オリオン村

千葉ロッテと日本史好きの千葉県民のブログです
since 2007.4.16

山内一弘氏が逝く

2009-02-05 22:37:13 | 千葉ロッテ

 

選手としてはミスターオリオンズとして背番号8を球団の顔に昇華させ、監督としても2度のリーグ制覇(前期)を果たした山内一弘氏が、2日に亡くなっていたとの報道がありました。
ミサイル打線の核としてオリオンズの伝説となっている山内氏の逝去は、プレーを見たことがない私としても衝撃であり、非常に悲しく思います。

昭和の大打者、山内一弘氏が死去 (2/5 日刊スポーツ)

プロ野球往年の強打の外野手で、中日とロッテで監督を務めた山内一弘氏が2日午後7時26分、肝不全のため、東京都内の病院で死去していたことが5日、分かった。
76歳だった。
愛知県出身。
自宅は非公表。
近親者で密葬を済ませた。
愛知・起工高から社会人を経て、1952年に毎日(現ロッテ)に入団。
54年から2年連続打点王を獲得するなど巧みなバットコントロールで「シュート打ちの名人」「打撃の職人」と呼ばれ「ミサイル打線」の中心打者として活躍した。
60年には本塁打王、打点王の2冠に輝き、最高殊勲選手(現最優秀選手=MVP)にも選ばれた。
64年には、ともにチームの中核だった小山正明氏との「世紀のトレード」で阪神に移籍し、70年に広島で現役を終えた。
プロ19年間の通算成績は打率2割9分5厘、396本塁打、1286打点。
首位打者1度、本塁打王2度、打点王4度の実績を残したほか、通算300本塁打を最初に達成。
16度出場したオールスターでも大活躍して「オールスター男」と言われた。
ベストナインにも10度選ばれた。
指導者としても評価が高く、引退後は巨人、阪神の打撃コーチを務め、ロッテと中日で各3シーズンずつ指揮を執った。
監督通算成績は336勝313敗。
2002年に野球殿堂入りを果たした。

一昨年の千葉マリンでの開幕戦に始球式で登場した山内氏でしたが、体が三回りほども小さくなっており、歩くのも覚束ないぐらいの衰えが見られ、かなり心配をしていました。
始球式のボールも数メートルしか投げられず、マウンドから降りる際もバレンタイン監督に支えられるようにしていたことを覚えています。
記事にあるWBCでの始球式の写真はその前年ですから、一気に病気が進行したのかもしれません。

私が本格的にロッテの試合を球場に見に行くようになったのが、山内氏が監督を務めていた頃でした。
落合、リー兄弟、有藤など、かつてのミサイル打線に匹敵するような強力打線を引っさげて2年連続の前期制覇を果たし、残念ながらプレーオフで敗れたために日本シリーズへの出場は成りませんでしたが、久しぶりに強いロッテを見せてくれました。

OBとしてロッテの行く末を心配してくれていたと思いますので、山内氏が安らかに眠れるような戦いをロッテナインがしてくれればと思います。
ご冥福をお祈りいたします。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« まずは香月 | トップ | トリプルYUの陰で泣く男 »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これで二人めですね。 (NO39かずくん)
2009-02-05 23:24:44
稲尾氏、山内氏と二人めですね。音信不通の過去にロッテのOB達はどうしているのかな。成田氏はどうしてるの?
山内さん (カズワン)
2009-02-05 23:25:56
こんばんは。
当時のスタンドの風景がセピア色の写真となって今でも脳裏に焼きついています。
山内さんのおかげでロッテが好きになりましたし、こころからロッテという球団を応援できるようになりました。
オリオン様のブログに、そしてオリオン様に感謝申し上げます。山内さんのご冥福をお祈りします。


ご冥福 (放浪カモメ)
2009-02-05 23:35:34
山内一弘氏といえば、ロッテ、中日共に監督としての印象が強いですね。個人成績としても、オリオンズ時代が一番華やいだ成績だったように記憶しております。プロ野球ファンであれば、誰しも名前は存じているはずだと思われる程、選手としても監督としても数々の殊勝を野球史に残された方だけに、残念に思えてなりません。

しかしながら、晩年は古巣のロッテが名実ともに少しずつ上向きになり、野球界を盛り上げるようになった事を、さぞかしご本人としても喜ばれた事と存じます。選手、監督・フロントは是非とも発奮し、強きロッテを引き継いで欲しいと思います。

心よりご冥福をお祈りいたします。
Unknown (富山マリン)
2009-02-05 23:52:29
亡くなったんですか…まだ76歳だったんですね…。
山内氏については現役時代は勿論、ロッテ監督時代も記憶がないですが、中日監督時代以降はよく覚えてます。
オリックスのヘッドコーチ時代に「イチローと馬が合わなかったの人」のイメージが強いですけどね(苦笑)
私も千葉マリンの始球式の際の姿を見て、これがあの山内氏かと元気だった頃を見てただけに驚きました。

ご冥福をお祈り致します。
始球式の姿に涙 (マー君)
2009-02-06 00:42:53
山内さんが始球式にきたときに、あまりの姿に涙して
しまった。同じような年の金ヤンと比べても
毎日オリオンズで活躍した人もそろそろ鬼籍に入る
時代になったということで、年をとったことを実感
2回目の優勝は果たして生きているうちにやってくるのかな?
Unknown (Unknown)
2009-02-06 21:40:31
山内監督の時が強かったね。庄司弘田リーレオン落合有藤水上村田仁科とかね。張本や袴田もいたなー。川崎はよかった!
悲しい知らせでした。 (マリン星座)
2009-02-06 23:46:03
山内は毎日新聞スポーツ欄とラジオ中継だけ
の思い出ですが、凄い選手でした。
シュート打ちの名人、打撃の職人、二塁打王
など有名ですが、同時に強肩でないが返球の
正確さも語り継がれて欲しいものです。

ところで、

別当、山内、落合、有藤、の次に誰を挙げたら
良いのでしょうか?

お返事 (オリオン)
2009-02-07 00:54:04
>NO39かずくんさん
今年に入ってからは江藤慎一氏も亡くなっていますし、昭和の時代が歴史に変わりつつあることを実感してしまうような悲しい出来事が続きます。

>カズワンさん
私が本格的に野球観戦を始めたのが川崎球場であり、そして山内監督でした。
相手が子供だからと気を使ってか、色紙を差し出した私の期待を裏切る寄せ書き風の小さなサイン、今ではいい思い出となっています。

>放浪カモメさん
マリーンズという名前も悪くはないのですが、やはり私にとってはオリオンズが強いイメージとして焼き付いています。
そのオリオンズの代表的な打者であった山内氏の逝去は一時代の終わりを感じさせられます。

>富山マリンさん
落合もルーキーのキャンプで山内監督と金田正一氏が「あのフォームじゃダメだ」と話していて、実際に打てなくて2軍に落とされたことを印象深く語っていました。
しかしその落合を引き上げて使ったのも山内監督でしたし、落合にとっての最初の師は山内監督なのでしょう。

>マー君さん
そもそも日本一を死ぬまで見られるかが話題でしたから、2回目を望むのが贅沢なのかもしれません(苦笑)
前年のWBCでの始球式とは別人のように小さな体で登場した姿を見て、ビックリしたとともに悲しくなり、そして心配をしたファンが多かったことと思います。
残念ながら今年の戦いぶりを見てもらうことは出来なくなりましたが、2005年の日本一を見てもらえたことはよかったと思います。

>Unknownさん
決して常勝球団という強さはありませんでしたが、野武士集団のような荒々しさと言いますか、たくましさがありましたね。

>マリン星座さん
私は選手としてのプレーを見たことはないのですが、オールスター男として派手な試合では無類の強さを見せる逸話はよく聞かされました。
18年の現役生活で16度のオールスター出場という出場率が、そのお祭り男ぶりを表していると思います。

有藤の次は・・・やはり初芝でしょうか。
単年の成績や印象度は敵いませんが、それも時代背景によるものもありますし、長年チームを支えたこと、チームに与えた明るいキャラクターでファンに愛されたことを考えれば、古いファンの方には納得がいかない面も多々あるでしょうが、初芝も語り継がれるだけの存在であったと思います。
是非ともその系譜を今江に継いでもらいたい、そう思っています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

4 トラックバック

【訃報】山内一弘さん (いすみマリーンズ)
プロ野球の毎日と大毎(現ロッテ)などで強打者として活躍し、ロッテと中日で監督を務
カッパエビセン (だいすけの即興即席Blog)
 山内一弘氏が死去していたことが、5日発表された。 ご逝去されたのは2月2日だったそうだ。  オリオンズ→マリーンズの背番号8を最初に印象付けた のが彼。大毎オリオンズの4番打者で、ミサイル打線の 中核を担い、60年のリーグ優勝に大きく貢献した...
私のロッテ始め (日々の活動記録、つーことで。)
寂しいニュースが入ってきました。 よくよく考えてみたら、私がロッテを見はじめた頃の監督さんだったんですね・・カネやんよりも山内さんの印象の方が強いですもの。そうそう、あの頃は結構強かったんですよね、前期優勝でパレードしたというのは山内さんが監督の時では...
山内一弘氏が死去~昭和の大打者~ (虎哲徒然日記)
プロ野球の強打者で中日、ロッテの監督を務めた山内一弘(やまうち・かずひろ)さんが2日に肝不全で死去していたことが5日、分かった。76歳だった。 愛知県出身。愛知県立起(おこし)工高から社会人野球の川島紡績を経て52年に毎日(のちに大毎、現・ロッテ)に入...