オリオン村

千葉ロッテと日本史好きの千葉県民のブログです
since 2007.4.16

石川は凱旋登板を飾れず

2018-05-16 00:00:57 | 千葉ロッテ

せっかくの富山遠征は惨敗、石川は凱旋登板を飾れませんでした。
ただピッチングとしてメロメロだったかと言えばそうでもなくストレートは走っていましたし、点の取られ方が悪かったものの充分に勝てるだけの内容だったと思います。
残念だったのが致命的な失点となった六回のT-岡田への申告敬遠で、前の打席で被弾をしていることから分からないでもないですが主力同士として長いペナントレースで戦い続けなければならない相手に対するそれが及ぼした心理的影響は無視できないのではないかと、とは思いっ切りな結果論としても、その後の石川を見れば糸の切れた凧のようでもありました。
好調な出足も気がつけば貯金を吐き出しての五分、次に負けるとズルズルいきそうでイヤな感じがありますので石川はもちろん、打線の頑張りが必須です。
その打線は二度あることが何度あればいいのかアルバースにまたしても捻られての沈黙、オープン戦からの苦手意識から抜け出せません。
リリースのちょっと前に反り返るようなフォームで遅れて出てくる腕がさらに見づらくなっているのか内角に差し込まれ、清田が顕著でしたが外のボールに腰くだけで当てるのがやっと、それにしても同じ投手に同じようにやられるのは同じ打者に同じようにやられるのと根幹は一緒ではないかと、頑張れ的場コーチといった感じです。
連続試合安打が止まってしまった中村が今日は完全にブレーキで、四回に1点でも取れていればまた違った展開なったかもしれないので痛すぎるセカンドゴロでした。
また鈴木をいつまで我慢をするのか、チームの魂ですからスタメンから外せとは言いませんが今日の展開でフル出場の必要あったとは思えず、痛烈な打球ではありましたが吉田正の打球は止めて欲しかった、結局は四球を出したのが悪いのですが陳冠宇はボールにキレがあっただけに最初の躓きがもったいなかったこともあり最後にせっかくなのでドミンゲスのサードを見たかったです。
また福浦もかなり厳しい、ベンチ、球団ともに一日でも早く2000本安打を達成させて引退ロードに乗せたい雰囲気がプンプンと、しかし疲れからか下半身がぐらついていてしんどそうです。
ちなみに試合前の守備練習は小坂コーチがノッカーで、暫く見ていてモヤモヤとした違和感は右でのスイングだと気が付きました。
ノッカーは右でないといけない理由があるか、そう言えば左のノッカーを見た記憶がないような気がしないでもなく検索しても分からないので、ご存じ方がいらっしゃいましらご教示ください。



一日一クリック応援をお願いします

  1 2 3 4 5 6 7 8 9

オリックス

0 0 1 1 0 3 0 2 0 7 8 0

千葉ロッテ

0

0

0 0 0 1 0 1 0 2 5

0

◆5月15日(火) 千葉ロッテ−オリックス7回戦(オリックス4勝3敗、18時1分、富山、10,041人)
▽勝 アルバース 7試合5勝1敗
▽敗 石川 7試合3勝3敗
▽本塁打 T-岡田4号(石川)

▽バッテリー
千葉ロッテ 石川、南、陳冠宇、益田—田村、江村
オリックス アルバース、黒木、山本、増井—若月、山崎勝

ジャンル:
ウェブログ
コメント (19)   この記事についてブログを書く
« いざ富山へ | トップ | 復旧遠し »

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (富山マリン)
2018-05-16 00:32:45
石川、粘り切れませんでしたね。
6回の大城に打たれる前の安達の打球、鈴木大地に飛び込んでほしかったのは私だけでしょうか?
この展開で8回に登録されたばかりのチェンが出てきた時に、西野が登録されていれば西野でよかったのにって、思ってしまいました。
それにしても観客10041人ですか…もう少し入っているように見えたのですが、これは残念です。富山遠征が今年限りになる可能性もありますね(>_<)
うまくいかないものですね (ごっつ)
2018-05-16 01:02:27
凱旋登板って、勝たせてくれるものじゃないんですね。
石川は配球次第でもう少し何とかなりましたかね。
大城3点打の打席も緩い球でストライクを先行させながら、
真っすぐ系を待ちたがる2球目に甘い真っすぐ系。
まあ実際は深い駆け引きがあったり、
制球にもよるのでしょうけど、
見た目には相手の狙い打ちがかなりハマったような印象を受けました。

球審の山路ってのはひどいですね。
早く終わらせて地方の繁華街に繰り出したかったのか、
何でもストライクを取って角中や大地が露骨な反抗態度を見せました。
審判がロッテ側に不利な判定をする不文律は絶対にあります。
今季はリクエストに救われていますが、
ストライク判定にリクエストはありませんからね。
左ノッカー (ヨシオミズカミ)
2018-05-16 01:14:29
オリオンさん、はじめまして。上川誠二さんが左でノッカーをやってました。ノックがあまり上手くなかったこともありますが、左でノックをするのは右のノックと打球の質が違うのでよくないと野球経験者の友達がおかんむりになっていたことを思い出しました。
何となく (頑張れ福浦)
2018-05-16 03:27:54
遠征ご苦労様でした。
何となく、見ていて最初からオリックスの勝ちゲームを感じてました、藤岡のホームタッチアウトは地方試合で、映像が少ないから決定的な瞬間が映ってなかったからアウトになってしまいましたけど、実際は追いタッチで藤岡の手には若月のミットはどう見ても当たってません。
あの一点が入っていれば流れが変わっていましたよ。また、大地が取れなかったタイムリーも普通のサードならイージーゴロです、サードに適正が無いのは分かります、肩がなくて、ハードな打球処理は苦手なので本当は大地はセカンドがベストですけれど中村もセカンドに移って、すこぶる調子がいいんで元に戻すのは無理ですね。
最初の頃、ドミンゲスは守備は上手いとか言ってた様な、最後ら辺にサードをやらしてみたら面白かったかも? 守備から打撃も上向きになったりして。
連敗 (パンテーラ)
2018-05-16 06:55:32
2005年に富山で試合をしましたが、そのときも負けなので13年越しの連敗となりました。
石川はまあまあのピッチングでしたね。
オリ達の福良、じゃない俺たちの福浦ですが、剛球、力投型が多く出る9回に代打では福浦の良さは出てこないです。
福浦は全盛期ですら力投派が苦手でしたから、技巧派が出てくる中盤に代打で出さないと持ち味が発揮できないでしょう。
鈴木はコンバートの失敗ではないでしょうか?
守備練習に追われ、打撃練習が足りなかったのではないかと推測しています。
いろいろいじりすぎでは?
鈴木はゴロキングというイメージしかありません。
昔は外野の頭を越える3塁打とか多かったんですが・・・。
菅野を再度上げてほしいですね。二軍に置くよりも一軍のスピードに慣れるほうが先決ではないか、と。

Unknown (鴎オヤジ ファン歴45年)
2018-05-16 07:02:06
富山遠征お疲れさまでした。
自分は試合が決まった8回裏からテレビ観戦。球審の判定、打てない打線など、最初から見ていたらイライラしっぱなしだったことでしょう。
それにしてもアルバースに手も足も出ず3敗、榎田にも2敗、加藤にもいつも捻られる。左腕をこれだけ苦手にしていてはどうしようもないですね。コーチ陣お願いします。

福浦は一度抹消しましょうよ。振りが鈍い。

盗塁METER 昨日の盗塁1、累計43で140まで残り97
Unknown (ゴツゴツ)
2018-05-16 07:38:19
同じ投手に3度もやられるとは・・・
プロとしてどうなんでしょうか?

今日は試合前にいつもより多目にMTGしたと言ってましたが
戦略が的はずれなのか選手の理解力、技術不足なのか・・・

負けるにしてもロッテは対策してきてるな位の印象は植え付けて欲しいものです。
興行面。 (かっきい~)
2018-05-16 07:44:57
強行遠征お疲れ様でしたm(__)m

試合内容は観ていなかったので触れませんが、自分としては平日×オリックスを考慮すると10000人は入ったほうだと捉えます。
しかしながら、地元民への売り込みを踏まえると何かしら付加価値、例えば富山限定ユニフォームの配布は有った方が更に良かったかも知れません。

富山は未訪ですが21:20の新幹線に乗れば日帰りが可能だと知った時は少し驚きました。来年やるなら日程が合えば行くかもしれません。
また左腕投手に敗北 (はんでん)
2018-05-16 08:46:43
対戦相手はウィークポイントと認識しているので、
先発に左腕をあてているとしか思えません。西武菊池と榎田、オリックスアルバース、楽天辛島、日本ハム加藤ら(敬称略)左腕投手の対戦がこれからもあると認識したうえで対策と練習を積み重ねてほしいものです。
ご苦労さまでした。 (ひふみんAi)
2018-05-16 09:08:25
狭山レベルでも、敗北の帰途は複雑ですが、富山からはいかがでしょうか。

こちらはのんびりと、BS12さんでの観戦です。センターからのカメラですと、お馴染みな煩雑な球場広告等もなく、いい球場でしたね。

ゴエモンは球は行ってましたよね。良いか悪いかで言えば、良い方に入るのでは…という投球でしたかと。
ただ宝刀のシンカーが、普段は落ちていく所が、横にスライドしているのみに見え、宗選手などに当てられていたのが意外でした。宗は意外にゴエモンのボールが「見えてる」かもしれないので、タムに配球を変えて欲しいかなと思います。
ウチがバンクにけちょんけちょんにやられた後の、テレビの中継でバファローズが逆転した試合を見たのですが、ヒット打つ時のスイングは強いんですよね、バファローズの選手は。あなどるなかれかと。

アルバースは、腕の振り以上に手元で球が来るんでしょうね…軒並み、振り遅れみたいな格好になってませんか。一朝一夕で対応するのが難しそうですが、他チームで打てているバッターのバッティングを参考にしてみるのも手かと。

ただしかし、昨日のわたしの中での一番の刮目は。

翔平が山本投手から打ったセンター前でしたね。そのスイングはもはやプロ一線級のクオリティを手に入れたのではないか…と感じさせるスイングでした。
(ただ連戦が続き、当然ヘタってくると鈍ってはくるのですが。)
課題はやはり、相手投手の持ち球、捕手のリード傾向、からの配球の読みというソフト面でしょうか。考えるのでしょうが…バッターボックスに立つと「感じる」くらいになってくると、目標としているらしいカクさんに近づけるのではないかと。

キーポン、翔平。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。