まったり☆てぃ~たいむ

いくら寝ても眠いのは何故?(・ω・*)?

オルトロスの犬 最終話

2009-09-26 22:34:47 | ドラマ

最終話

『感動の最終回SP!

生か死か!

最後の死闘予測不能涙の衝撃ラスト』





竜崎は巽を治そうとするも、治さなくていいと言われる。

力を使わなくていいと言ってやれば・・・と。

巽は危篤状態になり、目を覚ました涼介が側に寄る。


「鬼の手は神の手を消し去れ・・・

それが・・・使命。

涼介、あいつを・・・救ってくれ。

救えるのはお前だけだ。」



涼介は竜崎を追いかけ、

「なんで治さなかった?

何故自分だけ治した。」と問い詰める。

しかし何も言わずに行ってしまう竜崎。


そこに近寄って来た沢村。


「竜崎は酷い男ですね。見殺しだ。

しかし巽さんも少しは報われたでしょう。

最期は身内の方に看取られた訳ですから。

巽さんはあなたの本当の父親ですよ。」


「何言ってんだよ。」


「竜崎はそれを知っていて治さなかった。

いや知っていたから治さなかった。」



千春が沢村に

「彼に兄弟だってことは教えなかったのね。

何を企んでいるの?」と。


沢村はあの爆発で竜崎が無傷だったことに驚く。

すると千春が、

「治したのよ、神の手で。

見ちゃったの。

竜崎は自分で自分を治せる。

治せないって言ってたのに。」


「神の手を持つ男を殺せるのは

悪魔の手を持つものしかいない。」



渚は爆発現場の遺留品は二宮に言われた通り鑑識へ。

二宮は竜崎が無事と聞きホッとする。

そして巽が竜崎の父で、

竜崎と涼介とは兄弟だと渚に教えた。



涼介は両親と話をする。

母親の孝子が涼介と

入水自殺しようとしていたのを見つけ止めた両親。

「あなたのお母さんに約束したのよ。

どんなことがあっても大事に育てるからって。」


大事に育ててもらったのに、

今はまだ気持ちの整理がつかないから

暫く一人で考えると言った涼介。



竜崎と一緒に正人がいる。

「さあ、最後のゲームを始めようか。」

竜崎をビデオで撮影する正人。



澪の前に現れる竜崎。

「ねえ、誰のお墓?」


「俺が大っ嫌いなヤツのお墓だ。」


澪は竜崎と握手して、

「ケンカしたらこうやって仲直りすんの。

分かった?」と。


竜崎が澪に力を使おうとした時、

渚に声をかけられ止まった。


渚は看護師から巽は自分の希望で

竜崎に治してもらわなかったことを聞き、

何故涼介に言わないのか、

兄弟なのに仲良くしないとと言う。

「お節介だ。」と竜崎。



遺留品の中から沢村の形跡を発見。

その時、竜崎の映像がTVに流れる。


「みなさん。

私は今後、この力を使うのをやめようと思います。

その前に希望する人全員を治したいと思います。

ただ一つだけ条件があります。

あなたは私に何をしてくれますか?

その答えを見つけて、ここに来て下さい。」



澪が入院する。

「澪にお別れを言いに来た。

澪に会うのもこれが最後だ。

だから最後に澪の病気治してやるよ。

いいこと教えてもらったお礼だ。」


「いい。治らなくていい。」


「澪の大切なものをもらおうなんて思っちゃいないよ。」


「そうじゃないの。

澪の代わりに翔太くんを治してあげて。」


「ママにそっくりだ。」


翔太を治そうとする竜崎に、


「僕もいい。代わりにハルキくんを治してあげて。」


と次々に譲り合う子供たち。

そして、子供たちは院内学級の

神谷先生を治してあげてと頼む。


望み通り先生を治してあげた竜崎。

そしてそこにいた子供たち全員も治した。


その様子を一部始終見ていた榊。


「大人の社会は力を奪い合う。

でも子供たちは、力を譲り合っている。」



沢村に色々吹き込まれていた涼介だったが、


「僕の手で殺せるのは竜崎だけじゃありません。

竜崎を殺すかどうかは自分で決めます。

でもその前にあなただ。」


沢村に手をかける涼介。

そこへ止めに入る渚。

涼介の力を使う必要はない、

沢村は爆破事件の犯人容疑で捕まえると言うが、

沢村はお前の力では無理だと言う。



沢村を本気で逮捕したいなら、

手をかさないこともないと渚に言う榊。

しかし渚は断り、自分の力で逮捕すると。



加奈母子に謝りに行く勝。

勝は自首することにしたと。

熊切は沢村を殺す気だったようだが、

それはあなたの役目ではないと涼介に言われる。



龍谷ダムへの道が封鎖され、

渚は二宮と秘密の道から行くことに。

警官に見つかると二宮が体を張って止める。


「早く行け!!

臣司を、臣司を助けてくれ。

お前に押しつけた罪は

俺が償うからって。」



沢村は銃を持って竜崎の見える場所で待つ。

竜崎の元へ行く涼介。


「待ってたよ、先生。

お前には2つの選択肢がある。

一つ。この場で俺を殺す。」


「もう一つは?」


「お前のその力を世界に知らしめ、

俺と共に神になる。

神は人に幸せな奇跡をもたらすだけじゃない。

時には残酷な罰を与える。

生を司る力。

死を司る力。

二つが揃ってこそ神の手。

世界を変えることが出来る。

しかし神となって世界を変えることは、

心を捨て非情になることだ。

俺たちはここから始まるのか。

それともここで終わるのか。

二つに一つだ。」


「神になるってことは、

人としての感情を捨てることか?

人を思いやる気持ちや誰かを愛すること、

親子や兄弟の絆も捨てるてことか?

もしそれが本当にお前がそれを望むなら、

俺はお前を殺す。」


竜崎の首に手を当てようとした時、銃声が鳴る。

渚だった。


「碧井さん、やめて!!

竜崎臣司はあなたの・・・」


「やめろ!!」


「でも。」


「知ってたよ。

あんたの愛は深すぎる。

全ては俺の為に・・・

あんた、俺の兄貴なんだろ?」


「分かってるならやめて。

どんな理由であっても、自分の兄弟を殺すなんて・・」


「兄弟だからです。

あんたは俺に、この力と向き合わせようとした。

人に利用されずに、生きてくすべを教えようとした。

特別な力を持ってしまったもう一人の人間として。

ただ一人の兄として。

これはあんたが俺に与える最後の試練。

いや、最後の望み。

だとしたら逃げる訳にはいかない。

この悪魔の手で、彼をこの世から葬り去る。」


竜崎の首に手を当てる涼介。

目を閉じる竜崎。

しかし出来ない。


「何を躊躇ってる。

早く俺を殺せ!!

分かってくれたんだろ?

俺の望みを理解してくれたんだろ?

俺の孤独を。

だったら安心して死ねる。

殺して俺を普通の人間に戻してくれ。」


その時、沢村が動く。


「なぜ殺さん?

この世に神は必要ない!!」


沢村が竜崎を撃ち、涼介が庇う。

涼介を治そうとする竜崎。


「治さなくてていい・・・

約束しただろ。俺にその力使うなよ。」


渚が沢村を撃つ。

「あなたの逮捕状が出ました。

榊大臣から電話をいただきました。」


「大臣が私を切った?」


沢村が竜崎を撃つ。

渚が沢村を蹴り手錠をかける。


2人共撃たれたのに力を使わない竜崎。


「約束したろ。使わないって。」


「バカなこと言ってんなよ。」


「同じ気持ちだ。

さっきのお前と。やっと分かり合えた。

小さい頃、俺の孤独を救ってくれたのは、

母さんとお前の笑顔だけだった。

あの頃に帰りたい・・・

涼介、お願いだ。

お前の力で早く俺を楽にしてくれ。

もう終わりにしたいんだ。」


竜崎が涼介を治し、

涼介が竜崎の首に手をかける。


「兄貴・・・」


竜崎がダムに落ち、手を掴む涼介。


「放せ。」


「何言ってるんだよ。

やっと分かり合えたんだろ。

2人なら生きていける。」


竜崎も手を握るが、2人共ダムへ落ちてしまう。


「お前の力で死にたい。

伝説通りに・・・」


竜崎の手を握り、涼介は力を・・・



一年後。



涼介は生きていて、先生に戻っていた。

渚が涼介を訪ねる。


「竜崎のことだけど、

龍谷ダムから彼の遺体見つからなかった。

あなたは伝説通り彼を?」


「あの伝説は間違っていたんじゃないかって

今は思います。

鬼の手が神の手を消し去る。

それは僕が兄を殺すという意味じゃなくて、

僕が兄の力を消し去るって意味なんじゃないかって。」



帰り道、捨て犬に声をかける涼介。

「ゴメンな。いい人に拾ってもらえよ。」と。


涼介とすれ違う竜崎が犬に気づく。


「怪我してんのか。」


手を当てるが治さない。


「うち来るか。手当てしてやんぞ。」


と犬を連れて行く竜崎。





で?

何さ?


あんな近く通ったのに、

2人して全く気づかないの?

2人は力がなくなって、

普通に生活してるってことでいいの?


よく分からない。

そして最後までアニメつけやがって・・・

結局、沢村だけが悪いヤツだった。



第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

第8話


コメント (4)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 腰痛が・・・ | トップ | ファイブ 12巻 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (お気楽)
2009-09-27 00:58:04
ほんと意味が分からないよね。
1年も竜崎がどこにいたのか?なんで逃げ回ってのか?
治してもらえると思ってダムに集まった患者さんが一番の被害者でしたね。
おはようございます。 (BROOK)
2009-09-27 06:04:40
あのラスト・・・正直微妙でした。
あんなに近くにいるのに、なぜ気付かないのでしょう?
思わずつっこんでしまいました(苦笑)


そうそう、誤って違う記事のTBを送信してしまいました。
お手数をおかけしますが、削除をお願い致します。
>お気楽さん (マカ)
2009-09-27 17:51:56
意味分かんなかったですよね。
ホント、集まった患者さんたちが
1番の被害者ですね。
期待持たせておいてあれじゃ~ね・・・
>BROOKさん (マカ)
2009-09-27 17:52:50
こんばんは。
ラスト微妙でしたよね。
あの距離にいたら普通気づきますよね~。
TB了解しました。

コメントを投稿

ドラマ」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

オルトロスの犬 最終回 (水川あさみさん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆水川あさみさん(のつもり) 水川あさみさんは、TBS系列で毎週金曜よる10時から放送されていた連続ドラマ『オルトロスの犬』に長谷部渚 役で出演しました。 昨日は第9話が放送されました。 ●あらすじと感想
オルトロスの犬 最終話 「感動の最終回SP!生か死か!最後の死闘予測不能涙の衝撃ラスト」 (電視劇的随便日記)
竜崎(滝沢秀明)「俺が治す。気が散るから出て行け。」 治されることを拒む巽(平田満)。「早く、止めればよかった。簡単なことだった。力を使わなくていい。お前にそう言ってやれば・・・。」
「オルトロスの犬」最終話 (日々“是”精進!)
  2010年01月27日発売オルトロスの犬 DVD-BOX最終話「望み」沢村の策略で爆発に巻き込まれた竜崎と碧井、巽の3人は病院に運ばれる。竜崎は巽を治さず、瀕死の巽は碧井に竜崎を救えるのは碧井だけだと告げ、死亡する。碧井は巽の言葉の意味を図りかねるが、巽が実の父...
オルトロスの犬 第9話「感動の最終回SP! 生か死か!神と悪魔の真実… 衝撃!涙のラスト」(最終回) (空色きゃんでぃ)
神の手と悪魔の手は兄弟。 「鬼の手は神の手を消し去る それが使命・・・」 悲劇の兄弟の運命は・・・!? あいつを救ってくれ。 そ...