まったり☆てぃ~たいむ

いくら寝ても眠いのは何故?(・ω・*)?

ヴァンパイア探偵 禁断の運命の血 / 喜多喜久

2019-10-10 20:35:14 | 小説・その他本


   

森に囲まれた紅森市は、昔から殺人事件が多いことで有名だ。
紅森署に勤める刑事の桃田遊馬は、日々、難事件と格闘している。
そんな彼が頼りにするのは、古い屋敷で血液の研究をしている幼なじみの天羽静也。
血液のスペシャリストである静也は、
遊馬が半ば強引に持ち込んでくる事件の血液分析を担当し、捜査に協力している。
華奢な長身に実験用の黒衣をまとった彼を人は”ヴァンパイア”と呼ぶが、
本人はその渾名をひどく嫌っている。

絞殺された大学教授と衣服に付いた血痕の謎。
同棲していた女を殺して逃亡中の男と巡査刺殺事件の謎。
バラバラ殺人と思われる”リストマン事件”と「運命の血」の謎。
殺された女性の首に残された痕と
監視カメラに映ったヴァンパイアのような風貌の人物の謎――

そして、ついに明かされる静也自身の”秘密”とは!?
イケメン刑事&ミステリアスな血液研究者の幼なじみコンビが
”血”を手がかりに難事件に挑むブラディ・ミステリー開幕!






面白い・・・気もするけどこの1冊だけではなんとも判断が難しい。


タイトルの割には静也よりも刑事の遊馬の方が目立ってたような?


遊馬とコンビの虎姫がちょっとめんどくさい。


あの独特のアレルギー設定は必要なのかしら?


そもそも虎姫はいなくても良かったと思う。


それよりこの作者の他の作品でもそうだけど、


何故ほんのりBL臭を漂わせるのか・・・


コメント   この記事についてブログを書く
« 時効警察 復活スペシャル | トップ | 台風がぁ~ »

コメントを投稿

小説・その他本」カテゴリの最新記事