オリオン村

千葉ロッテと日本史好きの千葉県民のブログです
since 2007.4.16

2017年通信簿 49 陳冠宇

2017-12-30 01:01:19 | 千葉ロッテ

 

49 陳冠宇 投手 27歳 年俸1600万円

【2017年成績】 27試合 3勝4敗0S 防御率3.29 63回 56被安打 5被本塁打 32与四球 0与死球 59奪三振 被打率.243  

キャリアハイの27試合63回を投げて3点台前半の防御率ですので、昨年の失態を取り戻した陳冠宇です。
先発と中継ぎでいいように使われてのこの数字ですので胸を張ってよく、そして来季こそ先発ローテーションで二桁勝利を目指す存在となってもらいましょう。
審判からボールを受け取るときには常に帽子を脱ぐ、礼儀正しい好青年なところがピッチングに出てしまっているのがやや残念ですが、陳冠宇は陳冠宇のままに、です。

チーム事情から中継ぎでの起用が来季も多くなりそうですが、陳冠宇が真価を発揮できるのは先発だと考えています。
良くも悪くも常に全力投球、藤岡などは先発になると長いイニングを意識してかセーブをしてつまらないピッチングになりますが、しかし陳冠宇は中継ぎではもちろんのこと先発でもスタイルが変わらないのが特徴で、だからこそ先発では五回ぐらいに力尽きてしまうのですが、ちぎっては投げ、のテンポの良さこそが最大の持ち味でしょう。
台湾代表に選出をされて春季キャンプを第一クールで離脱をしたことで石垣島では巡り会えず、そんなことをしている場合かと嘆きたくもなり、またWBC一次ラウンドに先発をして中指負傷による途中降板で目の前が真っ暗になりましたが、それでも開幕二軍ながらも3月から実戦登板をしましたので軽傷だったのか、不幸中の幸いでした。
今秋も代表チームに参加をしましたし、今後も祖国愛との兼ね合いがなかなかに難しくもなりますが、キレのあるストレートを胸元に投げ込めるようになったときこそが飛躍のときと信じて、投手で一番に推しているのは陳冠宇ですので大きな花が開く来季であってくれることを願います。

2015年通信簿
2016年通信簿


【オリオン村査定】 1600万円 → 3200万円 (△100%)



一日一クリック応援をお願いします

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 2017年通信簿 48 宮崎敦次 | トップ | 砂漠 »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (ごっつ)
2017-12-30 01:53:07
外国人枠の関係でローテーションどころか、中継ぎも厳しいかもわからんですね。
外国人は打者2人が必須(3人でもいいぐらいです)。
さらに先発投手2人を獲得済みで、抑えも物色中とか。
新規の先発のうち1人がそこそこ安定したら、
抑えを使うと4人枠満杯です。
万が一のスクランブル登録要員という位置付けなのか。
競争は公平に、とはいえ、なるべく新しい人にチャンスを与えるはず。
こうなるとアピールの機会がなくなり、
チェンには逆風が吹いてきましたね。

ズバッと厳しいコースに決まった時は見ていてスカッとしますが、
これまで規定投球回を投げていませんし、
いろんな妄想をするには根拠に欠ける・・
是非、先発で (頑張れ福浦)
2017-12-30 02:41:15
自分もチェンは、絶対先発で使って欲しいです。
それにしても、台湾はチェンしかピッチャーはおらんのか、無茶苦茶な使い方をしてくれます。
まぁ、ロッテも一緒みたいなもんですけど・・
いいときのチェンは、右打者の胸元にクロスファイヤーでズバッとストレートを決めて、左にはカウントを稼いだ後に、逃げていくスライダーで三振、見ていて物凄く気持ちいいピッチャーですね。
ベイスターズから拾って来た、伊東監督の功績のひとつです。
しかし、交流戦でベイスターズにぼこぼこにされたのは、なにかしら理由があるのか?球はいいのがいってたと思うのですけど。
まぁ、来期は左のエースに名乗りを上げて下さい!
Unknown (No.9)
2017-12-30 03:58:09
最終戦辺りだったと思いますが、中継ぎで伸びのあるストレートを投げてました。
解説者も絶賛、テレビからでも分かるくらいでした。
あれを普段から投げれればローテーションに入れますが…
来年は期待したいです。
 (鴎オヤジ ファン歴44年)
2017-12-30 08:35:02
来年も外国人枠との戦いに悩まされることになりますね。助っ人の顔触れが決まっていませんが陳が厳しい立場であることは間違いない。
実力が拮抗している場合は、登録即先発・翌日抹消し10日後再登録により複数の外国人投手をうまくやりくりしてほしいです。
左ピッチャーは (うみうみ)
2017-12-30 10:23:56
先発ですから変化球が少ない、シュートかシンカー又は、スクリューが欲しい所、格段にピッチングの幅が広がりますが簡単でない事は理解しています。常に外国人枠の問題があります、突き出た能力がないと、なかなか先発では厳しいのが現実です。是非ともトライして欲しいですが、ロッテは打者2人は絶対じょうけんですし、私は大砲4人で1人がスペアでもいい位と思ってますから枠は1つです。
Unknown (パンテーラ)
2017-12-30 16:37:39
オリオンさんは先発推しですか。
先発のときは137km/hぐらいののらりくらり投法だったような気が・・・。
中継ぎになったときに147km/hを叩き出したのを見て、中継ぎのほうが良いのではと思ったのですが・・・。
もちろん、先発が少なければ先発に回らざるを得ないと思います。
さわんで147km/h出せる投手はそんなにいないし、ましてロッテでは藤岡以来(藤岡は一瞬だったので河本以来か?)だと思うので、
このまま中継ぎ適性があるように感じました。
外国人枠の我いっぱいになりベイスターズから放出になったので、ロッテでも再び出場の機会がなければ、また流浪の投手になってしまい、もったいないかと思います。
それで先発なのかもしれませんが。
チェンは先発で (HS)
2017-12-30 18:33:23
チェンは先発でお願いしたいです。
9月6日のメットライフでの西武戦の先発の投球を現地で見ましたが、あの時の投球がチェンの今シーズンのベストの投球だったと思います。低めのストレートの伸びが素晴らしく球場の表示では149kmが何度も出ていました。伸びのあるストレートと、外角低めから逃げていくスライダー、ストライクゾーン低めからボールに落ちるスライダーで、見ていて気持ちがよくなるぐらいに空振りをとれました。審判にコーナーに決めたはずの球をボール判定され四球が多くなり、秋山にライトスタンドギリギリに入る2ランを打たれましたが千葉ならライトフライだし自責4となりましたが、あの投球は素晴らしかった。
待ち続けた速球派左腕投手に覚醒したと思ったら、次の試合からリリーフ起用。解説の有藤が絶賛していましたが、9月6日の投球に比べるとリリーフで出てきたチェンはコントロール重視らしく、球速が少し落ちていたと思います。あの9月6日の投球が再現できれば10勝は堅いと思うのですが、台湾代表で見たチェンは春先の投球にちかく物足りなかった。先発を続けて一気の覚醒させてしまえばよかったものをと思うのですが、チェンには自力で這い上がってもらいましょう。それだけの力があることは確認済みですから。
お返事 (オリオン)
2017-12-31 00:22:41
>皆様
陳冠宇は先発でも140キロ台半ばは叩き出します。
中継ぎのときもそうですが試合によってばらつきがありますが、あれだけのキレのあるボールを投げるのですから一試合を任せたいです。
ただ枠の問題が重くのしかかりそうですね、どうしてもアジア出身の外国人選手は軽視されがちで、同じ左腕であればおそらくはまずオルモスが優先されるのでしょう。
高いレベルで競い合ってのそれであれば仕方がないのですが、パラデスやダフィーのように結果が出ないのにオルモスを使い続けて陳冠宇が冷や飯を食う、なんてことにならないよう井口監督、清水直コーチにはフラットな目で見てくれることを願いたく。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。