オリオン村

千葉ロッテと日本史好きの千葉県民のブログです
since 2007.4.16

2017年通信簿 53 江村直也

2018-01-04 01:07:10 | 千葉ロッテ

 

53 江村直也 捕手 25歳 年俸980万円

【2017年成績】 13試合 6打数 1得点 1安打 打率.167 0二塁打 0三塁打 0本塁打 0打点 0盗塁 0四死球 1三振 得点圏打率.000

昨季から一転して一軍での滞在期間が短くなった江村は、柿沼や宗接にも抜かれて五番手まで落ちてしまった一年でした。
三年目に一軍で初出場をしてからは最低の13試合6打席、二軍でも柿沼、宗接の後塵を拝して引退間近の金澤と同じぐらいの出場機会でしたから伊東ロッテが続いていたらかなりヤバかったのではないかと、実際にどう転ぶかは分かりませんがフラットな競争を標榜している井口監督にアピールをして生き残りを賭けるしかありません。
がむしゃらなところが好きな選手だけに頑張って欲しい、レギュラーは厳しくとも一軍へのチャンスはまだあるはずです。

年齢の近い選手が多い捕手陣、かつ上から数えた方が早い江村ですのでしんどさはありますが、一芸を磨くのが近道でしょう。
高校のときには強肩強打と評されていたもののフリーパス、貧打と苦しんだ中で昨季には肩、バッティングともに上向いただけに、それを今季に繋げられなかったのが残念至極です。
開幕一軍をゲット、早々にスタメンマスクを任されるも翌日に登録抹消という意味不明な起用も江村の立ち位置からすれば文句を言えるところでもありませんし、ガッツがあり泥臭さを感じさせるプレーもここぞでつまらないミスが出てしまうのがネック、またいつまでもいじられキャラではダメです。
肩を武器にするには田村、柿沼、宗接との差を出すのは難しいですし、率を残すのも無理とすれば粘っこさ、見た目より淡泊なパッティングを改善するのがよいと思います。
すりこぎバットにして体でボールにぶつかりにいくような、しぶとさを代名詞にする江村を是非とも見せてください。

2011年通信簿 2016年通信簿
2012年通信簿
2013年通信簿
2014年通信簿
2015年通信簿


【オリオン村査定】 980万円 → 880万円 (▼10%)



一日一クリック応援をお願いします

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 2017年通信簿 52 益田直也 | トップ | 井口語録 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
打てれば (ごっつ)
2018-01-04 03:55:01
江村は大阪桐蔭の5番打者でしたかね。
そのわりにパンチがないかなー。
巨人の小林も打ちませんけど、鉄砲肩はあります。
何か売りがあればいいんですが。
井口監督の考えは捕手2人制か3人制か。
3人制ならベンチ入りはありそう。いや、ないか?
代打としてそこそこ通用する捕手が出てくれば、
そちらの方を入れておくかもしれませんね。
あるいは万が一の緊急捕手を肘井として、捕手登録は2人制を通す策があるかも。
いずれにせよ厳しいシーズンを迎えそうです。
イメージ。 (NO21かずくん)
2018-01-04 11:35:13
以前ファン集いで乾杯ガールの物真似をやった。江村…そのイメージがあります。
江村 (鴎オヤジ ファン歴45年)
2018-01-04 12:06:44
既に25歳、この年齢になってくると一軍で実績作らないと厳しくなってきます。ライバルは吉田金澤柿沼宗接、彼らに勝つには打撃向上しかないでしょう。打撃が上達しなければ高卒捕手指名して戦力外候補になってきますよ。頑張れ!江村!
好い人 (頑張れ福浦)
2018-01-04 21:20:05
デビューした時から、印象は一生懸命やっている、好い人だな、今も変わってません。
好きな選手ですけど、これから凄く変わってくる気配は感じません。
田村は、石川が言ってましたけど年下のくせにため口だと、その辺の図太さがエースキャッチャーになれたひとつの要因かも。
江村には、そこは求めません、そこを変えると嫌いになりそうなんで・
打てないなら粘るのも、いやらしいバッターを目指すのもいいかも。
巻き返し (オブ)
2018-01-04 22:12:55
伊東政権での1年目はファーストチョイスでしたね。その年は決め手を欠き、その後毎年のように入ってくる捕手の競争の中で埋没した印象です。プレーからも誠実さが滲みますが、攻守とも余裕のなさも感じます。
ただ政権が変わったことでどうか?見方や評価基準が若干変わると思いますし、捲土重来のチャンスですよね。攻守ともに粘り強さが欲しいですね。
お返事 (オリオン)
2018-01-05 00:17:23
>ごっつさん
捕手2人体制ですと、江村はかなり厳しそうですね。
守りが鉄壁なら試合終盤の出番が考えられますが、攻守ともにこれといったアピールポイントが無いのが現実・・・
仰せのように肘井が一軍に定着すれば、なおさら捕手2人体制となって厳冬が待っていそうな。

>NO21かずくんさん
それ、知らない・・・
野手の中ではまだ若い方から数えた方が早いのか、そろそろどっしり感が欲しい。

>鴎オヤジ ファン歴45年さん
ただ捕手はダメダメでなければ、レギュラーを獲れずとも息が長いのも特徴ではあります。
金澤なんかもそうですし、江村にとってのネックは年齢の近い捕手が多いことかしら。
5人も必要ないですからね、数年後に田村が抜けるとしても。
吉田を除けば皆が捕手タイプで、野手転向の可能性が低いのも痛いです。

>頑張れ福浦さん
20代半ばとなるとガラッと変わる、ってのは難しいでしょうね。
田村はそんなですか(笑)、グラウンドでは先輩も後輩も関係ない、とは中尾が先鞭だったか、でもそれぐらいでないとレギュラーは獲れないのが厳しい競争社会の有り様なのか。
俺が、と江村にはもっと前に出てもらいたい、反面、今のままでいてもらいたい、と思ったりもして、意外に生き残ってコーチに就任とかがあったりして。
まだ先の話ですね。

>オブさん
余裕の無さ、まさに言い得て妙です。
それがあのバタバタ感に繋がっているのか、系列としては吉田に繋がっているのかも。
政権が代わる来季はチャンスではありますがチーム内を熟知している井口監がどこまで先入観を捨てられるか、ですかね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。