オリオン村

千葉ロッテと日本史好きの千葉県民のブログです
since 2007.4.16

2017年通信簿 62 脇本直人

2018-01-17 00:24:15 | 千葉ロッテ

 

62 脇本直人 外野手 21歳 年俸480万円

【2017年成績】 E 100試合 165打数 18得点 24安打 打率.145 3二塁打 2三塁打 1本塁打 14打点 3盗塁 19四死球 52三振

高卒3年目での戦力外通告はあまりに酷、と思わないでもないですが、しかしこの成績では仕方なし、ではあります。
ドラフト会議の前には上位指名の評価もありながらの7巡目はそれなりの理由があったから、となってしまったのが寂しく、同じ7巡目の左打者、福浦や角中にはなれませんでした。
まだ野球を辞めるのか、社会人や独立リーグでNPB復帰を目指すのか、その動向は聞かれませんが、まだ20代そこそこですので悔いのない選択をしてくれればと思います。

船橋球場だったか、初めてナマで見た脇本の印象は「太っている、でも大きさを感じられない」でした。
機動破壊をスローガンとした健大高崎で走りまくった脇本はプロに入ってからはイメチェンでもしたのかと思うほどに走塁でアピールができず、しかし打撃でもパワー、確実性とも中途半端、どういったタイプを思い描いてプレーをしているのかがさっぱり分からなかったのが正直なところです。
ただそこはチームとして指導者が本人に意向を聞きつつ道を示してあげなければならなかったはず、その出場試合に比して打席数が少ないことからも分かるとおり途中出場が多く、またスタメンで起用をされても2打席での交代など我慢をして育てる意志がベンチには無かったようにも思えます。
そこが下位指名の悲哀なのか、足という武器を活かせなかった本人、チームとしての帰結ではあるのですが、かなりの期待をしていただけに残念でなりません。

2015年通信簿
2016年通信簿


【オリオン村査定】 480万円 → 480万円(±0%) ※10/3に戦力外通告



一日一クリック応援をお願いします

ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   この記事についてブログを書く
« シェッパーズも80万ドル | トップ | 2017年通信簿 63 種市篤暉 »

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
走れるのに (ごっつ)
2018-01-17 01:18:49
走塁はできるはずなのに、もったいなかったですね。
もっとも、伊志嶺や岡田も一緒ですけどね。
少しでも打てば使ってもらえるのに、半端なく打てないという韋駄天・・
三家と一緒でプロ入団時の評価が低いというのは、
平沢あたりと何が決定的に違うのか、
素人の自分には説明できないのですが。
木製バットで遠くに飛ばせる手首の強さとか?
教えて何とかなるかも、という賭けの部分があって、
教えてみたけど見込みなしと判断されたのでしょうね。
それが何かはわからないですけど。
Unknown (さのまる)
2018-01-17 07:47:05
複雑な家庭環境で育った脇本。
次のステップを期待しましょう。
さらばワッキー (ひふみんAi)
2018-01-17 09:30:02
脇本選手、一年目のシーズンの二軍戦を見た際、「あ〜、この守備はヒドい。プロレベルではない。」とシロウトでも思いましたので。鍛錬が必要であると思っていましたが…。

某プロ野球一軍コーチ歴のあるコーチの方にお会いする機会があって、その際には「プロは上手いヤツが集まって来るもので。秋季キャンプとか練習してるのにビックリした。」という、ファンとしてはある意味耳を疑う見解を拝聴した経験がかつてありました…。

井口新監督の最近の取材の中で、ご自身が二軍に落ちた際に「これではダメだ。」と感じたという事を吐露されていますが…。ファンとしてはある意味信じていた部分、「二軍で鍛錬する」事があまり機能していなかったような印象を受けました。脇本選手のような高卒選手は、やはりプロに招いたならば、プロのクオリティまでひき上げてやらなければいけないのは指導陣の責務ではないかと思うのですが、現実はそうではないようです。

井口監督がそこらあたりも意識改革してくれるようですが。これから始めるとして、これまでの五年は何だったのでしょう…。
Unknown (Unknown)
2018-01-17 10:15:14
浦和で見た限りは、守備はセンスの欠片すら感じないレベルで走塁は解らないけど成功率低いのも目立つし、打率も酷い…他所が指名しない理由あったと思います。浦和で少なからずチャンスは、貰ってますから
健大高崎の出身 (頑張れ福浦)
2018-01-17 14:23:48
健大高崎の出身なんですね、走りのエキスパートか走らないならダメでしょう。自分の売りはなんなのか、アピールするポイントが自分もわからないまま終わったんじゃないですか?
ロッテには多いですね、その手の選手が。
岡田は、解説が言うほどランナーとして怖く無いように思います、走らないから。
そのてん、荻野は走るから怖いですね、大きな違いです。
プロ野球選手としての意識 (チャランボ)
2018-01-17 15:32:38
今「BEST T!MES」と言うポータルサイトで井口監督が毎日連載していますが、
その中で「プロ野球としての意識が未熟の選手が多い」という発言がありました。
それは浦和に行った時に感じたと言っていますので、昨年切られた選手は
少なからずそう目に映ったのかもしれません。
そう考えると今岡2軍監督の意識改革は重要になりますね。
お返事 (オリオン)
2018-01-18 01:20:27
>ごっつさん
もっと足を使うことを前面に出すチームであれば、また違った脇本が見られたのかも。
そういう意味では井口監督でもう一年と思わないでもないですが、二軍で脇本のプレーは見ていたはずの井口監督が残したい、と思える状態ではなかったのかしら。

>さのまるさん
家庭環境は承知していませんが、3年で消えるには惜しい選手ではありました。
どういう進路を選択するのか、そもそもその情報は伝わってくるのか・・・

>ひふみんAiさん
ロッテに限らず二軍にハングリー精神が育たない環境なのでしょうね、昔ほどではなくとも飽食の時代ですし。
ソフトバンクの三軍でコンビニ弁当がどうの、が話題になりましたが、栄養の観点で言えばそのとおり、でも身分差ってのは必要だと思います。
一二軍の分けをせずにホテルも同じ、ってのはどうなんでしょう、井口監督。
それよりも一軍は一人部屋、二軍は二人部屋とかにして、もう二軍に居たくない、と思わせないと何も変わらないような気もします。

>Unknownさん
結果的には指名巡目相応、といったところですか。
なかなか掘り出し物はないですね、見つかりづらいからこその掘り出し物ではあるのですが。

>頑張れ福浦さん
チームとしての方針がそうでしたからね、球団と言うべきなのか。
足のある選手を揃えながらもその武器を前面に出さない、伊東前監督がそうでしたし、西村元監督もそうでした。
さて、井口監督はどうなのか、脇本はもう一年と悔しがっているかも。

>チャランボさん
一義的には本人の自覚なのですが、一般社会を経験していない高卒選手にそれを求めるのは酷かなぁ。
そこはベンチがきっちりと仕切っていかないと、そういう意味では井口監督の「今岡二軍監督は手抜きをせずに厳しく育ててくれる」との視点に期待でしょうか。
ある意味で一軍より楽しみかも。
機動破壊 (Unknown)
2018-01-18 20:32:27
脇本選手はドラフト時にニュースで、事情により祖父母に育てられたそうで、お祖母様が指名を待っていた様子が思い起こされます。その後も浦和に観戦に来られ、当時の池田寮長に挨拶されていたのも報道されておりました。
岡田選手と過去の鴨川キャンプで一緒に外野ノックを受けてましたが、あまりの動きのレベル差に驚いた事を覚えています。言い方は悪いですが、プロアマが一緒にやっているような感じでした。
まだ若いので、何をするにせよ頑張って欲しいです。
お返事 (オリオン)
2018-01-19 01:11:50
岡田と守備を比べるのはさすがに酷ですが、動きにキレが感じられなかったのは自分も同じです。
大きく見えなかったのもそうですし、雰囲気が・・・
この時期で進路が明らかになっていないことからして、野球は続けないのかなぁ、それも選択ではあります。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。