オリオン村

千葉ロッテと日本史好きの千葉県民のブログです
since 2007.4.16

吉井コーチは朗報

2018-11-02 01:28:32 | 千葉ロッテ

来季の組閣が発表となりました。
目玉はやはり一軍投手担当となる吉井コーチで、名伯楽としてパシフィックでは佐藤か吉井かと並び称されるほどにその手腕は高く評価をされているだけに、期待いっぱいです。
利かん気が強い性格なのか前回の日本ハムのときには栗山監督との確執が噂され、またソフトバンクのときには僅か一年で三軍への配置転換は工藤監督と合わなかったと囁かれ、そして二度目の日本ハムもまた「日本ハムは新しい道を進むと言っていた」との理由ですから確執が再燃をしたのか、そこが不安材料ではあります。
ただ井口監督がまた投手陣のことを丸投げするつもりであれば吉井コーチははまるような、まずはどういった方針を打ち出すかを楽しみに待ちましょう。

吉井理人氏が1軍投手コーチに (11/1 日刊スポーツ)

ロッテは1日、来季のコーチング・スタッフを以下の通り、発表した。

【1軍】
監督=井口資仁
ヘッドコーチ=鳥越裕介
投手コーチ=吉井理人、川越英隆
バッテリーコーチ=清水将海
打撃コーチ=大村巌、河野亮
内野守備走塁コーチ=根元俊一
外野守備走塁コーチ=大塚明
戦略コーチ兼バッテリーコーチ補佐=的場直樹
コンディショニングディレクター兼育成統括=楠貴彦
ストレングスコーチ=根本淳平

 【2軍】
監督=今岡真訪
投手コーチ=小野晋吾、清水直行、大隣憲司
バッテリーコーチ=金沢岳
打撃コーチ=堀幸一、福浦和也(選手兼任)
内野守備走塁コーチ=小坂誠
外野守備走塁コーチ=諸積兼司
ストレングスコーチ=菊地大祐

1位でのリーグ優勝はまだ前後期制のあった1974年を最後に40年以上もご無沙汰なのですが、それに一番近づいたのが2007年でした。
日本ハムとのゲーム差は2.0で、そしてこの年の6月にトレードで移籍をしてきたのが吉井、大方の予想どおりに4度の先発で3敗、防御率13.14と足を引っ張ってしまったのはしかしこれは使った方が悪い、そもそもが移籍前にロッテを相手に大炎上しているのを見ているのに先発として使い続けたバレンタイン監督の失態でしょう。
ただ結果的に吉井が好投をしていれば、あるいは他の投手を使っていれば悲願が達成できていたかもしれないだけに、吉井コーチには「現役最後に所属をしたチームなので、いつかお世話になったチームにコーチとして戻ってきたいという想いがありました」とファンの心をくすぐるコメントに期待をして、そしてその恩返しをお願いしたいです。
栗山監督とは中継ぎの酷使について投手陣を守る姿勢で対立したとの話もありましたから、松永が左肩の不調で侍ジャパンを辞退したようですし、その面での改革も待っています。

また気になるのは来季のコーチ兼任は無い、とも報じられていた福浦が二軍打撃担当に配された人事で、今季もベンチ入りコーチ枠があふれることでその肩書きが途中で外れましたが、機関紙が報ずるところでは来季も一軍に昇格をしたら外す、二軍に落ちたら戻す、とその都度のやりくりをするとのこと、ちょっと馬鹿げています。
球団の期待ほどには機能をしていない堀コーチの一人体制には不安が強かったものの、これではサブローコースで現役最終年を過ごさせると宣言をされたも同然でしょう。
さすがにそこまで露骨にするとあれなので申し訳程度の一軍はあるかもしれませんが、福浦に会うには幕張よりも浦和に行く方がよさそうです。
その処遇は蓋を開けてみなければ分からないところはあるものの、しかし福浦が一軍にいればいたで二軍の打撃指導が心配にもなり、また二軍にいればいたで引退試合だけのための現役続行かと哀しくもなり、二軍にあともう一人、例えば池山あたりを引っ張ってこれなかったのかなと、残念至極です。



一日一クリック応援をお願いします

ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   この記事についてブログを書く
« 地獄(当社比)の秋季キャン... | トップ | 2018年通信簿 2 根元俊一 »

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
朗報ですね (ごっつ)
2018-11-02 02:21:21
コーチ経験が少ない人は余裕がないですから、
吉井みたいなベテランは安心できます。
渡り鳥だけに何かしらの問題を抱えているかもしれず、
それでも退団すればオファーがあり続けるのは評価があるのでしょう。
先発もリリーフも、
セもパも、
日本もメジャーも、
まあ経験は豊富です。

それはさておき、
河野亮とか根元が一軍コーチ?
根元の内野守備に比べたら今の現役の方がうまいよな、とか思っちゃいます。
福浦の本拠地は二軍なんですかね。
選手として一軍に常駐しないのが前提なら、
現役続行の意味がわかりません。
いいね、外様 (頑張れ福浦)
2018-11-02 03:09:10
まあ、吉井さんはロッテのOBなんですけど、たいして選手として在籍してませんから、イメージとしては外様です、外部の風をもっと入れていかないと、同じ状態が続いて変化は起こらないでしょう、オリオンさんが言われたブンブン丸池山いいですね、だめならデーブ大久保でもどうですか?とにかく、おもいっきり振る事を教えてくれるコーチを募集です!
吉井はん、ようきたな。 (ひふみんJAPAN)
2018-11-02 07:42:03
日本ハムへの「にらみ」的な意味でもね。

最近はリーグ内のコーチ移動もハゲしく、そこは紳士協定、暗黙のルールもあるでしょうから、
筒抜けまではいかんのでしょうが。

ならば、ジョニーでもいいはずなんだけど。
球団内部の受けが悪いとしか、考えられませんね。

吉井はんに期待しましょう。
朗報 (宮崎オリオンズ)
2018-11-02 08:39:29
一気にコーチ陣が締まった感があるね。
権藤を希望してましたけど、受け継いでいる所もあるでしょうから、楽しみですね。
若手にとっては、この出会いが切っ掛けになることを、期待しています。
Unknown (たけ)
2018-11-02 11:59:15
堀は選手時代大好きな選手でしたが、コーチとしては疑問ですね。むしろ監督にしてしまえばよいのにと思います。天才肌ですので。
さて、投手コーチですが、5人も必要でしょうか?
川越、大隣は不要。打撃コーチ1.2軍に左右のコーチが必要なのでは?
平井あたりコーチとして戻ってきませんかね?
Unknown (関西人)
2018-11-02 12:41:50
先週火水木と宮崎のフェニックスリーグに行って来まして、大隣が精力的にブルペンにずっと付きっきり、適度にアドバイスも飛ばしているのを見て、ひとまず安心。小野晋吾も時折ベンチから出てきて大隣と会話を交わしていましたので、この2人に任せておけば大丈夫な気がします。
さて、おっしゃる2軍の打撃コーチも懸案ですが、鴨川あるいは来春のキャンプ期間だけでもいいので、川相に臨時コーチを頼んで、徹底的にバントを鍛えてもらえないですかな。この人、現役続けたくて移籍したくらいですから、巨人にこだわらず、頼めば来てくれると思うんですが。(祈)
意外 (オブ)
2018-11-02 16:06:14
吉井コーチ招聘は誰の判断かはわかりませんが、よい人事、補強と思いますね。半面、よくとったなと意外感があります。日ハム時代の起用からは合理的な起用をする(「無茶使いはしないだろうな。」)イメージが湧きます。技術指導というより投手陣全体のマネージが狙いですかね。ただあくまでも印象ですが、井口監督の野球観とは合わないのではとも感じています。実力が発揮できるかどうかも巡り合わせ、特に上司との相性が重要ですからね。吉井さんは一家言あるタイプですし、年齢やキャリアもベンチ内では一番上ですからね。なかなか扱いが難しいとは思います。異なる考えを受容できるか、上手く意思疏通を図り、権限委譲ができるかどうか監督の度量が試される人事でもありますね。
もっといいOBがいるでしょ (大垣のロッテファン)
2018-11-02 19:01:12
サブローとか里崎はコーチやってくれんのかなぁ。なんでオフアーせんのやろ。サブローなんかは長打も打てるし、配球の読みもうまく、遊びも知っているのでいい指導者になると思うのだが・・・。
打撃コーチが…… (幕張の翼)
2018-11-02 22:12:45
(あれだけ打てないのに)大村、河野ってねぇ~(-_-;)
以前言った田代はDeNAにとられちまったしなぁ(泣)
まぁ、吉井投手コーチが実現しただけ良しとしますかね(^_^)v
器の大きさ (doushitakoushita)
2018-11-02 22:57:07
吉井コーチの能力はみんな認めているのに頻繁にチームが変わるのはどこかで軋轢を生むからでしょう。

以前NHKの球辞苑に吉井が出たとき、"すっとこどっこいの" 野手のコーチと意見が合わずにもめた話しを面白おかしくしていましたが、チームを強くしようと思えばそのくらいの意見対立は当然起こるでしょう。上の顔色だけうかがっていて意見対立が起きないような組織はダメです。

きのうの日本シリーズの勝利監督インタビューで、工藤監督は自分が継投をミスしてリリーフに迷惑をかけたという意味のことを言っていました。間違いは当然起こるわけで、それを間違いじゃないと言い張る、あるいは話題にしないような組織はこれもまたダメです。公開の場で部下であるピッチャーに敬語を使うのはどうかと思いましたが、自分のミスを公にする工藤監督はやるなと思って見ていました。

オリオンさんは今シーズンの途中から監督インタビューで井口監督が選手を悪く言うのはどうかという意味のことを何度か書いてらっしゃいましたが、まさにそのあたりが井口監督の器の大きさが問われるところです。すべてを井口監督に求めるのではなく、鳥越コーチの存在意義を示すところとも言える。吉井コーチにはぜひうまく使われて良さを活かしてほしいと思っています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。