まったり☆てぃ~たいむ

いくら寝ても眠いのは何故?(・ω・*)?

遺跡発掘師は笑わない 縄文のニケ / 桑原水菜

2019-12-03 20:35:51 | 小説・その他本


   

数多くの縄文遺跡がある長野県諏訪地方。
若き天才発掘師・無量はその中の1つ、御座遺跡で発掘を行うことに。
だがそこで、過去に祖父が起こした遺物捏造事件の関係者・理恵と再会してしまう。
さらに、不気味な文様のついた土器片を発見するが、
その文様を見た理恵は“呪いのカエルだ”と激しく動揺し……!?

一方、縄文フェスティバルの準備を手伝っていた萌絵は諏訪大社で、
古代神を祀る新興宗教の一団と遭遇し、不穏なものを感じていた。
その新興宗教には無量の幼なじみ・忍の、
鳳雛学院時代の同級生も関わっているらしく──。
今度の舞台は信州、諏訪!






シリーズ第9弾。


相変わらず発掘現場で事件に巻き込まれてる。


新興宗教まで出てきて色んな要素が絡み合いまくり。


おまけにJKまで出てきてなんかイヤな気分に。


時計にGPSはやり過ぎだと思う。


無邪気に使ってる無量がなんだか心配になるわ。


で、毎回思うけど毎度危険な目に遭ってるのに何故ピンで動くんだ!


コメント   この記事についてブログを書く
« 2019年11月の読書メーター | トップ | レディ&オールドマン VOL.... »

コメントを投稿

小説・その他本」カテゴリの最新記事