オリオン村

千葉ロッテと日本史好きの千葉県民のブログです
since 2007.4.16

またしても二木は勝てず

2018-08-11 05:14:53 | 千葉ロッテ

一軍に復帰をしてから6回1/3を2失点、7回2/3を1失点、8回を1失点、今日も8回を2失点で一人で投げ抜きながらも打線の援護が無く黒星の二木は、さすがに不憫すぎます。
それでも「先に点をやらないように」と健気な発言、しかし今日に先制点を許したのは藤岡のお手玉と中村の判断ミスですので二木のせいではありません。
たまにスーパープレーはありますがつまらないミスが多い藤岡は2割5分に届かないのであればもっと堅実な守りでなければペイしませんし、これでは新人王など覚束ないです。
中村は先日の深追い、手を挙げながら放棄、と打球判断に弱いところがあり、今日も併殺にするのであればセカンドへ送球、送球をしないのであれば一塁走者をもっとファーストに追い込まなければならないところで中途半端な動き、では一塁走者が立ち止まるのは当然のことで、二木も唖然としたのではないかと思います。
3安打に抑えながらもそんなこんなで2失点の二木は二死からの四球が絡んでの失点が反省点、ではありながらも際どいコースが面白いようにストライクを取ってもらえる西とは対照的に二木には厳しいジャッジだったようにも思えて、数字以上にストレートにキレはありましたしフォークも効果的、査定では4連勝の6勝2敗でなければ嘘でしょう。
打線は得点圏に走者を何度も送りながらもなかなかあと一本が出ず、プロ初出場初スタメンの安田のところで一死一二塁、一死二塁とチャンスが続いたのが結果的には痛かった、それでもプロ初打席では手も足も出なかった外のボールに二打席目、三打席目と反応できるようになっていましたので安田にとってはまずまずのデビューと評価をしたいです。
いきなり一線級の西と対戦ができたことは安田にはいい経験になったでしょうし、その西から四球を選んで福浦のタイムリーでプロ初得点と新旧のスターの競演は眼福ものでした。
どうせ明日は「会ったことのない遠縁の西純矢に負けない粘投」なんて見出しが躍るのでしょうが、岩下、安田、種市とようやく育成にも目を向けてくれたと思えば全く気になりません。



一日一クリック応援をお願いします

  1 2 3 4 5 6 7 8 9

千葉ロッテ

0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 6 0

オリックス

0 1 0 0 1 0 0 0 X 2 3 0

◆8月10日(金) オリックス−千葉ロッテ18回戦(オリックス9勝8敗1分、18時1分、京セラドーム大阪、22,996人)
▽勝 西 18試合6勝10敗
▽S 増井 48試合1勝3敗26S
▽敗 二木 8試合2勝3敗

▽バッテリー
千葉ロッテ 二木—田村
オリックス 西、山本、増井—若月

ジャンル:
ウェブログ
コメント (20)   この記事についてブログを書く
« 種市がプロ初先発 | トップ | 積木くずし »

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
かわいそうな二木、恵まれた安田 (デリック・メイ)
2018-08-11 06:40:38
1番岡7番安田の時点で負けを覚悟していました。
最近の投球は素晴らしいのに1つも勝ちを上げられてない現状に野手陣は反省してもらいたいです。

安田は高校時代はもう少しすんなり打ててたような気がするんですが、打撃に硬い印象を受けます。
速球に詰まりそうな始動ですし澤井の影がちらつきます。
それにしても月間MVPのご褒美で上がってきたと思うんですが現状では香月の方が状態はいいですし、今まで下で絶好調でも全く上げてもらえなかったのに安田の場合すんなり上がってくるのはどうなんですかね?
大地の不調時なんかは外野も守れる(?)細谷をもっと試してもよかったですし、特定の人にしかチャンスが与えられない環境に見えてしまい2軍の選手はモチベーションを維持できるのか心配です。
Unknown (鴎オヤジ ファン歴45年)
2018-08-11 06:47:45
二木は不憫。これを乗り越えてエースを目指せ!
安田が突然のデビュー。3位以内は目指すものの優勝は無理、であれば将来も見据えた育成モードに舵を切った井口采配を支持します。涌井の抹消もこの流れによるものだったのですね。
伊東監督辞任発表したところでお引き取りいただき、育成モードに切り替えて欲しかったと改めて思います。平沢あたりは昨年たくさん使っていれば今年は大ブレークしていたでしょう。
安田は一軍に置くのなら使い続けてください。くれぐれもベンチを暖めることにはならないようにお願いします。
明日の種市先発も楽しみです。

盗塁METER 昨日の盗塁0、累計91で140まで残り49
残り47試合、盗塁も頑張れ!
Unknown (大垣のロッテファン)
2018-08-11 07:06:32
中村は野球脳がないんですかね。天理早稲田ときて王道を歩いてきて、フォーメーションは嫌というほど教えられたと思うのですが・・・・・。そうれに比べると今江なんかはさすがPL。走塁も含めてよくわかっていたと感心させられる場面が多くありました。

私もデリックさんと同じスタメン発表で負けを覚悟しましたが、オリックスは惜しみなく勝ちパターンをつぎ込んでくるので(それがオリ低迷の原因 戦力一流 作戦3流)、西をはじめ増井など球界を今代表する投手とぶちあるのは課題探しにはよいかとあきらめました。

スタメンDHを育成枠に使うチームなんて初めて見ましたが、やはりお客は勝利に酔いしれることを第一にやってくるので・・・安田使うなら点差が開くとか、代打かな、と安田にとってはとても贅沢な使い方だったと感じざるをえないです。
そういう意味で二木にも失礼だったと思うんですよね。
荻野マリーンズ (パンテーラ)
2018-08-11 07:16:37
荻野がいなくなってから打線に迫力がなくなりました。
岡は荻野のようには打てません。
岡は金森打法を当てはめてもいいような気がします。
改めてロッテは荻野の守備力、打力で勝っていたのかもしれないな、と。
菅野も育成モードとして連続出場させてほしいのですが。
二木は良いピッチングでしたが、貧打で見殺しに。
小野晋吾も昔防御率2点台で負け越しましたが、それを彷彿するような悲壮ぶりです。
ストレートが回転数が多いのか、浮くような軌道です。
中村がまたやらかしましたね。
中村ってそもそも内野手の適性が無く、外野手に適正があるように見えます。
大学全日本時代は外野手だったので、外野手に戻してみてはいかがかな、と。
大地はセカンドに戻して、サードを香月にするとかも考えてみてはいかがかな、と。

女子ソフトボールを見ましたが、4番の山本の方がロッテの打者より打つのではないかと。
打撃陣は頑張って欲しいものです。
最年長&最年少コンビ (南河内鴎一座)
2018-08-11 07:49:44
現地観戦でした。7番DH安田とはビックリでしたが、一軍初出場初スタメンの瞬間に立ち会うことができて、感激しました。
四球を選び福浦のタイムリーで唯一のホームを踏むところなど、運も兼ね備えたスターの片鱗を見せてくれたのではないか、今後はマリーンズの、いや球界のスーパースターに育っておくれと、親バカならぬ安田バカの私です。
最年少の安田を最年長の福浦がホームに還したことも象徴的で、感涙ものでした。福浦が安田に伝えたかったメッセージが、この一打に込められていたように思えてなりません。
この光景を見て、他のマリーンズ野手陣、奮起せよ!と言わずには居れません。
試合はというと、8回完投で3安打3四球、HQSの二木に何故黒星が付く?不憫で仕方ありません。2回の1点は余計だった。野手陣は打てないなら打てないなりに、蟻一匹通さない鉄壁の守りをしないと、勝てませんね。
レフトスタンドから見ても、ストライクゾーンのロッテ不利のオリ判定は明らかでしたが、それも野球の一部、言い訳にしてはいけません。
翌日がデーゲームのナイターということもあったのか、両軍とも早く終わろうぜオーラが満載でした。今日明日は、何時間かかってもいいので、先発に球数を投げさせるなど、粘り、工夫…を見せてほしいです。
ブラボー二木 (ごっつ)
2018-08-11 07:52:57
二木はどっしり風格が備わってきました。
これなら金曜を任せられます。
白星がつかないつかないと、
ことさら強調しなくても見る人は見ていますよ。
ただ、金曜に投げたら相手もいいので、ロースコアの負けはあるし、
無駄な四球は禁物ですけどね。

安田は突然デビューしたように見えますが、大阪を選んで出してますね。
親族、友人の前でお披露目させたのでしょう。
何日も前から、ここでのデビューが決まっていたのだと想像します。
人事にはいろいろ人情が絡むものです。
レフトへの大ファウルにはゾクゾクしました。
あれは凄い打者になりますね。
福浦から安田へ (まこっさ)
2018-08-11 07:57:01
二木は、またまたまたまた好投が報われず、黒星。あまりに不憫で泣けてきます。将来、FA権を得たら、九州に帰りたい、、、と思っているのでは?
それでも、ルーキー安田が出て、25年目の福浦の「安田君、タイムリーはこう打つのだよ」と言わんばかりの1、2塁間を破るヒットには、闘魂伝承を感じました。福浦と共にプレー出来る時間はそう長くはない(今年だけかも)ですが、安田には、その技術とメンタルも多いに盗み取ってもらい安打製造機の称号を継承する選手になってもらいたいです。
二木どんの貢献 (ひふみんJAPAN)
2018-08-11 07:57:32
勝利の女神様から、嫌われているのか二木どんですが。

昨日も8回まで投げ、無駄に中継ぎ陣を疲弊させていない事をファンは知っています。(そもそも、その事を讃えなくてはならないほどに。ボル神以外の先発陣に喝っ!一回でも多く投げようぜ、先発陣。)

期待の星、安田君。夏休みの大阪でデビューですね。清宮君と並び、パシフィックリーグの宝です。

ファンは意地の悪い面もあるのでねー。
21日の東京ドーム50周年を完売したいのかな。とか、9月の前売り売りたいのかなー。とか、どうしても思っちゃいます。プロ野球は興行でもありますから、否定はしませんし、タイミングの頃合いとしては悪くはないと思いますが。

井口監督 「皆が通る道ですから。下でまた鍛え直します…。」でも、良いかと。
安田の為に (頑張れ福浦)
2018-08-11 08:21:25
二木は素晴らしいナイスなピッチング、更に一人で投げきって中継ぎの負担も無くす、最高でした。
これも、安田を育て上げる為だと、今は我慢して下さい、いずれは何百倍に返してくれるでしょう。
Unknown (tek9)
2018-08-11 10:01:10
昨日の球審、低めはストライク取らず、ストレートとフォークでの組み立てる二木には厳しいジャッジでした。
しかし低めがボール判定とわかっているのに執拗に要求する田村のリードも疑問でした。
その結果ボール先行になり無駄な四球を与え、浮いたボールをタイムリー。
対する西の投球は左右を有効に使って的を絞らせてませんでした。ランナーを出したところでギアを上げて、精度が上がっていたのはさすがです。

1番岡も謎。これまでの成績のどこを見て1番に起用したのか。

ただチームに動きが出てきたことは良いことですので、いろいろ試していただきたいものです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。