オリオン村

千葉ロッテと日本史好きの千葉県民のブログです
since 2007.4.16

平沢、トリックラン

2018-02-12 00:35:53 | 千葉ロッテ

役立たずのままに荷物になるだけのはずだった傘の出番ができてしまった昼前までの雨、前日から体感温度は10度以上も下がった寒さ、石垣島の天気予報は当てになりません。
それでも紅白戦の開催には影響もなく、その紅白戦で前日に途中交代の菅野が欠場、また香月がインフルエンザでリタイアと面白くない話題もありますが、それも競争の一つです。
そして紅白戦の前後の夜討ち朝駆けならぬ朝駆け夜討ちは数は少なかったものの石川、松永、二木、平沢、そして念願の唐川のサインをゲットできた濃厚な一日でした。

さて紅白戦、さぞや清水直コーチ、小林コーチは頭が痛いことでしょう。
両チームで30安打22得点で時間がかかりすぎたのか八回で打ちきり、前日に湿っていた打線が爆発をしたと言うよりは投手陣が大炎上をしただけ、かなり厳しいです。
陳冠宇は3回11安打9失点とサンドバック状態、左打者にも引きつけられて打たれていましたし、持ち味である内へのボールももう一つ踏み込めずに打ちごろになってしまいました。
また酒居の代わりだったのでしょう、大抜擢の種市も気後れをしてしまっているかのような、細谷にグランドスラムを浴びるなどベンチの期待を裏切ってしまったピッチングです。
ただ陳冠宇も種市もブルペンでは低めに伸びるボールでアピールができていたからこその起用でしょうから、この撃沈を次に繋げられれば一歩前進をしたとも言えます。
とんとん拍子に越したことはありませんが転んだからこそ得られるものもありますので、めげずに次の一歩を踏み出しましょう。
一方の打線は清田と中村が二発、細谷が満塁弾、そしてペゲロ、李杜軒にもアーチが飛び出して前日の鬱憤を晴らすかのような爆撃を見せてくれました。
花火大会はいずれも打った瞬間にそれと分かる完璧な打球は打たれた投手を嘆きたくもなりますが、ミスショットを見逃さずに叩き込んだのは素敵すぎます。
一番に飛距離があったのはペゲロ、巧打者のイメージで個人的にはグッときませんが今日も2安打に豪快な一発と打球の追い方は拙いものの強肩を披露しましたから、土俵際からやはりスタンドインさせた李杜軒とともに第三クールが終わったところで合格になると思われ、そこでペーニャのリリースが同時に発表になるのでしょう。
そして足を使った攻撃は今日も健在、井上が飛び出してアウトになるお粗末なプレーはありましたが、三家、鈴木、大木が成功、清田、三家、三木が失敗と成功率はさておき走る姿勢を他球団のスコアラーに印象づけられたのではないかと、加藤がバントミス、鈴木と平沢がスローイングミス、など課題が今の時点で明らかになっているのも前向きに考えられます。
ちなみに藤岡裕に大きく差をつけられた平沢は件のミスがありながらもようやくの初ヒット、ただ走者としてはセカンドで野手の足がベースから離れてセーフのコールに気がつかずにベンチに向かってとことこと、サードベースのあたりでベンチからの指摘に気がついて結果的に進塁となったトリックランは平沢だけではなく、それを傍観して送球をせずに進塁をを許してしまった内野陣は試合後に怒られていなければ嘘でしょう、スタンドもあっけにとられたシーンでした。



一日一クリック応援をお願いします

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« ルーキー躍動 | トップ | 大隣の入団が内定 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
投手は大丈夫か (ごっつ)
2018-02-12 00:58:06
2月11日ですよね。
まだまだ打者は実戦感覚から離れている時期のはず。
でも、投手は炎上ですか。
まあチェンとか種市はとりあえず一軍のメンバーではないでしょうが、
それにしても。
清水直、小林雅が真っ青なのか、
金森理論が炸裂したのか。

清田と中村は井口塾の筆頭弟子らしく?猛アピールですね。
清田が本調子なら中軸が安定します。
間違うと一発がある打者を並べないと、相手は楽ですから。
荻野がモタモタしていたら、センター清田もありますか。
まだ紅白戦レベルですからね (大垣のロッテファン)
2018-02-12 09:06:32
藤岡ブームで平沢が急降下という感じですね。まぁ、今は2軍か3軍の投手を打っているという感じなのでオープン戦の後半で一軍の投手が本格的に投げ始めたらどうなるか、わくわくしてきます。

ぺゲロはよさそうですが、変化球に対応できそうですか?
もう一人のドミンゴはどうでしょうか?
紅白戦は複雑 (ナスベン)
2018-02-12 09:23:10
いつも、現地からの詳しいご報告ありがとうございます。ニュースや新聞じゃ分からない現場ならではの感想付きで助かります。
新人の活躍が目につき、テスト生も結果を出しているので楽しみですし、井口監督の掲げる走る野球もトライしているあたりは期待が膨らみます。
紅白戦を楽しみにしていますが、以前村長さんも言われていましたが、打ったら打ったで投手が心配になりその逆も然り・・・・・気持ちが複雑ですね。早く練習試合でもいいのでスッキリした気持ちで試合をみたいですね。
ショートは藤岡ですね。 (四球の少ない1番打者)
2018-02-12 12:41:49
平沢がドラフト1位で競合指名をされましたが、
疑問でした。
高校野球予選で、.167、甲子園では.240。
本塁打3本で注目をされましたが、高校生相手に
3割も打てない選手がプロでやっていけるのか???と。
平沢には多くは期待をしません。
背番号13の遊撃手ではかつて飯塚選手がいました。
通算安打の593本を超えてくれれば、万歳でしょう。
ただし、藤岡が期待外れであれば、.200程度でも使われて記録は伸びるかもしれませんが、それは望まないことです。

新人が (うみうみ)
2018-02-13 00:15:22
新人がレギラーではロッテはやはり層が薄いですね、藤岡には期待しますがまだ未知数の新人に託すのではやはり寂しい現実、紅白戦いはあまり宛に出来ません、オープン戦同様にピッチャーは内角に厳しく攻めないですからね、参考程度位、本当にペーニャリリースしますかね、ロッテは3人合格させたから補強は終了だと、打線がまだまだ弱い
お返事 (オリオン)
2018-02-13 00:54:51
>皆様
この時期ですし身内同士の試合ですから、抑えても打っても悲喜こもごも、結果よりも個々のプレーで判断をするしかありません。
それでも目に見える数字は選手にとって、あるいはベンチにとっての一つの評価ですので、それはそれで参考にしたいです。
ルーキーは藤岡裕であっても期待はしても計算をせず、ですね。
安田とともに評価が高いですが平沢のルーキーイヤーだって似たようなものでしたし、今は主力組を相手にそのレベルを体感してくれるだけでもプラスになると思います。
ただドミンゲスがなぁ、スイングが直線的でダフィーとの違いは今のところは分からず、額面どおりに林球団本部長の言葉を信ずれば二週間、ペーニャの残留が決まっていいはずというのが現時点での評価、しかし球団にその気はないようなので、ここから変化が見られるような柔軟性を備えていてくれることを願うばかりです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。