オリオン村

千葉ロッテと日本史好きの千葉県民のブログです
since 2007.4.16

強気の代償

2018-08-08 11:46:36 | 千葉ロッテ

かなりな雨粒と風に試合開始早々の中断など五回を終わったところで21時を過ぎて行き帰りにもたっぷりと雨を浴びてぐったりだったのでバタンキュー、起きてみれば外は曇り空でまさか今日も試合があるのか、と怯えましたが台風接近で既に中止が発表となっていました、早めの判断に先日に続いてのGJ、ちょっとしんどかったので助かりました。
それはさておき成功をしていれば称えられたのでしょうから結果からどうこう言うつもりもありませんが、自分であれば間違いなくバントの指示を出したであろうところでの強攻策が裏目に出ての四回、そして九回の攻撃は終わってみればほとんどチャンスの無かった試合でしたのでもどかしさはあります。
雨がかなり強くなって試合成立が危ぶまれた四回は確実に勝ち越しをしておきたかったですし、九回は追いつかなければならない最後の最後、いずれも次の打者が意外にも得点圏打率は.269とさして悪くはないもののチャンスに弱いイメージがある鈴木だからということもないでしょうが、「しっかり繋がないと」とは天に唾する言葉にも聞こえてしまいます。
その鈴木は決勝点となった松田のタイムリーはスタンドで見ていたときには捕れたのでは、とは思いましたが帰ってきてから見てみればさすがに無理だったか、ただ飛びついたその下を打球が抜けていたようにも見えたのが残念ではあり、セカンドやショートとは違って止めさえすれば、のサードの守りにはまだなっていないかな、と思わないでもありません。
体の横で打球を捕ろうとする癖が抜けないのもそう、度重なるコンバートは気の毒ですしプロではずっと二遊間でしたので大変でしょうが大学のときの本職はサード、いけるはずです。
復帰に一ヶ月はかかるとの報道のあった石川は本当に捻挫なのか、実は右肩の状態が重症でそれを隠すためのものではないのか、との疑いはありつつもその大穴を埋めるべく期待された酒居は「攻めていない」と評されていましたがボール自体はまずまず、悪コンディションで足元が緩かったせいかボールが上ずり気味だったので評価は次回に持ち越します。
プロ初黒星を喫した岩下も二死からの四球、やはり浮き気味のストレートといい勉強になっただろうと前向きに、ストレートの威力は魅せてくれましたから気に病む必要はありません。
ビハインドの八回に益田でしたので早すぎるように思える内はそのまま守護神に戻るのでしょうが、同点で登板をして致命傷にならずによかったと、こちらも前向きに考えます。



一日一クリック応援をお願いします

  1 2 3 4 5 6 7 8 9

ソフトバンク

0 0 2 0 0 0 1 0 0 3 10 1

千葉ロッテ

0 2 0 0 0 0 0 0 0 2 5 0

◆8月7日(火) 千葉ロッテ−ソフトバンク13回戦(ソフトバンク7勝5敗1分、18時18分、ZOZOマリン、25,701人)
▽勝 石川 22試合9勝6敗
▽S 森 42試合1勝3敗19S
▽敗 岩下 5試合1敗
▽本塁打 井上19号(東浜)、角中4号(東浜)、デスパイネ23号(酒居)

▽バッテリー
千葉ロッテ 酒居、唐川、岩下、益田、松永、大谷—田村
ソフトバンク 東浜、石川、加治屋、森—甲斐、高谷

ジャンル:
ウェブログ
コメント (15)   この記事についてブログを書く
« また台風がやってくる | トップ | 狙えるときに狙っちゃおう »

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
何とも気の入らない試合 (463)
2018-08-08 11:47:47
ロッテ選手にガツガツしたヤル気の感じられない試合でした。石川といい酒居といい、見ていて力が抜ける。後ろがひどいのに先発までもがこれじゃねぇ。パ相手に借金6。まだまだAクラスの実力は無いな。岩下ツーアウトからの失点がもったいないが、これも勉強。つぎ頑張れ!試合は負けてしまったけど、久々に井上のホームランが見られてよかった。
あれは防げた (頑張れ福浦)
2018-08-08 12:41:20
デスパイネのツーランは毎度毎度で、勝負する必要の 無い、ファーボールでオッケイ、ホームランが絶対ダメの場面に、もうベースの辺りにボールが行った瞬間に声が出てました。
こんな場面を何回も見ているですけど、田村ももう少しオーバーに外す構えをお願いします。
酒居には、いっぱいいっぱいで、考える余裕が無かったかも。
岩下は良いですね、いろいろ経験する事で更にグレードアップしてきてます。
フォークが使いこなせればもう完璧じゃないですか。
Unknown (tek9)
2018-08-08 12:51:13
2者連続ホームランなど我がマリーンズではそうそう見れるものではなく喜んだのも束の間、東浜を捕えきれず、石川にあっさり抑えられた時点で流れが決まりましたね。
ストライク先行のあちらに対してマリーンズ投手陣は誰もがボール先行、攻撃は淡白であっという間に終わり守備の時間は長くいつもの弱いマリーンズです。
せっかく多くの子供たちを招待していて荒天で逆転勝ちともなれば素晴らしい思い出にもなったでしょうに、ソフトバンクファン育成に一役買ってます。
打線は一時の繋がりが無くなってしまいましたし、リリーフ投手陣では岩下以外期待感がありません。
失点はしてしまいましたが岩下はしっかり使い続けて欲しいですね。
速いだけでは (ごっつ)
2018-08-08 12:56:11
唐川と岩下の妙と言いますか。
速球はウケがいいんです。
でも、この世界は芯を外さなきゃいけませんので。
制球できない、空振り取れないストレートはなんぼ速くても、という気はしますね。
普通のことができない (ジャナサン)
2018-08-08 13:06:03
現地でした。私も岩下村長さんと同意見です。9回裏は普通どの球団でも、加藤にバントじゃないのか?まさか、三振ゲッツーとはナサケナイ。加藤がバントできなけれぱ、三木を出すとか、選択はあった。どうも井口は野球脳が低いです。同点にしても、そのあと、内、阿部、チェンならどこかで失点してたでしょうけど(笑)
2死満塁で伊志嶺に代打福浦の手もあったのに。
岩下はいつも、ボールが高い、唐川は球速遅いので中継ぎは無理でしょう。
スコアボードみたときに、ホームラン20本以上がソフトバンクに3人、ロッテは0人、ここだけみてもソフトバンクにはとてもとても追い付けませんね。結局今年もBクラスですかね。
ああ毎度ながら (Unknown)
2018-08-08 15:22:34
雨天強行の末、接戦するも結局、また逆転負け・・・。
チャンスでからきし弱い、上から下までの打線・・・。
ゲームポイントで、えっ?なんで?が普通にでまくる采配・・・。 
顔ぶれが変わったところで、ベンチが何故か同じ失態をやらかしつづける摩訶不思議・・・。

挙げればきりがない。

岩下、真っ直ぐだけで抑えるのはプロなら二軍でもムリ。(しかも全部ど真ん中とは)

あと、テレビに映って気になったのが、松永が柳田を抑えてベンチに戻った時の唐川と二木のいがみ合い。あんな唐川初めて見た!
Unknown (さんだー)
2018-08-08 15:37:27
今更ですけど、鈴木のコンバートは失敗ですよね。守備の影響か、今季はここまで打撃面でもいいとこ無しですし・・・安田が成長するまでサードは鈴木なのかなぁ

9回も立川が三振ゲッツーが怖いと言っていたら案の定でした。何か強気で行ける根拠があったのか・・・ゲッツー後に松田の笑顔が映ったところで映像を消しました。

最近は何があっても監督も一年目だから・・・と思うようにしたらあまりイライラしなくなりましたね。
見逃した (デリック・メイ)
2018-08-08 16:44:32
勝手に試合がないものだと思い見逃してしまいました。
一球速報を追ってみるとどうやら岩下は二死から四球絡みの失点をしてしまったみたいですね。
二死から四球絡みの敗戦は高校時代にも経験していたと思うのですが、プロでも改めてその怖さを認識してもらってステップアップしてもらうという意味ではいい敗戦でした。

それにしても外野陣は守備に難があるか打撃に難がある選手しかいませんね。
下でも香月が外野を守ったりと頭数が足りてないみたいですし。
即戦力外野手と下位で高卒外野手指名をお願いします。
藤原や森下など有望な高校生外野手に目がいきますが現状中位以上で高卒外野を指名できる余裕はなく...
個人的には東京ガスの笹川と生光学園の湯浅の右の大砲候補を希望ですね。
このままいけば将来外野は左しかいませんし、湯浅は幸いにも甲子園出場を逃したため下位でいけそうですし。
必死の継投 (宮崎オリオンズ)
2018-08-08 17:51:10
こういうときに打線が粘らんといかん。怪我人の多い鷹とでさえ、実力差が明白ですよね。

とにかく外野ですよ外野。長谷川を代打にするぐらいの外野レベルにしないと、いいとこAクラスで優勝はないからね。
Unknown (レコバ)
2018-08-08 18:00:14
岩下はあそこまでストレートで押す必要があったんですかね。
田村のリードなのかチームの方針なのかわかりませんが首を振る場面もありましたしあれでは打たれますね。
点差のある場面ならまだしも同点でしたからね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。