オリオン村

千葉ロッテと日本史好きの千葉県民のブログです
since 2007.4.16

どうすりゃ勝てる

2018-08-04 01:54:14 | 千葉ロッテ

そんな二木の心の叫びが聞こえてきそうです。
一軍に復帰をしてから6回1/3を2失点、7回2/3を1失点、そして今日に8回1失点であれば3連勝でキャリアハイが視野に入ってもおかしくはないピッチングが続いていますが実際は一つも勝てず、前の二試合は益田、内が打ち込まれ、今日は打線の援護が足りずと巡り合わせ、で片付けるには可哀想すぎますので査定は白星でお願いします。
あまり数字は出ていませんでしたが低めに集めたストレートのキレが戻ったのが好調の原因でしょう、そのストレートが走ることで今日はちょっと多すぎたようにも思いますがフォークも冴えて昨年に近いところまで戻ったのではないかと、春先に比べて二段モーションが小さくなったことでフォームがスムーズになりコントロールも安定してきました。
そこに白星というプラスαがあってこそ勢いが付き、自信が付き、実力になるのですが、ここは貧しさに負けない心の強さを養ってくれとしか言い様がありません。
ヒヤヒヤとさせられましたが試合には勝ったことで少しは流れが変わると思いたく、石川がゆっくりと治療に専念できるようどっしりとした幹となってくれることを期待したいです。
流れとしては守り勝ち、の側面もあり、リプレイ検証でのアウト判定に今江の反応は先日と同じく演技派を再確認、島井のそれもそうですが選手が求めるそれは見苦しいです。
先日からいろいろといじっていた外野の布陣は肩に難がある伊志嶺をDHに回して平沢をライトに戻し、核弾頭も左腕対策なのでしょう伊志嶺を持ってきました。
平沢が湿り気味なので仕方がないところもありますが井口監督の辛抱の程度にはやや失望はあり、岡への我慢もあまり長続きはしないかもしれません。
そんなこんなでタイムリー無しでの勝利を前向きに捉えるのか後ろ向きと嘆くのかは悩ましいものの塩見を打ち崩せずして岸を仕留められるのか、得てしてそういうものだったりはしますがまずは下半身に不安が残るボルシンガーが再起動できるかどうかが一番の鍵でもあり、防御率のタイトル争いに勝利するためにも落とせない試合となります。



一日一クリック応援をお願いします

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

千葉ロッテ

0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 2 6 0

楽天

0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 5 1

◆8月3日(金) 楽天−千葉ロッテ12回戦(ロッテ7勝5敗、18時、楽天生命パーク、13,051人)
▽勝 松永 40試合2勝1敗
▽S 益田 46試合2勝5敗2S
▽敗 高梨 41試合1勝3敗

▽バッテリー
千葉ロッテ 二木、松永、益田—田村
楽天 塩見、青山、高梨、久保—嶋

ジャンル:
ウェブログ
コメント (11)   この記事についてブログを書く
« 焦らずじっくりと | トップ | 藤岡に睨まれた岸 »

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
巡り合わせか? (パンダ)
2018-08-04 02:08:05
涌井にも言えますが、二木は勝ち運に恵まれませんね。
打順を変えても出ている人は同じなので、疲れとか貯まっているはずです。内外野守れる細谷とか上げないのかねぇ。
酷い試合 (デリック・メイ)
2018-08-04 02:19:13
二木は仰る通りストレートの威力を取り戻してからはエース級の活躍ですが勝てませんね。
今日は楽天に勝ちを譲ってもらいました。
岡の当たりは完全に併殺コースでしたし。
岡はいい当たりでもしてくれればいいんですが、このカードの内容次第では2軍に落とすのも仕方ないかと。
加藤と全く同じタイプですが現状加藤の方がまだ捉えているあたりが多かったですからね。
外野の人材難も中継ぎ崩壊並みに酷いです。
切り替え (doushitakoushita)
2018-08-04 02:42:23
ひどい負けの後に連勝中の楽天戦でどうなることかと思っていましたが、よく勝ってくれました。失礼ながら賞味期限切れかと思っていた伊志嶺は2塁打1得点で1番起用に応えました。お見それいたしました。

2得点にはどちらも相手のまずい守備が絡んでいますし、最終回も牽制アウトが大きく、相手のミスに助けられた面もあります。ただそこに付け込めるのが強いチームとも言える。

あしたは中5日でボルシンガー。元に戻っていることを期待しましょう。ここのところ安定していて前回勝った涌井が出てこないのはなぜなんでしょう。きっと7日火曜のソフトバンク戦に当てるのだと思いますが、そうすると日曜の先発が誰か。この前の日曜日に下で7回1失点だった渡邊? ブルペンにいるチェンや関谷ということもないでしょうし。
あ〜、びっくりした! (まこっさ)
2018-08-04 03:13:51
最初、「どうすりゃ勝てる」のタイトルを見たとき、あれ?今日は、延長で勝ったはずなのに、、、益田が抑えたのは夢でも見たのか。やはり岩下にしておけば、、、と本文を読み始めたら、二木に勝ちが付かないという事でしたか。あ〜、ビックリした。そして ホッとしました。二木は、内容からすれば、5勝はしている計算なので、次回には、打線の援護があるはずと、腐らずにやってほしいです。連敗を止めたのは、二木のピッチングだということは間違いありませんので。さあ、ボルシンで連勝と行きたいですが、相手が 岸さんか。明日もロースコアの試合になりそう。ミスしたら負けます。
今日はプロ野球をやった (ごっつ)
2018-08-04 03:27:07
平沢、角中のレーザービーム。
益田の牽制。
全部、間一髪でアウトにしました。
極限の集中力です。
勝った負けたもあるけれど、
こういうギリギリのプレーを連発してくれたのはうれしいですね。

二木は7、8回に先頭を歩かすなど、
90球肩は課題。
ですが、90球までは文句なしでしたね。
落ちる系で三振を取れるようになりました。配球もグッジョブ。
来季、抑えでもやれそうなパワーピッチはかなりの魅力になってきました。
背番号17か18をあげても遜色ない雰囲気が出てきましたよ。
あっぱれ (頑張れ福浦)
2018-08-04 05:40:27
いやいや、絶好調の楽天相手によくぞの一失点、あっぱれ二木!
有吉も、二木も本当に勝たせてあげたい。
見てる人は見てますよ、腐らずに次も頼みます、それくらいしか言えません、可哀想実際・・・。
二木どんにガッテン (ひふみんJAPAN)
2018-08-04 07:54:29
恥ずかしながら、久しぶりに二木どんのピッチングに遭遇しましたが。もどりましたね。

BS12さんで観ておりましたが、解説がためしてガッテンでお馴染みの川崎志の輔さんでしたが(おわかりになる方は理解できるので)、やたらと二木選手を激賞していました。(同じ位、塩見も激賞していましたが…笑)

おそらく川崎さんは伊東前監督とは、そりが合わず(もしかすると衝突していたのではないかと)、退団されましたが。
もう伊東さんは居ませんので還ってきてくれないかしら。

昨晩は、真夏の大リクエスト大会でしたね。本当に井口監督はリクエストがお好き。

ネイマーエ今江も、調子のってましたね。今度マリンに帰ってきたら、ひさびさにヤジで迎えてあげるからね…。耳栓して打席入る事をすすめておきます。
屋台骨。 (かっきい~)
2018-08-04 09:01:46
昨晩は職場の宴会の関係で都度経過をスマホで確認する程度でした。
まさか、楽天に延長2-1で競り勝つとは!

荻野貴、石川、内の離脱でチームが崩壊しかけている中で屋台骨となって支えている二木に感銘を受けました。
一時と比べて安定感が増し、一皮剥けた(アップデートした)感がします。

次こそは野手の皆さんで彼に白星をプレゼントしましょう。

次こそは (mak6582)
2018-08-04 11:20:18
二木がやっと今年期待されていたピッチングに戻ってきましたね。ストレートの切れ、振らせるフォーク、奪三振率は圧巻です。

後は「投手は打線が育てるもの」という里崎の持論通り、打線が勝ち星を付けて下さい。

しかし、今江はつまんない選手になりましたね。あのアピールする姿は見てられない。
二木 (千住次郎)
2018-08-04 16:17:26
二木のピッチング、良かったですね。ストレートは前回の楽天戦ほど威力はありませんでしたが、低めのストレート、そして、その同じ軌道からワンバウンドになるフォークをしっかり投げられていたところが、アマダーに2本打たれた前回との違いだと思います。ただ、味方が勝ち越した7回、フォークの投げすぎからくる握力の低下か、チームや自身の勝ちを意識したのか、急にボールが抜けるようになり、先頭打者に四球を出したのが悔やまれます。このあたりの精神力が磨かれれば、押しも押されぬエースだと思います。
その2点目の本塁突入を防いだ平沢のバックホームも見事でした。銀次の打球が定位置よりややライト線側に飛び、捕球までに時間がかかっただけに、捕殺は無理かと思いましたが、ナイス送球でした。
田村のリードもかなり内角をうまく突いていましたね。二木のように内角に間違いなく投げられる投手ならば、それに合わせたリードが出来るものだと感心しました。ところが、10回のウイラーに対する益田の際には再び外角一辺倒で、最後は甘く入ったスライダーをセンター前にもっていかれました。これがアマダーやレアードだったらスタンドまで持っていかれたのではないかと感じました。益田や、松永など、ロッテの救援陣は、コントロールよりも球威で抑えるタイプですので、確かに内角に要求すると真ん中に入るだけでなく、デッドボールの可能性も高くなり、外角一辺倒というのも分かるのですが、外角低めへのストレートとスライダーだけで抑えるのは至難の業でしょう。益田の場合、左打者には良いシンカーが投げられるのですが、右打者にはあまり使っていませんねん。そのあたり、チームメートに石川というシンカーの名手がいるので、何らかのサジェスチョンなど、もらえないものなのでしょうか・・・。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。