まったり☆てぃ~たいむ

いくら寝ても眠いのは何故?(・ω・*)?

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 第9話

2020-03-10 20:21:42 | ドラマ


第9話

佐島(佐藤二朗)は、8年前のコアラ男誘拐事件は自作自演で、
哲也(田中圭)を殺したのも自分だと告白する映像を残していた。
その映像が報道され、哲也の無実が明らかになったはずだった。
直輝(横浜流星)は神代(要潤)から
「復讐が終わったらミスパンダの正体を教えてくれる約束だろ?」と言われる。
神代に対して「まだ終わってないんです」と答える直輝。
彼は、佐島が何かを隠そうとしていたことを見抜いていた。

佐島が自分の命と引き換えにしてまで隠したかったこととは、一体何なのか?
直輝には、まだ解かなければならない大きな謎があった。

【公式HPより引用】





佐島は死んでなかったのか。


まぁ、今後のことを考えれば直輝にとってはそっちの方がいいか。


コアラ男は佐島の息子だった。


この息子は怪しいと思ってたから「あ~」って程度だったけどね。


ただこの息子を動かしてたのは妹あずさだったのがちょっとビックリ。


兄妹で何してんだって感じですよ。


昔の誘拐事件も2人が仕組んだことだったとかヤバすぎるね。


佐島も自分の子供が仕組んでたとは知らなかったみたいだけど、


子供を守るためにその事実を隠蔽って・・・


直輝父を殺したのもあずさが兄にやらせてた。


なのに直輝にこれから一緒にいようとか言いやがって、


こいつの頭は激ヤバだなって思ったわ。


いるわけねーだろっ!! 一生1人でいろ!!


直輝は父からは復讐するなと言われていたけど許せなくてあずさを刺そうとしたら、


リコが身を挺して止めに入った。


さて、最終話はどうするのかね。


佐島は真実を告白するのかな。ってかしなきゃダメだろう。





第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 

第8話 


コメント   この記事についてブログを書く
« 2019-20リーガエスパニョーラ... | トップ | 黒執事 XXIX (29巻) »

コメントを投稿

ドラマ」カテゴリの最新記事