瑛会入れないほうがよかったのでは

マカさんにはTB&コメントで大変お世話になりました
キムタクのドラマでもお世話になります^^
ヒロくんのために私は見ますよ~
>さくらこさん (マカ)
2009-05-18 22:00:20
こんばんは~。

四瑛会はヴァルハラ狙ってるんですよね。
そうですよね。
そこが中途半端になっちゃって微妙でした。

こちらこそ、さくらこさんにはお世話になりました。
TBの件ではgooがお世話掛けまして・・・
まだ無理ですか? 何故でしょう?

次のドラマでもお世話になります。
あたしもヒロくんのために見ますよ~(>艸<*)

コメントを投稿

ドラマ」カテゴリの最新記事

トラックバック

「ゴッドハンド輝」第6話(終) (日々“是”精進!)
  Vol.6「どんな命でも絶対救ってみせる!」(終)院長の安田との因縁から安田記念病院の乗っ取りを企てるKZ病院の経営者、ケビン。ある日、輝はKZ病院を動かしているのが梢の実家の四瑛会であることを知る。兄の蓮から話を聞き、自分が四瑛会へ戻れば乗っ取りを考え....